今思えば、最初から伝えたいことはひとつだったのかもしれない―― 相坂優歌『屋上の真ん中 で君の心は青く香るまま』リリースインタビュー

相坂優歌の待望の1stアルバムは、素直に生きようとして日々もがき苦しむ人=“君”に寄り添うことをコンセプトとした1枚に。大森靖子が手がけたMV曲「瞬間最大me」からALI PROJECTが提供した「翡翠蝶の棲む処」までそのサウンドは実に多彩なものだが、そこから発せられるメッセージはすべての曲においてアルバムのコンセプトに沿ったものであり、リスナーの共感を呼ぶ。本稿ではそのメッセージの発信源となる相坂自身に、この1枚に込めた想いを存分に語ってもらった。

自分の大事なものと想いをもとに誕生した、共感を呼ぶMV曲

――今回のアルバムのテーマは、音楽活動を始めた頃から相坂さんの中にあったものだったんですか?

相坂優歌 いえ、今私が言っている“寄り添いたい”とか“マイノリティにも向けた表現をしたい”っていうものは、活動をしていくうちに意識し始めた感情だったんですよ。いろんな表現を吸収していったり皆さんの生の声をラジオとかお手紙でいただくうちに、だんだんとはっきりしてきたような感じなんです。

――そういった想いから生まれたコンセプトを、しっかりとした軸にした1枚になったというか。

相坂 そうですね。そこは制作のなかの話し合いでも「しっかりさせましょう」となったところで。なので今までの集大成じゃないですけど、やってきたことすべてをムダにしないようなコンセプトが作れたらな、というふうに一生懸命考えて、作家さんにはそのコンセプトをお伝えして、それを汲んだ楽曲と詞をつけていただくという形を取らせていただきました。

――既存曲も、そのアルバムのコンセプトに合致したものが揃っている印象です。

相坂 きっとその頃から、心の奥底にはそういう考えがあったのかもしれないですね。でもたぶんそのときは、その想いをうまく言語化できていなかったんだと思うんです。だから思い返すと、実はデビュー当初から伝えたいことはひとつだったのかな、という気がしています。あと、今回のアルバムは“自分のルーツを辿る旅”のような一面もありまして。自分が大きな影響を受けた方や、転機にお世話になった方々に作っていただいた曲を詰め込んだ1枚にもなっているんですよ。

――そんなアルバムの顔になるのがMV曲「瞬間最大me」ですが、この曲の作詞・作曲を担当された大森靖子さんとは直接お話をされましたか?

相坂 はい。打ち合わせの前日に「ひとつ自分の大事なものを持ってきてください」と言われて、ずっと崇拝している阿部共実さんという漫画家さんの『月曜日の友達』というマンガを持っていきました。そういうものや私の日々思っていること、アルバムのコンセプトとかを全部踏まえたうえで作っていただけたので、本当に、直接言葉を伝えられてよかったなと思ってます。

――ちなみにその『月曜日の友達』は、どんな内容なんでしょう?

相坂 阿部さんのマンガはほぼすべてそんな感じなんですけど、やはりマイノリティに向けた作品だなぁというのを感じていて。うまく社会と馴染めなかったり迎合できない自分がいて、でも「そんな自分をちゃんとわかってくれる人はいるよ」とか「わかってもらいたいならば、自分もわかろうと一歩踏み出さなきゃいけないよ」とか、そういったことを教えてくれるんです。『月曜日の友達』も、そんなところがすごく濃く描かれているマンガなんですよ。

――この曲は、歌詞に掛詞なども使われていて一見掴みどころなく思えるんですが、アルバムのコンセプトともちゃんと通じていて、ただの言葉遊びでは決してないんですよね。

相坂 そうなんですよね。聴いていても耳触りのいい言葉の運びなんですけれども、よくよく歌詞を目にしてみると救われる内容であったり、人の心の奥底の共感を呼ぶといいますか。普段口にできない想いを、かわいらしいポップなサウンドと大森さんのセンスで描かれていて……本当に、“尊敬”のひと言ですね。

――サウンドに目を向けると、ロックさのなかにもオシャレな部分もある曲で。

相坂 すごくかわいらしい曲ですよね。打ち合わせのときには、大森さんの「絶対絶望絶好調」という曲のような雰囲気のものをぜひ作っていただきたい、とお話しまして。その曲の、使われている言葉は一見ちょっと不穏だったりするけれどもそれがガーリーでポップなバンドサウンドで包み込まれているところに惹かれたので、私もそういったものを最新の曲として出したかったんです。

――曲の最初と最後はフューチャーベースになっていて、特に浮遊感を強く感じます。

相坂 そこは大森さんが、私から感じてくださったという“ホーリー感”を表現したくて入れたとおっしゃっていて、私もとても気に入っている部分なんです。あと、私がこの曲でいちばん推したいのが、「瞬間最大me」のフレーズから始まるBメロの部分のギターなんです。そこが、複雑な感情みたいなものを表現してくれてるように感じるんですよね。

――拍子と同じタイミングで鳴るギターですね。

相坂 はい。憂鬱な表情なのにすごく爽やかな感じもして、デモをいただいたときからすごく好きなんです。

――ただ、これだけ多彩な曲の表情に合わせて歌っていくのは、難しかったのでは?

相坂 そうですね。でも逆に熱がこもったというか、テンションがすごく上がりました。ただ、そのフューチャーベースの部分に関しては囁くように、できるだけ生の声みたいな感じで歌えたらいいなと思ったので、テクニックというよりは素のままに歌った覚えがあります。

――その部分は、今までの楽曲からは意外に感じるポイントでもあると思います。

相坂 なので、ショートバージョンのMVが公開されたときには「最初の部分だけ聴いた人に、静かでがっかりされたらどうしよう」とも思ったんですよ。それで「激しめな楽曲を期待してくださった方も、そこで止めないで最後まで聴いて!」と思って、そわそわした記憶がありますね。

――楽曲に沿ってだとは思うのですが、そのMVでピンク色の世界が登場したのも少々意外でした。

相坂 ピンクは一度はやってみたかったんです。私の中で大森さんにはピンクのイメージもあったし、自分も今まで青や白のイメージのほうが強かったので、ここでびっくりさせたいなという想いもありました。それで女の子全開なセットにしていただきつつも“かわいいだけじゃない女の子感”を出していただいています。

――ただ、2コーラス目では結構ロックな感じで歌われていたりと、二面性を感じられるシーンもありますね。

相坂 そうですね。やっぱり女子は、たとえどんなにアイドルしててもきっとみんなかわいいだけじゃなくていろいろ考えて生きてると思うので、そんな女子の本音というか素顔みたいなものをテーマにしたところはあります。毒づいているときとかヤケになってるときですら愛してほしいというか……それをもかわいいと思えたら、女の子を理解してるって言っていいと思う……という世の男性に向けてのメッセージみたいな部分もありますね(笑)。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人