fhána「青空のラプソディ」レビュー

2017.01.25

ダンサブルで魅力的なポップ・サウンドが爽やかに弾けるfhánaの新境地!TVアニメ『小林さんちのメイドラゴン』のOP主題歌となる10thシングルは、カップリング曲が異なる2つのヴァージョンでリリース。

2017年1月より放送されているTVアニメ『小林さんちのメイドラゴン』。一人暮らしのOL・小林さんの元へ押しかけてきたドラゴンの女の子トール。メイド服を着た人間の美少女へと変身し、小林さんのお世話をするために奮闘する姿をコミカルに描くこの作品。クール教信者の人気コミックを原作としたTVアニメ版の制作は、『涼宮ハルヒの憂鬱』『けいおん!』『響け!ユーフォニアム』などでおなじみの京都アニメーション。監督は『フルメタル・パニック!The Second Raid』『氷菓』『甘城ブリリアントパーク』などを手がけた武本康弘が務めている。

この『小林さんちのメイドラゴン』のOP主題歌をfhánaが担当。「青空のラプソディ」は、2016年8月にリリースされたTVアニメ『テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス』EDテーマ「calling」に続くシングルとなる。京都アニメーションの作品をこよなく愛する彼らだけに、サウンドからその熱い想いが伝わってくるかのよう。今まで以上にダンサブルでポップなサウンドへと振り切った仕上がりとなっている。

「青空のラプソディ」

清々しさを放つポップなアレンジにて昂揚感へと誘なうfhánaならではのサウンド・テイストはそのままに、今回は楽曲に“ブギーなリズム”を導入。またワウを多用したギターやブッカー・Tばりに小粋な音色を奏でるハモンドオルガンなど、ファンキーなサウンドを奏でる音のエッセンスに“黒っぽさ”もちらり。そこを流麗なストリングスとともにフィリー・ソウル的なアレンジによる洗練されたディスコティックなサウンドへとまとめ上げているのが実にfhánaらしい。さしずめスタックス・ミーツ・シグマ・サウンドといったところだろうか。

ハイレゾではご機嫌なブギーを奏でるリズムやグルーヴがさらに引き立つ仕上がりで、華やかなサウンドをしっかりと支えるドラムやベース(「星屑のインターリュード」と同じく田辺トシノ)の存在感がありつつ主張しすぎない音加減や、飛び跳ねる勢いで曲を引っ張るスウィンギンな楽器の明快な強弱など、ミックスのバランスもいい塩梅。コンプレッションだけがメリハリを作り出すものでないことがよくわかる。またエンジンが始動するSE、電子音などを忍ばせた細やかなアレンジを照らし出す解像度の高さも感じられる。

小林さんちの慌ただしい日常を描くサウンドは賑やかなれど、例えばアクセントを加えるクラップや鐘の音など、音と音が呼応し合うように響いており、ただただ勢いにまかせているのでは決してなく、調和のとれたサウンドの一体感が伝わってくる。もちろん作品のコメディ要素だけを抽出したものにとどまらず、暖かさを感じさせるジャズギターやハモンドオルガンの間奏による、二人ののんびりとしたひとときを描写するような、洒落た演出も心憎い。

駆け足で走り抜けるサウンドに抑揚を明るく転がしながら、サビの“僕は君の翼に なれる勇気があるよ!”では一気に空高く舞い上がるように、towanaのヴォーカルに開放感があふれる。いつにも増して澄み切った歌声から伝わる表情の豊かさと眩しい笑顔も魅力的。元気いっぱいな“chu chu yeah!”や、何だかパンクっぽいスピードを感じさせる後半の“Hey! Hey!”など、掛け声やコーラスといった声の要素もふんだんに詰め込んであり、楽曲がさらに盛り上がる。

ミュージックビデオでは、“メイドするドラゴン”のオープニングテーマだけにメイドや執事をイメージした衣装に身を包んだメンバーが曲に合わせて軽快なダンスを披露。ちょっとユーモラスで、そして曲のイメージにマッチした、とても楽しい内容になっている。なお2018年5月には2000万回を超える再生数を記録している。

ジャケットにメンバーが写っている『青空のラプソディ【アーティスト盤】』にはカップリング曲として、yuxuki waga作曲による爽やかな疾走感をまとったギターロック「現在地」が収録。そして、飛行中のトールの姿がジャケットに描かれた『青空のラプソディ【アニメ盤】』には、kevin mitsunagaが手がけた「Forest Map」が収録されている。

LACM14565_anime

青空のラプソディ【アニメ盤】

「Forest Map」

打ち鳴ららされる太鼓の音色も印象的な、kevin mitsunagaによるフォークトロニカの手法を用いたナンバー。ヨンシーのソロ作品などにも通じる、幻想的な雰囲気を醸し出す音の響きが心地好い。

