リスレゾ・アクセスランキング 1/29〜2/11

2018年1月29日から2月11日までの期間、アクセスが多かった記事のトップ10をまとめました

1位  デビューアルバム『Fly High Myway!』渕上 舞インタビュー

『ガールズ&パンツァー』や『暗殺教室』など数々の人気アニメに出演し、様々なキャラクターソングを歌唱してきた声優・渕上 舞が、アルバム『Fly High Myway!』にてファン待望のソロデビューを果たした。

自分らしさを大事に、大好きな鳥をテーマのひとつとして盛り込んだこのアルバムは、全12曲中6曲で作詞も手がけた入魂の一枚だ。リスレゾではアルバムリリースにあたって、渕上へロング・インタビューを敢行。新発見と驚きにあふれた制作へのエピソードを語る彼女からは、自分の道を確かに歩み始めたアーティストとしての姿を感じ取ることができた。

●インタビューはこちら

2位  上田麗奈「sleepland」レビュー

TVアニメ『メルヘン・メドヘン』のED主題歌となる1stシングル。気鋭のクリエイター・rionosが手がけたチルアウトな表題曲と朗らかなイメージソングに加え、幻想的な世界が広がるカップリング曲の全3曲収録。

●レビューはこちら

3位  花澤香菜「春に愛されるひとに わたしはなりたい」レビュー

1年3か月ぶりのニューシングル。水野良樹が作詞・作曲、佐橋佳幸がプロデュースを手がけた清々しいタイトル曲、アコースティックギターが優しく寄り添う「ひなたのしらべ」、シティポップ路線の「夜は伸びる」を収録。

●レビューはこちら

4位  坂本真綾「CLEAR」レビュー

TVアニメ『カードキャプターさくら クリアカード編』OPテーマとなるニュー・シングル。爽やかなサウンドと瑞々しい歌声が弾ける「CLEAR」、ノスタルジックな雰囲気をたたえた「レコード」、広島・嚴島神社でのライブ音源「プラチナ~acoustic live ver.~ 」を収録。

●レビューはこちら

 

5位  3rdアルバム『emotion』寿 美菜子インタビュー

寿 美菜子が3rdアルバム『emotion』をリリースした。前作から3年以上の期間を経て完成した今作では、新録6曲すべての作詞を寿本人が担当。自身の趣向も強く反映した意欲的な作品に仕上がっている。

リスレゾでは、初となる作詞を手がけることになった経緯や、自身の想いをどのように表現したのか?など、作詞について掘り下げたインタビューを実施。またミュージックビデオやライブ、SONYとコラボした”We are SPHEREモデル”についても詳しく語ってもらった。

●インタビューはこちら

6位  茅原実里「みちしるべ」レビュー

約2年ぶりとなるニュー・シングルは、TVアニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』のED主題歌。繊細な歌声で温かく情景を綴ったバラード曲「みちしるべ」のほか、情熱的なロック・バラード「憧れは流星のように」、TRUEとのバトル的デュエット曲「White ambitions」を収録。

●レビューはこちら

7位  GARNiDELiA「Error」レビュー

TVアニメ『BEATLESS』OP主題歌となる9thシングル。作品世界を反映したクールなエレクトロニック・サウンドが鳴り響く「Error」をはじめ、同じくEDMによるアプローチを取り入れた「anymore」、明るいポップスが広がるピースフルなナンバー「君が生まれた日」を収録。

●レビューはこちら

8位  TRUE「Sincerely」レビュー

TVアニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』OP主題歌となるニュー・シングル。作品世界を華麗に映し出すドラマチックな表題曲のほか、たぎる想いを激しいサウンドに乗せた「泡影セカイ」、茅原実里とのデュエット曲「ふたりごと」を収録。

●レビューはこちら

9位  TVアニメ『クジラの子らは砂上に歌う』オリジナルサウンドトラック『心(きろく)~Record~』堤 博明インタビュー

2017年秋クールに放送された梅田阿比の人気コミックを原作とするTVアニメ『クジラの子らは砂上に歌う』。砂の海に覆われた世界を舞台に、島のような漂泊船〈泥クジラ〉で暮らす人々の過酷な運命と希望を描いたハイ・ファンタジー作品として好評を博した。その劇伴音楽集『TVアニメ『クジラの子らは砂上に歌う』 オリジナルサウンドトラック 心(きろく) ~Record~』が、1月24日よりハイレゾ配信される。

本作の音楽を手がけたのは、ミラクル・バスに所属する作曲家の堤 博明。現在放送中の『からかい上手の高木さん』や『アオハライド』『クロムクロ』といったアニメ作品の音楽を手がけてきたほか、ギタリストとしても数々のスタジオ・ワークに携わってきた気鋭の音楽家だ。今回、ドイツ録音による約60人編成のオーケストラを筆頭に、様々な民族音楽の楽器や要素なども取り入れて、どこの国でもない『クジラ』の世界の音楽を表現してみせた彼に、そのコンセプトやこだわりについて語ってもらった。

●インタビューはこちら

10位  水樹奈々『THE MUSEUM III ハイレゾver.』レビュー

水樹奈々初のハイレゾ作品。2012年から2017年の間に発表されたシングル表題曲や、新曲「HOT BLOOD」「粋恋」、T.M.Revolutionとのコラボレーション曲などを収録した3枚目のベストアルバム。

●レビューはこちら

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人