茅原実里「みちしるべ」レビュー

約2年ぶりとなるニュー・シングルは、TVアニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』のED主題歌。繊細な歌声で温かく情景を綴ったバラード曲「みちしるべ」のほか、情熱的なロック・バラード「憧れは流星のように」、TRUEとのバトル的デュエット曲「White ambitions」を収録。

2018年1月より放送がスタートした、京都アニメーション制作のTVアニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』。感情をもたない少女・ヴァイオレット・エヴァーガーデンが手紙を代筆する仕事を通じて、様々な人々と出会いその想いに触れ、成長していく姿を描いた作品だ。

今作のED主題歌は、ヴァイオレットの同僚・エリカ役として出演している茅原実里が担当。温かい眼差しで自らが綴った歌詞で作品の世界を歌っている。

「みちしるべ」

「純白サンクチュアリィ」「Paradise Lost」「TERMINATED」「境界の彼方」など、茅原実里の楽曲を多く手がけるElements Garden菊田大介が作編曲したバラード曲。アニメのエンディングで流れるのはピアノとボーカルで構成される1番の部分だが、2番以降はストリングスなども加わり、華麗さを増していく。またボーカルも最初はややまっすぐだった抑揚が、サウンドと調和しながらまろやかなものへと変わっていく。それらはヴァイオレットの人としての成長や、手紙を書くことで出会った人々との交流を描いたようであり、非常にドラマチックだ。ひたむきで可憐な歌声が茅原自身による歌詞と相まって深い感動を誘う。

ハイレゾでは空間の奥行きやスケールを感じられる。ピアノとボーカルだけの室内から大窓を開くように左右や後方にストリングスが広がる。それは豊潤な響きで空間を満たしながら、なめらかな旋律で包み込む。また柔らかな空気感で、心に明かりが灯るようなほんのりとした温かさがある。解像感が優雅な演奏を背景に佇むボーカルの抑揚をリアルに映し出し、ピュアな歌声がいっそう際立つ。

「憧れは流星のように」

茅原実里のアルバム『Innocent Age』や彼女のライブなどで、卓越した演奏を聴かせるギターヒーロー・山本陽介によるロック・バラード。メロディアスでダイナミックなギターと、力強いボーカルが美しく重なるその様子は、茅原と山本とのコラボレーションといった趣もあり、どちらが欠けても成り立たない絶妙なコンビネーションを感じさせる。わかりやすく例えるならば、ローリング・ストーンズのミック・ジャガーとキース・リチャーズ、あるいはレッド・ツェッペリンのロバート・プラントとジミー・ペイジといったところか。ふたりの情熱がほとばしる、素晴らしい仕上がりとなった。ハイレゾは楽器、ボーカルそれぞれにスポットライトを当てているような強い存在感があり、またライブのような一体感も感じられる。

「White ambitions」

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』のOP主題歌「Sincerely」を担当するTRUEとのデュエット曲。シングルの3曲目、そして同作品の主題歌を担当する者同士ということで、こちらもしっとりとしたバラードになるかと思いきや、アッパーで激しいロックが繰り広げられる。しかも茅原実里とTRUEそれぞれが違う歌詞を同時に歌いながら曲が進行。時折お互い呼応したり、重なったりと、複雑に絡み合うツイン・ボーカルがとてつもなくカッコいい。デュエットというよりもどちらかというと声を交えて戦っているといったイメージだ。ハイレゾではくっきりとした定位とこちらに迫ってくるような声の勢いを感じる。こんな無茶ぶりが成立するのも高い技量と豊かな表現力を兼ね備えたふたりならばこそ。スリリングなアイデアを実行した確信犯は誰かとクレジットを見るとQ-MHzの名前が。納得。

●TVアニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』OP主題歌 TRUE「Sincerely」のレビューはこちら

茅原実里
みちしるべ

Lantis
2018.01.31

FLAC・WAV 96kHz/24bit、WAV 96kHz/32bit
ハイレゾの購入はこちら

e-onkyo music
groovers
mora

 収録曲

 1.みちしるべ
   作詞:茅原実里 作曲・編曲:菊田大介(Elements Garden)

 2.憧れは流星のように
   作詞:茅原実里 作曲・編曲:山本陽介

 3.White ambitions 歌:茅原実里&TRUE
   作詞・作曲:Q-MHz 編曲:藤田淳平(Elements Garden)、Q-MHz

この記事を書いた人