21歳の誕生日は、たくさんのファンと満開の笑顔とともに。“大橋彩香 バースデーイベント 〜はっしーバースデー2015〜”レポート!

int-1510192300-c001

9月13日、“大橋彩香 バースデーイベント 〜はっしーバースデー2015〜”がEX THEATER ROPPONGIにて開催。今年で3回目となった彼女のバースデーイベントは、所々に笑いも交えながらも、新曲も含めた様々な楽曲でその歌声も披露。盛りだくさんのイベントとなった。

カーテン地の幕が左右に開くと、そこにはドレッシーな大橋の姿が。まずはオープニングナンバーとして、デビュー曲「YES!!」の披露からスタートだ。イントロが流れるやいなや、フロアはこの曲を象徴する色・ピンクに染まる。Bメロの「YES!!」含め、コールの統一感がハンパない。それに応えるかのように歌う大橋は、合わせて間奏では気持ちよさそうな笑顔を届ける。そして曲が終わると同時に、今度は「いえーい!」と喜びの雄叫びを上げていた。

ここで、この日のMCを務めるサンキュータツオがステージに登場し、実に1,700人収容の本会場のチケットがSOLD OUTしたことを改めて発表し、観客を湧かせる。それもそのはず、この日は大橋の誕生日当日。特別すぎるこの日を、ファンなら誰もが彼女とともに過ごしたいはずだ。そして、これまた翌々日にバースデーを迎える、前年までMCを務めていた大橋の担当マネージャーが登壇し、お祝いコメントを。「いちばん早くメッセージが来た(大橋)」という彼から、改めてエールが送られた。

int-1510192300-c002

この1年を振り返った先には、意外なアトラクションが待っていた……?

まず前半はトークパート。最初はこの1年を振り返るコーナーからスタート。だがリリースをはじめ、出演イベントなどを年表形式にしていった結果、1枚に入りきらないという事態が発生。「たしかに、土日はずっとイベントだった」と振り返る彼女の、この1年の充実っぷりが伺える。

その中からまずピックアップされたのが、昨年の“はっしーバースデー”。イベント後、二十歳を迎えた彼女の、スタッフとの会食でお酒とケーキを前にした写真をバックに思い出話に花が咲く。そのほか、学園祭イベントを振り返った際には、大学に通っていない彼女にとって「“大学の学園祭”は夢だった」との想いが語られたり、AFAでシンガポールを振り返ったときには、同じ事務所の田所あずさと仲睦まじいショットを公開。「つきあってるの?」とのタツオの煽りにも似た問いを「あ、そういう営業は行ってないんで(笑)」と一蹴しつつ、笑いを起こしていた。そのほか「ENERGY☆SMILE」の制作決定を去年の誕生日当日・ランティス祭り出演直後に告げられ涙したことや、そのアドトレーラーとの2ショット、“Anisong Ichiban!!”金沢公演の出番直前の姿や今年大活躍だったアニサマでの衣装を着たカットなど、様々な写真とともに次々とこの1年を振り返っていった。

ちなみに、イベントが話題になるたびに「行ったよー!」と毎回手を挙げるファンを目にし、「ほかの人とも過ごさなくて大丈夫ですか?」と心配するひと幕もあり、そこでまたひと笑いが。

こうして1年間を振り返った彼女は、次なる1年への抱負として「車に乗りたい」と運転免許の取得を宣言。「でもたぶん親は許してくれない」とオチをつけたところで、次のコーナーへ。

int-1510192300-c003

続いては“へごマネクイズ”。「頭へ ゴチン」を「頭 へごちん」と読み間違えたことから“へごちん”、果ては“へご”と呼ばれるようになった彼女。「実は今、女性声優の間で空前の“へごマネ”ブームが起きている」とタツオからの説明ののち、「第一印象」と「大橋の好きなところ」を大橋のモノマネで出題。誰が真似ているかを当てることに。「誕生日にやることなんですかね?」と大橋から疑問の声も上がりつつ、まずはウォーミングアップとして例題へ。第一声で声の主を把握し、正解した大橋。先ほど写真で登場した田所あずさが、例題の存在を聞いた際に「私がやる!」と志願したとのこと。クイズのあとは誕生日らしく出題者からのお祝いメッセージも届いており「今度おうちに行きたいです、いつヒマなんですか?」と公共の場で誘う田所の声に、またも仲の良さを伺うことができた。

