藍井エイル『BEST -A-』レビュー

2016.10.19

初のベストアルバムが2枚同時リリース。『BEST -A-』には「シリウス」「IGNITE」「ラピスラズリ」「シューゲイザー」「アクセンティア」などのヒット曲に、新曲を加えた13曲を収録。

2011年10月19日、TVアニメ『Fate/Zero』のEDテーマに起用され大きな話題を呼んだシングル「MEMORIA」にてメジャーデビューを飾った藍井エイル。2013年1月には「MEMORIA」「AURORA」「INNOCENCE」らシングル曲を含む1stアルバム『BLAU』、2014年には「コバルト・スカイ」「シリウス」「虹の音」を収めた2ndアルバム『AUBE』、そして、2015年6月には「IGNITE」「GENESIS」「ラピスラズリ」を収録した3rdアルバム『D’AZUR』をリリース。その後には「シューゲイザー」「アクセンティア」「翼」と3つのシングルをリリースしている。

デビューからちょうど5周年を迎えた2016年10月19日に、2枚同時リリースされたのが自身初となるベストアルバム『BEST -E-』と『BEST -A-』。「MEMORIA」から「翼」までの全シングル曲やアルバムやシングルのカップリングに収録されている人気曲、そして、それぞれに1曲ずつ新曲を収録している。

『BEST -A-』には、TVアニメ『機動戦士ガンダムAGE』OPテーマ「AURORA」、「コバルト・スカイ」、TVアニメ『キルラキル』のOPテーマ「シリウス」、TVアニメ『ソードアート・オンライン Extra Edition』のテーマソング「虹の音」、TVアニメ『ソードアート・オンラインII』OPテーマ「IGNITE」、TVアニメ『アルスラーン戦記』のEDテーマ「ラピスラズリ」、「シューゲイザー」、PS Vita『デジモンワールド-next Order-』の主題歌「アクセンティア」などのシングル曲に加え、「frozen eyez」「アヴァロン・ブルー」などの人気曲、そして新曲の「レイニーデイ」を収録している。

「シリウス」

2013年10月より放送されたTVアニメ『キルラキル』のオープニングテーマとなった5thシングル。作詞は、今石洋之監督作品といえば『天元突破グレンラガン』のオープニングテーマ、中川翔子の「空色デイズ」を手がけたmeg rock。作曲・編曲は「border」「Prism」など、ClariSの多くの楽曲を手がけている重永亮介。「Under The Mask」「AURORA」「INNOCENCE」「虹の音」など、藍井エイルの楽曲には初期の頃からコンポーザーやアレンジャーとして参加をしている。

大胆な演出によるアニメの作風、または主人公である纏 流子の性格を表わすような、あるいは「支配や抑圧からの解放」という作品のテーマを反映させたような、爽快なロックがピアノを交えたバンド・サウンドによって奏でられている。

ハイレゾではCDと比べると低域が整理されており、そのためビートやリズムのノリが掴みやすく、ストレートに疾走する楽曲の躍動感が高まる。情報量の影響は解像感にも現われて、打ち鳴らされるタイトなドラムや歯切れ良くかき鳴らされるギター、またたく星の輝きのように鳴り響くピアノなど楽器から繰り出される音色も鮮やかに、エネルギッシュさをさらに増した、突き抜けるような開放感があふれる演奏が心地好い。

ヴォーカルはすっきりとした輪郭で表わされ、サビでは何処までも伸び行くようなハイトーンが清々しい。熱気が常に充満した作品同様に歌声の熱量は高く、しかしながら勢いだけに流されずに、スピーディな楽曲を乗りこなすというよりもむしろ、先立って引っ張っていくぐらいの力強さが感じられる。不安の“暗闇を切り裂き”進むそのしなやかな抑揚は一点の曇りのない笑顔を引き連れて、願う未来が確信へと変わる余裕と自信に満ちた表情で、“流星群 追い越し” 夜空を駆け抜ける。

「レイニーデイ」

作詞・作曲・編曲は、「閃光前夜」や「近未来交響曲」、「KASUMI」を手がけ、藍井エイルの楽曲の数々にアレンジャー、ギタリストとして参加している新井弘毅(元serial TV drama)。

このベストアルバムのために書き下ろされたこの新曲は、インダストリアルなブレイクビーツが叩きつけられるイントロで、「哀しみや重いテーマを扱ったハードで“レイニー”な曲?」と思ったのも束の間のこと、ぱっと視界が開けるような明るいサウンドが一面に広がる。理想には未だ遠く、他人と比べては落ち込んだ日々=“レイニーデイ”で、“自分だけが持った強さ”に気づいて“明日の風を浴びに行こう”という率直な言葉には、「シリウス」の“自分仕様(オリジナル)な明日になる”と同じく前向きなメッセージが込められている。誰しもが抱える普遍的な悩みに希望の光を灯す、「青い鳥」の物語にも通ずるようなその歌詞は、アーティストとして自らの壁にぶつかり、そして乗り越えてきた藍井エイルの姿にもまた重なる。

