リスレゾ・アクセスランキング 2/12〜2/25

2018年2月12日から2月25日までの期間、アクセスが多かった記事のトップ10をまとめました

1位  4thアルバム『Curiosity』中島 愛インタビュー

2016年12月、約3年の活動休止期間を終えて、ふたたび歌手としての道を歩み始めた中島 愛。2017年には「ワタシノセカイ」「サタデー・ナイト・クエスチョン」という2枚のシングルを発表し、ワンマン・ライブの開催や“Animelo Summer Live”、そして先月開催された“リスアニ!LIVE 2018”といったイベント出演で、その唯一無二の美声を届けてくれた。

そんな彼女がついに、復帰後の念願でもあったニュー・アルバム『Curiosity』を完成させた。数々の大物アーティストを手がけてきた田村充義をプロデューサーに迎えた本作には、ラスマス・フェイバーや岩里祐穂、重永亮介といったなじみの作家から、新藤晴一(ポルノグラフィティ)、CMJK、松本良喜、前山田健一、バグベアといった初顔まで、多彩なクリエイターが参加。好奇心と挑戦心に満ち満ちた9曲の新曲を含め、バラエティー豊かな全12曲が収録されている。自らの様々な心境を楽曲に重ねながら、ゆっくりと、しかし着実に前へ進み続けるまめぐのあらたな〈ファースト・アルバム〉について、たっぷりと話を聞いた。

●インタビューはこちら

2位  西沢幸奏×WEST GROUND「LOVE MEN HOLIC」スペシャル対談

2015年にTVアニメ『艦隊これくしょん -艦これ-』のEDテーマ「吹雪」で鮮烈なデビューを飾って以来、パワフルで迫力のある歌声と自らギターも手にする熱いパフォーマンスで、気鋭の若手シンガーとして注目を集めてきた西沢幸奏。昨年の1stアルバム『Break Your Fate』以来となる待望のニュー・シングル「LOVE MEN HOLIC」は、現在放送中のTVアニメ『ラーメン大好き小泉さん』のEDテーマにして、これまでの彼女のイメージを一新する痛快なパーティー・ロック・チューンに仕上がっている。

そんな意欲作の作曲・編曲を手がけたのは、西沢とはデビュー曲「吹雪」の編曲を担当して以降、多数の楽曲で制作を共にしているコンポーザーのWEST GROUND。リスレゾでは今回、西沢と彼女の活動を側で見守ってきたWEST GROUNDの初対談をセッティング。西沢のこれまでの活動と「LOVE MEN HOLIC」における変化の理由について、詳しく話を聞いた。

●対談はこちら

3位  ワルキューレ「『劇場版マクロスΔ 激情のワルキューレ』ボーカルソング集 ワルキューレは裏切らない」レビュー

『劇場版マクロスΔ 激情のワルキューレ』の主題歌、挿入歌を収めた待望の3rdシングル。ダイナミックなロックを繰り広げる「ワルキューレは裏切らない」、爽やかなエレクトロ・ポップ「チェンジ!!!!!」、華やかなディスコティック・ナンバー「Dancing in the Moonlight」を収録。

●レビューはこちら

4位  中島 愛『Curiosity』レビュー

アーティスト活動再開後、初となるアルバムが完成。多彩な作家陣が手がけた新曲9曲、シングル曲「ワタシノセカイ」「サタデー・ナイト・クエスチョン」など全12曲を収録。「好奇心」をテーマに今の中島 愛を鮮やかに映し出した意欲作。

●レビューはこちら

5位  ハイレゾで広がる『マクロスΔ』の音世界 FlyingDog音楽プロデューサー 福田正夫 インタビュー

FlyingDogの音楽プロデューサーとして、坂本真綾をはじめとする才気あふれるアーティストや、『ARIA』『たまゆら』『幸腹グラフィティ』『あまんちゅ!』などアニメ作品の魅力的な主題歌や劇伴をプロデュースしてきた福田正夫。満を持して『マクロス』シリーズに参加した彼は、一体、どのような発想をこのビッグ・プロジェクトに持ち込んだのだろうか?今回は『マクロスΔ』の世界を構築する音楽観について、またハイレゾについても語ってもらった。

●インタビューはこちら

6位  西沢幸奏「LOVE MEN HOLIC」レビュー

TVアニメ『ラーメン大好き小泉さん』EDテーマとなるニュー・シングル。ノリのいいパーティー・ロックを展開した表題曲と、オンラインアクションRPG「アラド戦記」のタイアップ曲「Gray Blaze」を収録。

●レビューはこちら

7位  上田麗奈「sleepland」レビュー 

TVアニメ『メルヘン・メドヘン』のED主題歌となる1stシングル。気鋭のクリエイター・rionosが手がけたチルアウトな表題曲と朗らかなイメージソングに加え、幻想的な世界が広がるカップリング曲の全3曲収録。

●レビューはこちら

8位  TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUNDのPulse Craft Information 第15回

フジムラトヲル、石川智久、松井洋平からなるテクノユニット、TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUNDの連載。魅力的な楽曲を次々と生み出している彼らの実態が明らかになる(!?)内容となっている。

第15回は、彼らが音楽を手がけたアニメ『トリニティセブン』のFULL ALBUM「MAGUS MUSIC LIBRARY」についての話が載っている。またフジムラトヲルによるビールの話や、石川智久がオススメするブルース・スプリングスティーンのアルバムなど、興味深い話が満載。

●連載はこちら

9位  デビューアルバム『Fly High Myway!』渕上 舞インタビュー

『ガールズ&パンツァー』や『暗殺教室』など数々の人気アニメに出演し、様々なキャラクターソングを歌唱してきた声優・渕上 舞が、アルバム『Fly High Myway!』にてファン待望のソロデビューを果たした。

自分らしさを大事に、大好きな鳥をテーマのひとつとして盛り込んだこのアルバムは、全12曲中6曲で作詞も手がけた入魂の一枚だ。リスレゾではアルバムリリースにあたって、渕上へロング・インタビューを敢行。新発見と驚きにあふれた制作へのエピソードを語る彼女からは、自分の道を確かに歩み始めたアーティストとしての姿を感じ取ることができた。

●インタビューはこちら

10位  3rdアルバム『emotion』寿 美菜子インタビュー

寿 美菜子が3rdアルバム『emotion』をリリースした。前作から3年以上の期間を経て完成した今作では、新録6曲すべての作詞を寿本人が担当。自身の趣向も強く反映した意欲的な作品に仕上がっている。

リスレゾでは、初となる作詞を手がけることになった経緯や、自身の想いをどのように表現したのか?など、作詞について掘り下げたインタビューを実施。またミュージックビデオやライブ、SONYとコラボした”We are SPHEREモデル”についても詳しく語ってもらった。

●インタビューはこちら

※前回のアクセスランキングはこちら

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人