【特別企画】ピクチャードラマ「VOISCAPE」についてエグゼクティブプロデューサー・水島精二に話を聞く――! 第1回:「VOISCAPE」誕生秘話

女子高生が日常の中で面白おかしく魅せていく会話劇……の皮を被ったエキセントリックなコント劇が繰り広げられるピクチャーボイスドラマ「VOISCAPE」。3人の女子による終始ぶっ飛んだ会話の応酬は、現在YouTube上で6話まで公開されている。その作品をストーリーから音楽までプロデュースするのが、アニメ監督・水島精二だ。あまりに新感覚な音声コントはどのようにして生まれたのか?そしてその先で我々を待っているものとは――?

水島監督が各話のストーリーや楽曲の解説を行う短期インタビュー連載、第1回は「VOISCAPE」誕生秘話を監督にじっくり聞いてみた。

■特設ページはこちら

水島精二が提唱するボイスドラマは――声優によるコント!?

――現在YouTube上で展開されすでに多くの人が聴かれているピクチャーボイスドラマ「VOISCAPE」。非常にキュートでゆるく……というか、かなりぶっ飛んだお話が展開されていますが……。

水島精二 「なにやってんだ」っていう(笑)。ぶっちゃけみんなそう思ってるよね。

――そのぶっ飛び具合についてもお話をお伺いしたいのですが、まずは監督が本作に関わられることになった経緯を教えてください。

水島 これ、面白いから経緯からぶっちゃけて話しますね。元々弊社(株式会社一二三)とNBCユニバーサル(・エンターテイメントジャパン)さんで、小さい実験的なコンテンツをやろう、と言う話があったんです。で、ちょうど僕は一二三に入ってそんなに間もない頃で、特別顧問って称号を与えられていて、これって「すべての企画のクリエイティブな部分は水島さんに相談していい」っていうルールになっていて(笑)。

――なるほど(笑)。

水島 それで一二三のスタッフがNBCさんと新しい企画を考えていて、その方向性で悩んでいるって言うから、じゃあ手伝ってあげるよって。そのときは、女の子の日常ものだけど最後にグッとドラマチックな展開が……という話をしていたので「こういう感じの構成だったらできるんじゃない?」ってひな型を作ったんです。その後「アリスインデッドリースクール」を書いてる麻草 郁という劇作家の先生と仲が良かったので、彼を入れてやろうっていう流れになってシナリオに入ったときに、コロナ禍になってしまい企画が1回ストップしちゃったんです。こんな時期に実験的なことやってる場合じゃねぇだろうと(笑)。

――となると、コロナ以前から企画自体は動いていたんですね。

水島 そう。それでコロナ禍でどこも厳しくなり、NBCさんからも少し見直したい」っていう話になったんですけど、結果昨年それが復活して「ちゃんとした企画にしたい」と言われて。そのなかで「ほかの作品とどこで差別化してビックリさせるか」ということになり――要は、最近声優さんがコントめいたことをやることが多かったりするから、徹底的に音響ドラマとしてそれをやるのはどうかっていう。

――コロナ禍を経て、現在のコント的な構成になっていったと。

水島 で、元々音響演出は自分でやりたかったから、そういう小さい作品とかであれば全部やるよって。そしてどういう話にしようかってなったときに、キャラクターの名前やキャスティングもそのままだけれど、最初の構想とまったく違う話を急に収録することにしたの(笑)。なので、鈴代紗弓さん(中沢 栞役)と大野柚布子さん(太田 希役)は、当初予定していた構想が書かれた資料を見ているんですよ。

――今回の方向性になる前のVOISCAPEを知っている鈴代さんと大野さんとしては驚かれたのでは?

水島 台本を見たときに「すごく困惑した」って言ってました(笑)。

――中島由貴さん(飯森みちる役)がキャスティングされたのはそのあとからだったんですか?

水島 中島さんは今の方向に舵を切ってからの参加で、「こういうのやるんだ」っていうノリできていたので、戸惑っている2人を見て「えっ、何?どうしたの?」っていうやり取りが最初の収録のときはありましたね(笑)。それで、「きっと2人は戸惑っていると思うので説明します。オーディションをしてからずいぶん経ったと思いますが……」みたいな説明をして。

――そこで改めて仕切り直しという。

水島 以前お伝えしたあの企画が色々あって、こねこねこねされてこうなりましたと。で、脚本もコントを書けるライター、神谷(浩史)くんと小野(大輔)くんの「Dear Girl ~Stories~」のサブ作家でもある高垣雄海くんという、高垣彩陽の弟ですね。彼もなにか一緒にやりたいと言ってくれていたので、「あ、こりゃいいや!」と思い、彼にコントを書いてもらうことにしたんです。

――高垣さんの台本によって、コントに振り切った方向性になったわけですね。

水島 制限をかけず、とにかく振り切ったものがいいやと思って。お題としては、後半のほうに「これから先にやるかもしれない方向性の設定や、匂いだけ入れてほしい」って話しています。なので、5話が「よくわからない笑い寝の世界」になったのはそれが理由なんですよ。その後の6話では多元宇宙に飛んでいく話になる。そこで「水島はこれをやろうと思ったのかな?」ってなるのかなと。

――5話あたりから、本来想定していた方向性を見せ始めていくと。

水島 でもね、いつかそこに行き着きたいって思っているけど、行き着くかどうかはわからない。本はもうあるんですよ。13話分くらいのうちの10話くらいまではとっくの昔にあがってる。ただ、今の方向性からその本に直接繋げるにはちょっと無理がある(笑)。だから、今回CDに入っている新作ドラマは麻草さんに書いてもらって、そこにも本来のものに繋がるヒントを散りばめてもらって。でも、それを録る頃にNBCさんから、「今やってる方向でめちゃめちゃウケがいいんで、この方向で作ってください」って言われて。嬉しいけど……遠のいた(笑)。

――本来想定していたものからまた遠のいたと(笑)。

水島 だから、最後そこに行き着かずに、途中でバツンと切られる可能性がまだある企画ということで、超スリリングという。今までやったことがないタイプのお仕事です(笑)。

――まだパッケージ版も発売前ですが、ここから先どうなるのかもわからないと。

水島 でもとにかく面白くて、ファンが「なんだこりゃ」と思ってくれることをやっていかないと。元々僕が一二三に入ったときに、自社コンテンツを作りたいというのは社長からも言われていて、そのなかでこれは割と続けられそうな匂いがしてるから、とりあえずアクセル踏んで、バットをブンブンぶん回してみっか!みたいな感じになっていたの。

――「バットはこうやって振るんだ!」ってぶん回していたら、あらゆる方向から球が飛んでくるように(笑)。

水島 そう!本当にそうなのよ(笑)。「あれ?なんか全部僕のところにきてない?」みたいな。

次ページ:ボケてツッコんで、爆走していくキャスト陣の演技

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人