オリエンタルなフレーズやスカっぽいリフを一瞬、挟みこみながら、小気味よくなめらかに演奏を続けるバンドのサウンドは何処か和やかで、ライヴならばアンコールに演奏されそうなこの楽曲の、リスナーとの距離を一気に縮める一体感をも促すような、余裕を感じさせるまとまりのあるミックスに耳が引き寄せられる。

物語の主人公や語り部でなく等身大の自身を描く歌声は明るい表情でその抑揚も軽やかに、そんな日々の中、今の自分を受け入れて信じていけば希望という“青空(あお)が見え隠れ”すると叫ぶ。ヴォーカルのニュアンスもいつになく柔らかに、親近感をいだかせる暖かく優しい雰囲気で歌い上げる“雨上がる 明日を信じて”の言葉が強く心に残る。

広大な世界観を描くストリングスが厚くサウンドを覆う「AURORA」
『Prayer』に収録されている「Roses」や「Lapse From Virtue」、また「サンビカ」などでもおなじみの安田貴広(Ao)によるギターの音色もみずみずしい「アクセンティア」
清々しく開放感がコーラスとともに広がる「Bright Future」
GLAYのHISASHIによる80年代の歌謡曲をも想起させるようなメロディも印象的な「シューゲイザー」
ストレートに突き進むサウンドにハイトーン・ヴォイスが浮かぶ「アヴァロン・ブルー」
イントロでは晴れ晴れしい歌声が響く、「アヴァロン・ブルー」「Lament」を手がけたTomo.による「コバルト・スカイ」
清冽なサウンドに歌声が神秘的な雰囲気を醸し出す「frozen eyez」
ミディアムテンポに乗り、華やかな音色が幸せな結末を優しく描く「虹の音」
YUIのヒット曲を情熱的なヴォーカルでカヴァーした「GLORIA」

など、『BEST -E-』のように『BEST -A-』もまたボリューム満点の内容となっている。そして、このベストアルバムのリリースに合わせて「MEMORIA」から「虹の音」までの6枚のシングルのハイレゾ配信も開始されている。シングルを聴きながら彼女の歌の軌跡を振り返るもよし、またシングルでしか聴けないカップリング曲を単曲で購入して新たにハイレゾとして楽しむのもよいだろう。配信ならではの選べる購入も喜ばしいところである、のだが。
藍井エイルより、2016年の11月4日、5日の日本武道館公演をもって無期限の活動休止が発表されている。デビュー5周年を迎え、最新シングル「翼」も大きな話題を呼んでおり、これからの活動にますますの期待が膨らんでいただけに、この発表は非常に残念でならない。
『BEST -A-』のラストナンバー「レイニーデイ」は、今までの自分を振り返り、“まだ見ぬ 明日を照らして”と歌い上げ、次へと進む彼女の姿を予感させてくれた。でももしかするとそれは、すぐ近くの“明日”ではなくて、もっと先の、来るべき時に再び現われる藍井エイルの姿なのかもしれない。今は“雨上がる 明日を信じて”の言葉の通りに、彼女といつしかまた会える日を信じて、その喜びをともに分かち合える瞬間を待ちたい。

■藍井エイル『BEST -E-』のレビューはこちら

Print藍井エイル
BEST -A-

Sony Music Labels Inc.
2016.10.19

FLAC 96kHz/24bit

購入はこちら

e-onkyo music
mora

 収録曲

 1.ラピスラズリ
   作詞:Eir 加藤裕介 作曲・編曲:加藤裕介

 2.AURORA
   作詞:Eir・重永亮介 作曲:重永亮介 編曲:下川佳代・重永亮介

 3.IGNITE
   作詞:Eir 小川智之 作曲:小川智之 編曲:Saku

 4.アクセンティア
   作詞:Eir・安田貴宏 作曲・編曲:安田貴宏

 5.シリウス
   作詞:meg rock 作曲・編曲:重永亮介

 6.Bright Future
   作詞:Eir 作曲・編曲:黒須克彦

 7.シューゲイザー
   作詞・作曲:HISASHI 編曲:DJ Mass・持山翔子

 8.アヴァロン・ブルー
   作詞:Eir・飯濱壮士 作曲・編曲:Tomo.

 9.コバルト・スカイ
   作詞:Eir・rino 作曲:Tomo. 編曲:黒須克彦

10.frozen eyez
   作詞:Eir・安田史生 作曲:安田史生 編曲:新井弘毅

11.虹の音
   作詞:Eir 作曲:重永亮介 編曲:新井弘毅・重永亮介

12.GLORIA
   作詞・作曲:YUI 編曲:新井弘毅

13.レイニーデイ
   作詞・作曲・編曲:新井弘毅

この記事を書いた人