TVアニメ『呪術廻戦』深く知りたいオープニングテーマの世界─Who-ya Extended「VIVID VICE」 疾走感と“人間らしさ”を追求したコンセプトを聞く

2020年10月より放送をスタート、現在第2クールの物語が佳境を迎えているTVアニメ『呪術廻戦』(じゅじゅつかいせん)。この第2クールでOPテーマとなった楽曲が、弱冠20歳でデビューしたボーカリストのWho-yaを中心とするクリエイターズユニット・Who-ya Extended(フーヤ エクステンデッド)による「VIVID VICE」だ。

「静」から「動」へのダイナミックな緩急がアニメーションとしても魅力たっぷりのOP、これにぴったりとリンクするロックサウンドと歌声。この「VIVID VICE」制作にかけた細部に至るまでのこだわり、そして未だ謎多きWho-ya Extendedというアーティストの正体を知るべく、今回はWho-ya本人を取材。TVアニメ化される以前より『呪術廻戦』の大ファンであり、「好きなキャラはパンダ先輩とナナミン(七海建人)」だという彼自身の作品愛、そして音作りへの意識の高さが明らかになるインタビューとなった。

あくまで「顔を隠して活動している」つもりではないんです

――Who-ya Extendedさんはプロフィールに「クリエイターズユニット」と銘打たれていますが、この実態がどういうものか気になっている読者も多いと思います。まずは、そのあたりの基本的なところからお話を聞かせてください。

Who-ya まず、歌そのものは全部僕が歌っていますが、クリエイターズユニットとしては、僕が中心となりつつ、楽曲ごとに様々なプロフェッショナルの方の力を借りながら作品を作っています。作詞・作曲に関してはデビュー作のときからコライト(共作)のようなスタイルで制作を続けていて、今回のミニアルバム『VIVID VICE』に収められている4曲も、すべてその形をとっています。

――Who-ya Extendedとしての音楽性の軸、大切にしている部分を言語化するとしたら?

Who-ya うーん……今作に関して言えば、全曲通して「疾走感」や「スピード感」みたいなものは軸になっていると思います。仮にBPMそのものは速くない楽曲の場合も、聴いたときの耳ざわりとして、ある一定の疾走感を感じられるように作っていて、フレーズは8ビートなんだけど16分の刻みのニュアンスを入れてあるとか、ギターの音の切り方で裏拍を表現していたりとか。僕自身もそれを意識して歌っているところがあるので。

――Who-yaさんは過去にも、デビュー作の「Q-vism」(2019年)でTVアニメ『PSYCHO-PASS サイコパス 3』のOPテーマを担当しました。アニメ作品に寄り添った楽曲制作について、どんな部分に醍醐味を感じますか?

Who-ya 主題歌として、という観点で考えるなら……「アニメ自体を表している楽曲」というよりは、「自分たちの持っている世界観と、アニメが持っている世界観の一番交わっているところ」を曲にしたいとは考えています 。歌い方も、意識的にそうしているわけではないのですが、作品によって毎回変えていて。例えば「VIVID VICE」はバックの音が激しめなので、普通に考えるともっと激しく歌ってもおかしくない曲だと思うんですけど、今回の『呪術廻戦』という作品の持つ雰囲気から、「人間らしさ」というか、何かちょっと「俯瞰してものを見ている」ようなイメージで歌っていて。

――ちなみにWho-yaさんはアーティストとして、いわゆる生身ではなく、イラストによるイメージ的なビジュアルを前面に出して活動している印象が強いです。そこにはどういったコンセプトや意図が込められているんでしょうか。

Who-ya これは、「VIVID VICE」もそうですけど、曲の世界観とユニットの世界観を、キービジュアルというフィルターを通している感じです。デビュータイミングから『PSYCHO-PASS サイコパス』という素晴らしい作品のオープニングテーマを任せていただいたこともありつつ、純粋に「自分が作った世界観」と「楽曲」の二本柱でどこまで勝負できるのかを試してみたい気持ちがあったんです。その結果、生まれたのがキービジュアルというアイデアで。とはいえ、僕としては別に顔を隠していたつもりはないんです(笑)。

虎杖悠仁の生き方とも共鳴している「VIVID VICE」のメッセージ

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人