“アニメ音楽×ハイレゾ”の情報サイト「リスレゾ」1/30~2/12のアクセス・ランキングを発表!

2016年8月にスタートした“アニメ音楽×ハイレゾ”の情報サイト「リスレゾ」(http://www.lisres.jp)。

ハイレゾ音源の中でも人気が高いアニメ音楽に特化した「リスレゾ」は、アニメ・アニメ音楽メディア「リスアニ!」編集部監修の元、ハイレゾの情報を盛り込んだ作品レビュー、特集、連載などを通じて、“アニメ音楽×ハイレゾ”の魅力に迫った記事を公開している。
この度、2017年1月30日から2月12日までの期間にアクセスが多かった記事のトップ10が公開された。
https://www.lisani.jp/0000100418/

【リスレゾ・アクセスランキング(1/30~2/12)】

1位  緒方恵美『real/dummy High Edition』レビュー

megumi_ogata_LZC-1121ダミーヘッドマイクを使用した「バイノーラル録音」による楽曲も収録した緒方恵美の最新アルバム! 強さから儚さまで多彩な表現で独自の世界を切り開く、緒方恵美の意欲作。

●レビューはこちら

2位  V.A.『Witch Craft Works THE BEST ~日本語盤~』レビュー

S__5177415 TVアニメ『ウィッチクラフトワークス』のキャラクターソング・ベストが配信限定でリリース! “ピッピッコピッピッコ”でおなじみのKMM団「ウィッチ☆アクティビティ」や、書き下ろしの新曲4曲、リミックス「ウィッチ☆アクティビティ~[k]momimi NON STOP Ver.2.0 HD~」などを収録。

●レビューはこちら

3位  fhána「青空のラプソディ」レビュー

LACM14564_artistダンサブルで魅力的なポップ・サウンドが爽やかに弾けるfhánaの新境地! TVアニメ『小林さんちのメイドラゴン』のオープニングテーマとなる10thシングルは、カップリング曲が異なる2つのヴァージョンでリリース。

●レビューはこちら

4位  ハイレゾで広がる『マクロスΔ』の音世界  FlyingDog音楽プロデューサー 福田正夫 インタビュー

FlyingDogの音楽プロデューサーとして、坂本真綾をはじめとする才気あふれるアーティストや、『ARIA』『たまゆら』『幸腹グラフィティ』『あまんちゅ!』などアニメ作品の魅力的な主題歌や劇伴をプロデュースしてきた福田正夫。満を持して『マクロス』シリーズに参加した彼は、一体、どのような発想をこのビッグ・プロジェクトに持ち込んだのだろうか?今回は『マクロスΔ』の世界を構築する音楽観について、またハイレゾについても語ってもらった。

●インタビューはこちら

5位  TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUNDのPulse Craft Information 第3回

2016TPG_MAIN

2016年11月よりスタートしたTECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUNDによる連載『TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUNDのPulse Craft Information』の第3回。

《お気に入り》《影響》など、彼らが受けた様々なインプットを、アウトプット=《報告》するという、この連載。TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUNDとはどのような活動を行なっているのか?メンバーは一体どんな人物なのか?……魅力的な楽曲を次々と生み出している彼らの実態が明らかになる(!?)内容となっている。

第3回は、TECHNOBOYS関連作品のリリース情報や、メンバーの松井洋平が影響を受けた書物、石川智久がオススメする武満 徹の作品など、興味深い話が満載。

●連載はこちら

6位  沼倉愛美「Climber’s High!」レビュー

TVアニメ『風夏』のオープニングテーマとなる沼倉愛美の2ndシングル。演奏は、『風夏』スペシャルバンド<ギター:SHO(MY FIRST STORY)、ベース:T$UYO$HI(The BONEZ、Pay money To my Pain)、ドラム:高橋宏貴(ELLEGARDEN、THE PREDATORS)、ピアノ:伊賀拓郎(TVアニメ『風夏』劇伴作家)>が担当している。

●レビューはこちら

7位  スフィア『ISM』レビュー

sphere_ism_tsujo

シングル「情熱CONTINUE」「vivid brilliant door!」「DREAMS,Count down!」「My Only Place」や、HoneyWorksとのコラボレーション・ナンバー「一分一秒君と僕の」「愛に出会い恋は続く」など、全14曲を収録した5枚目のオリジナルアルバム。

●レビューはこちら

8位  ちょろゴンず「イシュカン・コミュニケーション」レビュー

Print

TVアニメ『小林さんちのメイドラゴン』のエンディングテーマは、トール(CV.桑原由気)、カンナ(CV.長縄まりあ)、エルマ(CV.高田憂希)、ルコア(CV.高橋未奈美)4人のドラゴン娘、“ちょろゴンず”が担当! TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUNDの松井洋平が作詞、fhánaの佐藤純一が作曲を手がけたポップなキャラクターソング。

●レビューはこちら
©クール教信者・双葉社/ドラゴン生活向上委員会

9位  教えて純之介さん! Lantis音楽プロデューサー佐藤純之介がズバリ回答!!「ハイレゾQ&A」Vol.1

160921-mw-192001 今さら人に聞きにくい、「ハイレゾって何?」という素朴な疑問。CD音源との違いから、ハイレゾを存分に楽しむために必要な機材の話まで、『ラブライブ!』など数多くの作品の音楽制作プロデューサーを務め、自らが手がけた作品のハイレゾ配信にも積極的な佐藤純之介氏に話を聞いた。スペシャル・インタビューのVol.1は、ハイレゾの基本についてわかりやすく丁寧に解説している。

●インタビューはこちら

10位  TVアニメ『フリップフラッパーズ』ED主題歌「FLIP FLAP FLIP FLAP」 TO-MAS インタビュー Vol.1

161101-mw-230001 TVアニメ『フリップフラッパーズ』の劇伴と、EDテーマ「FLIP FLAP FLIP FLAP」を担当する“TO-MAS”は、伊藤真澄、ミト(クラムボン)、松井洋平(TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND)の3人からなるユニット。それぞれが個別にクリエイターとして活躍する彼らが、何故「劇伴作家ユニット」を結成するに至ったのだろうか? “TO-MAS”始まりの経緯から、『フリップフラッパーズ』の音楽におけるプロフェッショナルな制作過程まで、メンバー3人にたっぷりと話を聞いている。

●インタビューはこちら

この他にも、「リスレゾ」ではオリジナルのインタビュー記事から作品レビューまで多数紹介しているので、是非チェックしてほしい。

関連リンク

この記事を書いた人