【AnimeJapan 2015レポート】七つの大罪と聖騎士たちによる公開会議?“『七つの大罪』トークイベント”レポート

int-150407-003-c001

3月21日、AnimeJapan 2015内BLUEステージにて、『七つの大罪』トークイベントが開催。終盤に差し掛かったアニメへのコメントもありつつ、次回イベントの内容について公開会議を行うという、なかなか斬新な構成のステージだった。

まずはメイン・キャストがひとりずつ登壇。この日出演したのは、梶 裕貴、雨宮 天、福山 潤、鈴木達央、久野美咲、髙木裕平、宮野真守の7人。久野の登壇と同時になぜか梶がお辞儀をするなど、始終アットホームな雰囲気が漂う。最後に登場した宮野からは客席へ投げキッスのサービスもあり、会場は途端に黄色い声に包まれた。

豪華登壇者の中、なんと髙木はこの日が2回目のイベント。両手持ちになっているマイクひとつを取っても緊張が伺えるが、ステージの反対側を見やると久野もなかなかの緊張っぷり。そこでホークの生セリフで緊張を取ったのだが、そこですかさず福山が梶にモノマネをさせて、「ほぼ一致!」と笑いを取っていくひと幕も。

さて、ここからは今回のイベントの本題、7月に2days・4公演にて開催される“大罪FES”の話。すでに各公演ともにそれぞれのコンセプトは発表されているが、実は「まだふわっとしている(司会談)」状態。そこで今回のイベントでは、「皆さんの意見を取り入れていきたい」ということで企画会議をすることに。

今回は出演者へ事前にアンケートを取っており、その中から印象深いものについて議論していく。やはりホークの印象が強いのか、“豚肉”というワードをカギにアイデアを出してきた出演者が多数。まず「チーム対抗で豚肉料理対決」という梶の案に対して、ここでも福山が、会場となる舞浜アンフィシアターのステージの特性を生かして、「ステージからセリで上がってきて、『七つの大罪・シェフ』みたいな」とぶっ込む。同じく“豚”をキーワードに「チームに分かれて、ゲームをしたいです。……豚料理作ったり……食べたり。」との意見を出したのは雨宮。しかしこちらは「食べるほうがメイン」とはにかむ。

int-150407-003-c002

ここからは意見がまた一変し、梶演じるメリオダスの<全反撃(フルカウンター)>にちなんで「振るカウンター(福山)」「大喜利!フルカウンター(髙木)」との案が連続して登場。前者は福山らしくダジャレでつけられたタイトルではあるが、その想いは真剣。「メリオダスの生誕祭もあるから、剣のレプリカを作ってもらってこっちが投げかけたことに梶くんが『フルカウンター!』って言って、ひと言セリフ」と説明し、その場で即シミュレーションを展開するなどアツいプレゼンを展開し、ステージ上のキャストをもうならせていた。一方後者は「基本梶さんに頑張ってもらう」コーナーで、さすがにこれには梶も「あんだけ恩売ったのに!」とツッコんでいた。

そんななか、異色だったのが久野の「海へ行きたいです」。会場となる舞浜アンフィシアターはまさに海の近く!ということでの念願だったが、「今日も(お台場だから、海に)行きたいって言ってたじゃない!」とこちらでも宮野のツッコミが冴え渡る。

ほかにも、“不死身のバン”にちなんだ「イリュージョンをしてみたい(鈴木)」や、豚の帽子亭にちなんで「お酒を飲みながらトーク(悠木)」、と作品に寄せたコーナー案も挟みつつ、最後に飛び出したのは、宮野が演じたキャラクター、ギルサンダーにちなんだ「ビリビリマシーン or 好きな家電」トーク。ただ、前者についてはイベントとしては面白くなること間違いなし。いったいどの案が採用されるのか?その結果は、Blu-ray第1~4巻の完全生産限定版に封入されたイベントチケット優先販売申込券でチケットを手にし、ぜひお確かめいただきたい。

int-150407-003-c003

その後、イベントの翌日・3月22日に放送される第23話の場面カットを先行公開。ストーリー終盤の盛り上がりを感じさせたところで、最後にキャストからひと言ずつコメント。

宮野 やっと呪縛から開放されて、やっと僕自身もギルサンダーの役についていろいろ語れるようになりました。物語も佳境に向かってどんどん盛り上がっているので、僕自身ももっとギルサンダーと『七つの大罪』への愛を深めつつ皆さんと一緒に楽しんでいきたいです。

髙木 今日は本当にあっという間の時間で、もっと皆さんと交流したかったので、7月にぜひお会いしましょう!そのときにはもっともっと濃密な時間を一緒に過ごしたいです!

福山 渾身のプレゼンができて感無量でございます。オンエアも残りわずかですので、クライマックスを皆さんで迎えて、7月に皆さんと大いに盛り上がれたらと思います。

鈴木 イベントなど様々な展開はあるんですが、何はともあれ原作と、アニメ最終話に向けてスタッフ一丸頑張っております。最後まで皆さんの心をスナッチしていきたいです。

悠木 放送もイベントも、“七つの大罪”と聖騎士たちを信じて楽しみにしていてください。イベント、ぜひお越しくださいね!

久野 本日は、こんなに大勢の方とご一緒できて良かったです。アニメの方も、最終回まで絶対見逃さないで観ていただきたいです。ラジオもイベントも頑張りますので、よろしくお願いします。

雨宮 エリザベスは23・24話で、1話のときからは考えられないぐらいの成長を見せるので、ぜひ最後までしっかりと観ていただきたいです。

 アニメもラストにかけて、本当に衝撃的なことが起こります。もう1度激しい戦いはありますが、最後は幸せな感じで終われると思うので、ぜひ欠かさずオンエアをお楽しみください!

アニメの放送は無事最終回を迎えたが、クライマックスまで盛り上がりが止まらなかった『七つの大罪』。改めてアニメ・原作をご覧いただき、ぜひ7月のイベントにも足をお運びいただきたい。

Text by 須永兼次

関連リンク

 

 

 

 

この記事を書いた人