6人中4人以上正解で“さらなるご褒美”があると聞かされ気合いの入る大橋だったが、1人目の「つん♡へご」での相方でもある新田恵海をいきなり外す不安な出だしに。しかしその後、福原綾香や“へごちん”誕生の場に居合わせた五十嵐裕美と順調に正解を重ね挽回。さらに西 明日香・黒沢ともよも連続正解し、ひとまず目標は達成する。そのなかで「芝居の話をすごくする」黒沢を「一週間ぐらい泊めたこともある」との驚きのエピソードも披露。そして最後に登場した、メタルフェスにも一緒にいく仲という上坂すみれも見事に正解し、6問中5問正解という結果に。「こんなにお祝いしていただいて、私は幸せ者だなって」と述懐するとともに、唯一外した新田へ「つんさんごめんなさい」とのコメントも忘れなかった。

そして5問正解のご褒美へ。芝居のときのようなテンションで眼を輝かせて「イタリア旅行ですか?」と尋ねる彼女に用意されたのは“カメラに向かって自分のアピールができる権”。基本的なPRから始まり、最後には「いずれ“へごっぽい”キャラも、面白そうなのでやってみたい!役幅をもっと広げていきたいです!」と強い向上心ものぞかせていた。

int-1510192300-c004int-1510192300-c005

スイッチ切り替え“アーティスト・大橋彩香”、いざ登場!

さて、一旦の降壇を経て、後半戦はライブパート。まずは毎年恒例となった「今よ!ファンタジスタドール」からスタート。イントロの瞬間に沸き返った会場を前に、「ヘイヘイしてくださいね!」とさらに燃料を投下する大橋。その煽りを受けたEX THEATERは、もう大揺れだ。まずは自らの初主演作の主題歌で、元気で伸びのある歌声を披露してくれた。

曲明け、この日の衣装がアニサマの際のものをちょっとアレンジしたものであることを語り、次は初披露となる「月ニ輝ク夜ノ秘話」。『拡散性ミリオンアーサー』で彼女が演じる輝夜のキャラソンであるメタルテイストのこの曲で、また「一緒にー!」と客を煽る。気づきにくいかもしれないが、高音でビブラートをしっかりかけられるという点、彼女の地力のすごさを感じるポイントだ。サウンドのテイストとギャップのある、キャラを反映したかわいらしい歌声に、キャラの入りきったラストのセリフ。その姿、完全に輝夜が憑依していた。

今度は「好きな動物ってなーんだ?」との導入から、そのネコにまつわる曲「にゃんダフルらぶ」へ。歌詞通りダンサーを“招き入れちゃって”届けたキュートなナンバーでは、先ほどまでとはまた別のキラキラアイドルした表情を見せ、ネコっぽい振付で観客たちと楽しさを共有していた。

そして「アニサマで歌ったあの曲を」という言葉から、2ndシングル「ENERGY☆SMILE」で本編ラストを迎える大橋。フロアはその瞬間オレンジに染まり、その光景にお返しするかのように、タイトルよろしくスマイルを振りまきながら歌って踊る彼女の姿がステージ上にはあった。ここまで長めのMCなしに立て続けに4曲歌ってきたのにもかかわらず、息切れも音ブレもまったく目立たない。改めて今の彼女が持つ力のすごさを感じるとともに、「1年後には、彼女はいったいどこまで突き進んでいるんだろう?」と、その先が楽しみにさえなるステージングを見せ、彼女はステージを降りる。

int-1510192300-c006

しかしファンの熱はまだまだ冷めない。それぞれのシングルをイメージする色であり、大橋自身の好きな色でもあるピンクとオレンジ2色のペンライトが、そして観客からの大声援が、彼女の再登場を待ちわびる。

それに応えて登場した大橋は、自身初のオリジナル曲「NO SURRENDER」をぶちかます。ロックテイスト強めのこの曲を、キリッとした表情で楽曲に没入して歌う彼女。そのなかにほのかに見られる笑顔に、世界観を表現しながらの“楽しそう”のステージングってこういうことなのか――と改めて感心させられた。

