TVアニメ『呪術廻戦』深く知りたいオープニングテーマの世界─Who-ya Extended「VIVID VICE」 疾走感と“人間らしさ”を追求したコンセプトを聞く

――ここからはTVアニメ『呪術廻戦』でこの曲が流れる第2クールのオープニング映像について伺います。改めて、ご自身の楽曲にアニメーションが付いたオープニング映像をご覧になった感想はいかがでしたか?

Who-ya いやぁ、もう本当に……初めて観たときは、五体投地したくなるぐらい、ありがとうございます!って感じでした(笑)。その後も、もう何回観たかわからないぐらいエンドレスで繰り返し観ています。この曲は「静」と「動」の緩急をすごく大切にしていて、歌い方も前半は意識的にテンション感をちょっと下げていて、そこからサビでドーンといく感じにしているんですよ。映像も、前半は五条(悟)先生が花束を持って歩いてるシーンだとか、ゆっくりしたタイム感なんだけど、サビに入った瞬間、花御(はなみ)との激しい戦闘シーンに切り替わって、タイム感がものすごく早くなる。その映像と楽曲が組み合わさったときのリンクが素晴らしくて。僕らが楽曲で表現したかった緩急の部分を、映像でも再現していただいたことにすごく感動しました。

――そんなオープニング映像の中でも、「特にここはかっこ良かった!」と感じたカットは?

Who-ya 悩むなあ……。これは完全に個人的な意見になりますが、第1クール目のオープニングも含めて、MAPPAさんと制作チームの「目」の表現が天才的だと思うんですよね。なので、両面宿儺の出てくる目のカットと、あとはやっぱり五条先生の目のアップは、特に価値ある描写だと思いました。

――たしかに目の表現にはこだわりを感じます。あと、終盤のカットで楽巌寺嘉伸が弾くギターの手元が映って、楽曲のギターサウンドとシンクロする「音ハメ」の部分も印象的でした。

Who-ya あれは最初観たとき、ビックリしましたね。「学長、いつから(Who-ya Extendedの)メンバーになったんだ!?」と思って(笑)。でもあのカットは、前半の物静かな感じやその後のバトル感も含め、終始シリアスなオープニングアニメなのかな?と思わせていたところで、最後にちょっとユーモアもある構成になっていて、『呪術廻戦』らしいギャップがすごく面白いなと思いました。

――たしかに(笑)。それでは最後に、今回の「VIVID VICE」はご自身にとってどんな楽曲になったか、『呪術廻戦』のファンからの反響などを踏まえた今の実感をお聞かせください。

Who-ya 本当に国内外を問わずたくさんの方が聴いてくださって、TwitterやYouTubeなどを通じてものすごい量の感想をいただいているんですよ。楽曲は「僕たちなりの解釈はこうです」と提示しているものですが、それを受け取った人たちが、逆に「私たちはこう解釈しました」というのを返してくれて。ありがたいことに、その母数がどんどん増えていて……海外の方からもコメントもいただくので、わからないなりに頑張って翻訳アプリで読み取っています。そう考えると、『呪術廻戦』というアニメ自体の素晴らしさを改めて感じましたし、タイトルに掛けて言えば、僕たちが想像していた以上に色んな「色」が楽曲につけられたと思います。それぞれがこの曲から感じた「色」の感想をくれるのが、すごくありがたいですね。

INTERVIEW & TEXT BY 北野 創(リスアニ!)


●リリース情報
Who-ya Extended
「VIVID VICE」
発売中

配信リンクはこちら

【初回生産限定盤(CD+DVD)】

品番:SECL 2647-8
価格:¥1,500+税
※三方背スリーブ仕様

【通常盤】

品番:SECL 2649
価格:¥1,250+税

<CD>
01. VIVID VICE
02. The master mind
03. VIVID BANG
04. Enough Is Enough
05. VIVID VICE (Instrumental)

<DVD>
VIVID VICE MUSIC VIDEO

【期間生産限定盤(CD+DVD アニメジャケット盤)】

品番:SECL 2650-1
価格:¥1,500+税
※描き下ろしアニメジャケット デジパック仕様

<CD>
01. VIVID VICE
02. The master mind
03. VIVID BANG
04. Enough Is Enough
05. VIVID VICE TV size
06. VIVID VICE (Instrumental)

<DVD>
TVアニメ「呪術廻戦」第2クール ノンクレジットオープニングムービー

●作品情報
TVアニメ『呪術廻戦』
毎週金曜日深夜1時25分よりMBS/TBS系全国28局ネット“スーパーアニメイズム”枠にて放送中

【STAFF】
原作:芥見下々(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)
監督:朴 性厚
シリーズ構成・脚本:瀬古浩司
キャラクターデザイン:平松禎史
副監督:梅本 唯
美術監督:金 廷連
色彩設計:鎌田千賀子
CGIプロデューサー:淡輪雄介
3DCGディレクター:兼田美希・木村謙太郎
撮影監督:伊藤哲平
編集:柳 圭介
音楽:堤 博明・照井順政・桶狭間ありさ
音響監督:藤田亜紀子
音響制作:dugout
制作:MAPPA
第2クールOPテーマ:Who-ya Extended「VIVID VICE」(SMEレコーズ)
第2クールEDテーマ:Cö shu Nie「give it back」(ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ)

【CAST】
虎杖悠仁:榎木淳弥
伏黒 恵:内田雄馬
釘崎野薔薇:瀬戸麻沙美
禪院真希:小松未可子
狗巻 棘:内山昂輝
パンダ:関 智一
七海建人:津田健次郎
伊地知潔高:岩田光央
家入硝子:遠藤 綾
夜蛾正道:黒田崇矢
五条 悟:中村悠一
東堂 葵:木村 昴
禪院真依:井上麻里奈
三輪 霞:赤﨑千夏
楽巌寺嘉伸:麦人
吉野順平:山谷祥生
夏油 傑:櫻井孝宏
漏瑚:千葉 繁
花御:田中敦子
真人:島﨑信長
両面宿儺:諏訪部順一

©芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会

関連リンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人