おそ松さん、高垣×早見コラボ、ガルデモも登場!“Animelo Summer Live 2016 刻-TOKI-”2日目レポート!

 int-160912-001-c001

感動のコラボの数々、そして2日目トリを務めたのはLiSA!

後半戦のトップはfhána。結成3周年を迎え、4年目最初のステージとなる今回は「虹を編めたら」「calling」の2曲だったが、ここでLiaが再登場。先ほどのLiaの「時を刻みに来た」というフラグを回収され、ついにLia×fhánaの「時を刻む唄」のコラボが実現した。そもそもfhánaというユニットは『CLANNAD』を愛する“鍵っ子”のメンバーが集結して生まれたという経緯がある。従って、Liaとtowanaが並んでアニメ『CLANNAD~AFTER STORY~』のOPテーマ「時を刻む唄」を歌うというのは、fhánaにとっては歴史的な事件だったであろう。

int-160913-001-c003

大橋彩香はアニメ『コメット・ルシファー』EDテーマの2曲、「おしえてブルースカイ」「裸足のままでもこわくない」。2曲目はトロッコに乗っての歌唱だった。歌に感情を込めた表現のうまさが光る。でもMCになると途端にいつもの“へごちん”になってしまうのはご愛敬。

int-160913-001-c018int-160913-001-c015

続いて登場の高垣彩陽はスフィアとしては何度も出場経験があるが、ソロでは今回が初出場。アニメ『戦姫絶唱シンフォギアGX』EDテーマ「Rebirth-day」で、スフィアとは一味違うソロでの魅力を見せた。ちなみに昨年のアニサマでは、はしゃぎすぎて捻挫したのに気付かなかったという。

int-160913-001-c016

そしてこの日のひとつの山場となった高垣彩陽×早見沙織feat.佐藤純一(fhána)のコラボが実現!もちろん、高垣×早見のコラボというのは2日目のメンバーから予想できたし期待もされていたのだが、『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に』挿入歌「Komm, süsser Tod~甘き死よ、来たれ」という選曲が絶妙だった。クラシックや洋楽のカバーを得意とする高垣に、ジャズも歌いこなす早見という声優の枠を突き抜けた歌唱力を持つふたり。そこに佐藤のピアノが加わり、その魅力を最大限に引き出したのだった。

int-160913-001-c010int-160913-001-c008

SCREEN modeは「心に火を灯す」のがテーマといい、観客に赤いサイリウムを点灯させた。赤く染まった中で「ROUGH DIAMOMDS」を熱唱。次はTRUEが再登場し、今度は「Divine Spell」を激しく歌い上げた。OxTは「Clattanoia」「STRIDER’S HIGH」の2曲。MCでも大いにウケていた。

int-160913-001-c020

二度目の出場となる声優・内田真礼はデビュー曲「創傷イノセンス」と新曲「Resonant Heart」のメドレーを披露。「創傷―」では「私の刻は私がキメる」とセリフがかっこよくキマっていた。そして続く「ギミー!レボリューション」はすっかり定着した「レスキュー!」コールで観客が一体となった。

int-160913-001-c021

鈴木このみはなんと15歳の時以来、5年連続の出場というアニサマの申し子。今年は10代最後のアニサマとなる。11月には千葉・幕張メッセイベントホールでライブを行う予定で、すっかり人気アーティストとしての地位を築いている。アニメ『Re:セロから始める異世界生活』OPの「Redo」では堂々たるパフォーマンスも見せていた。

残す出演者はLiSA……と思いきや、ここでGirls Dead Monsterが復活というサプライズが!アニメ『Angel Beats!』の劇中に登場したバンドで、LiSAの原点ともいえる“ガルデモ”。もちろんmarinaも登場して、ふたりで「Crow Song」を熱唱した。この日はKey作品の曲が4曲も飛び出し、“鍵っ子”には涙ものの一日となった。

int-160913-001-c005

途中のMCではLiSAが6年分のアニサマの思い出を振り返り、声を詰まらせる場面も。そして「ここで生きたシルシを忘れないでください」と語ると、万感の想いを込めてアカペラで「シルシ」を歌い始めたのだった。

int-160913-001-c006

エンディングでは石田燿子が「『乙女のポリシー』の生みの親と二十数年の時を超えてアニサマに帰ってこれた」と感慨深く語った。高垣彩陽は「アニサマはリレーのようなもの」と言っていたが、各世代のアーティストがバトンをつなぐように歴史を紡いでいくのがアニサマ。そして、この日のガルデモのように、アニサマという場で再び還ってくることもあるわけだ。最後はLiSAがリードして、1日目と同様に「PASSION RIDERS」を出演者全員で歌って幕を閉じた。

Text By 金子光晴

“Animelo Summer Live 2016 刻-TOKI-”2日目
2016年8月27日(土)
セットリスト

M-01 We Are B.B.クィーンズ~おどるポンポコリン / B.B.クィーンズ with B応P
M-02 はなまるぴっぴはよいこだけ / A応P
M-03 全力バタンキュー / A応P
M-04 Yes! BanG_Dream! / Poppin’Party from BanG Dream!
M-05 STAR BEAT!~ホシノコドウ~ / Poppin’Party from BanG Dream!
M-06 DREAM SOLISTER / TRUE
M-07 トゥッティ! / 北宇治カルテット
M-08 Bravely You / Lia
M-09 鳥の詩 / Lia
M-10 やさしい希望 / 早見沙織
M-11 ブルーアワーに祈りを / 早見沙織
M-12 Checkmate!? / MICHI
M-13 Hey!カロリーQueen / 竹達彩奈
M-14 ライスとぅミートゅー / 竹達彩奈
M-15 流星ドリームライン / プラズマジカ(SHOW BY ROCK!!)
M-16 青春はNon-Stop! / プラズマジカ(SHOW BY ROCK!!)
M-17 それが声優! / イヤホンズ
M-18 あなたのお耳にプラグイン!~乙女のポリシー / イヤホンズ with 石田燿子 feat. 永井ルイ
M-19 Steppin’ out / FLOW
M-20 BURN / FLOW
M-21 風ノ唄 / FLOW
M-22 GO!!! / FLOW
M-23 虹を編めたら / fhana
M-24 calling / fhana
M-25 時を刻む唄 / Lia×fhana
M-26 おしえてブルースカイ / 大橋彩香
M-27 裸足のままでもこわくない / 大橋彩香
M-28 Rebirth-day / 高垣彩陽
M-29 Komm, süsser Tod~甘き死よ、来たれ / 高垣彩陽×早見沙織 feat.佐藤純一(fhana)
M-30 Naked Dive / SCREEN mode
M-31 ROUGH DIAMONDS / SCREEN mode
M-32 Divine Spell / TRUE
M-33 Clattanoia / OxT
M-34 STRIDER’S HIGH / OxT
M-35 創傷イノセンス~Resonant Heart / 内田真礼
M-36 ギミー!レボリューション / 内田真礼
M-37 Beat your Heart / 鈴木このみ
M-38 Love is MY RAIL / 鈴木このみ
M-39 Redo / 鈴木このみ
M-40 Crow Song / Girls Dead Monster
M-41 Brave Freak Out / LiSA
M-42 oath sign / LiSA
M-43 シルシ / LiSA
M-44 PASSION RIDERS / アニサマ2016出演アーティスト

(C)Animelo Summer Live 2016/MAGES.

関連リンク

この記事を書いた人