曲が終わるも、なぜか点灯しない照明。「つかないですねぇ」とステージ上で戸惑う彼女のもとに、サプライズでバースデーケーキが登場!会場全体からの「HAPPY BIRTHDAY」を受け、「来年も再来年もやりたい!」とうれしそうに意欲を見せてくれた。さらに10月から放送が始まった『コメット・ルシファー』にてキャラクターデザインを担当する高橋裕一氏から、大橋演じるフェリアのイラスト入り色紙もプレゼントされ、再び満面の笑みをみせる。

この流れで、その『コメット・ルシファー』EDテーマ「おしえてブルースカイ」を、宇宙最速初披露することとなった大橋。曲前に「すごくドキドキします」と語ったのもうなずける、これまでの表題曲とは違うテクノ感のあるミドルポップに、驚いたファンも多かったのではないだろうか。しかしサビ終盤の歌声には突き抜けるような開放感すら存在し、またも彼女のボーカルワークの向上を感じさせるシングルになりそうだ。そして、本当にラスト曲。「歳を重ねるごとに色が出る曲だね、と言われた曲です」との言葉から続けて、「明日の風よ」を届ける。リリース当時の等身大の彼女を描いたはずのこの曲だが、この日感じられた歌声は、その言葉通りに今の“大橋彩香”の色を強く強く表すもので、少々ジンと来るものでさえあった。

int-1510192300-c008int-1510192300-c007

曲が終わり、再度100%のスマイルで「大人になった大橋を感じていただけましたかー!?」と呼びかける彼女から、最後にメッセージが。

「今年は初年度から10倍もの方々が来てくださって……大事なのは数じゃないけど、たくさんの方が応援してくれるのは幸せです。すごく盛りだくさんでいろいろなことのあった1年だったけど、ステージに立って笑顔を見れたり、いただいた手紙で楽しく頑張れました。これもスタッフ・ファンの皆さんの支えのお陰です。これから21歳の大橋も、いろんな大橋を見ていただくと思うんですが、どんな大橋も受け止めて応援していただけるとうれしいです。これからも皆さんにお芝居や歌、ダンスでたくさんお返しします!最高の誕生日ありがとう!」

そして最後にはステージの隅々まで足を運び、会場全体に「ありがとう」を伝えて、この日のイベントは無事幕を下ろした。

……と思ったら、最後にスクリーンにて12月9日に4thシングルの発売を発表!早速ファンへ“お返し”。見事、有言実行から21歳をスタートさせた。

int-1510192300-c009

トークパートでも最後の自身のMCでも触れられたように、20歳の大橋彩香の活動は、実に盛りだくさんだった。本業である声優としての活動も合わせれば、いかに濃厚な1年だったかは容易にご理解いただけるだろう。そのなかで培われたもののひとつが、この日披露された安定感さえ漂わせた歌声である。それは、アーティスト・デビューからまだ1年とは思えない、プリズムのような多彩さを持ち合わせた歌声だった。

そしてそうして出来上がった土台を基に、11月から2ヵ月連続でシングルをリリースする大橋彩香。アーティストとして、そしてもちろん声優として、21歳の彼女は1年後にはよりびっしり書き込まれた年表を、私たちに見せてくれるに違いない。

Text by 須永兼次

“大橋彩香 バースデーイベント 〜はっしーバースデー2015〜”
2015年9月13日@EX THEATER ROPPONGI
【SET LIST】
M1.YES!!
<トークパート>
・20歳振り返りトーク
・へごマネクイズ
<ライブパート>
M2.今よ!ファンタジスタドール
M3.月ニ輝ク夜ノ秘話
M4.にゃんダフルらぶ
M5.ENERGY☆SMILE
<ENCORE>
EN1.NO SURENDER
EN2.おしえてブルースカイ(新曲)
EN3.明日の風よ


●リリース情報
TVアニメ『コメット・ルシファー』EDテーマ
おしえてブルースカイ
11月11日発売
【彩香盤】
品番:LACM-14417
価格:¥2,000+税
【コメット・ルシファー盤】
品番:LACM-14418
価格:¥1,200+税

TVアニメ『コメット・ルシファー』イメージソング
ヒトツ二ナリタイ
12月9日発売
【彩香盤】
品番:LACM-14428
価格:¥2,000+税
【コメット・ルシファー盤】
品番:LACM-14429
価格:¥1,200+税

関連リンク

この記事を書いた人