点描画を描くような、あるいは信号を発しているような、そんな打鍵が弾むピアノの音色にアコースティックギターやコントラバスの旋律が続く。低域の豊かさが弦楽器の深みのある音色をさらに濃く彩る。それらを追いかけるような太鼓の残響は空間に深く沈み込み、“衛星(そら)から”眺めた世界の広さを指し示す。先導するピッコロやグロッケンシュピールとともに生楽器が連なりながら颯爽と奏でられ、サビでは折り重なり合うように音色が押し寄せ、さながらファンタスティックな音のパレード。うねるようなサウンドから漂う祝祭感は、ザ・フレーミング・リップスに似たものを感じる。

歌声は透明な質感で優しく包み込むように広がる。始まりは安らな表情を見せ、それに続く“「あなたはだれ?わたしはどこ?」”と呼びかけるパートでは抑揚に柔らかさを含ませ、サビではサウンドと一体となる声がしなやかに力強く、“幸せが降り注ぐように祈るよ”の言葉が至福をもたらすように響く。ヴォーカルからは、それぞれのセンテンスでのニュアンスの微妙な変化や表現の繊細さが伝わってくる。

「青空のラプソディ」「現在地」「Forest Map」では、“世界”や“地図”という言葉が使用されている。それは2種類のシングルの世界観を統一するだけでなく、曲と曲の相互作用を促すキーワードといった役割も果たしている。「現在地」では“世界地図”が、「Forest Map」では“地図”がそれぞれ「書き換わる」という言葉と合わさっている。境界を乗り越える想像力が改めて試されるこの時代に、これらの言葉が意味するものは極めて重要だろう。また「Forest Map」では、ズレた記号の“アタナダレハワシタコドハ”が“アナタハダレワタシハドコ”とデコードされ、メッセージとしてきちんと受信していることを表現しているのも見逃せない。そういったことを踏まえて「青空のラプソディ」の“ちぐはぐなコミュニケーション? でも別に構わない”のフレーズを聴き返すとなかなか痛快である。

fhánaの佐藤純一が作曲を手がけた、作中に登場するドラコンたちによるユニット、“ちょろゴンず”=【トール(CV:桑原由気)、カンナ(CV:長縄まりあ)、エルマ(CV:高田憂希)、ルコア(CV:高橋未奈美)】が担当するED主題歌「イシュカン・コミュニケーション」も2月8日にリリースされる。

なお2016年12月21日にリリースされた上田麗奈のデビュー・ミニ・アルバム『RefRain』には、佐藤純一が「マニエールに夢を」と「あなたの好きなメロディ」を提供しており、その素晴らしい楽曲センスはfhánaファンならずともぜひチェックしてほしいところ。

1月28日には「リスアニ!LIVE 2017」の〈SATURDAY STAGE〉に出演。また4月14日からは北海道を皮切りにワンマンライヴツアー〈fhána Looking for the World Atlas Tour 2017〉を行うfhána。2017年もまた彼らの快進撃が期待できそうだ。

TVアニメ「小林さんちのメイドラゴン」公式サイト

LACM14564_artistfhána
青空のラプソディ【アーティスト盤】

Lantis
2017.01.25

FLAC・WAV 96kHz/24bit、WAV 96kHz/32bit

ハイレゾの購入はこちら

e-onkyo music
groovers
mora

 収録曲

 1.青空のラプソディ
   作詞:林 英樹 作曲:佐藤純一 編曲:fhána
   Guitar:yuxuki waga
   E.Bass:田辺トシノ
   Strings:真部 裕ストリングス
   Strings Arrange:川本 新
   Mixed by 佐藤純一

 2.現在地
   作詞:林 英樹 作曲:yuxuki waga 編曲:fhána
   Guitar:yuxuki waga
   E.Bass:佐孝仁司
   Drums:只熊良介
   Mixed by 岸本泰明

 3.青空のラプソディ -instrumental-

 4.現在地 -instrumental-

 

LACM14565_animefhána
青空のラプソディ【アニメ盤】

Lantis
2017.01.25

FLAC・WAV 96kHz/24bit、WAV 96kHz/32bit

ハイレゾの購入はこちら

e-onkyo music
groovers
mora

 収録曲

 1.青空のラプソディ
   作詞:林 英樹 作曲:佐藤純一 編曲:fhána

 2.Forest Map
   作詞:林 英樹 作曲:kevin mitsunaga 編曲:fhána
   Guitar:yuxuki waga
   A.Guitar:佐藤純一
   W.Bass:渡辺 等
   Percussion:よしうらけんじ
   Mixed by 岸本泰明

 3.青空のラプソディ -instrumental-

 4.Forest Map -instrumental-

 

Recording Engineer:岸本泰明、杉山勇司[CW1]、森田信之[CW2]
Recording Studio:音響ハウス、Sound City、STUDIO SUNSHINE、Studio Magic Garden
Mastered by 益子 樹(float)

ハイレゾ音源のマスタリング
Mastering Engineer:原田光晴
Mastering Studio:Magic Garden Mastering

この記事を書いた人