「HANAZAWA KANA Live 2022 “Pokerface”」オフィシャルライブレポートが到着!

今年の5月と7月に「HANAZAWA KANA Live2022 ”blossom”」2公演を成功させたばかりの花澤香菜が早くも新たなライブを開催。好評発売中の最新シングル「駆け引きはポーカーフェイス」にちなんで“Pokerface”の名を冠したライブが、9月10日に東京・なかのZERO大ホールにて行われた。

より自由度の高い選曲となっていた今回の公演。開幕はなんと1stアルバム「claire」の1曲目に収録された「青い鳥」から始まり、続く2曲目の「ブルーベリーナイト」は3rdアルバム「Blue Avenue」の収録曲。いきなり懐かしい曲が続いたが、ただ懐かしいだけでなく今の花澤の声で歌われることによってまた違った味わいが感じられ、もちろん初めて花澤の過去のナンバーを聴くという人にとっても新鮮な体験となっただろう。

「今日は『ポーカーフェイスじゃいられないライブ』をテーマに、私もみんなも思わずはしゃいでしまうようなライブができたらなと思っています」と言う花澤。ライブ前半で着ていた白い衣装はクチナシの花をイメージしていたとのことだが、「この服を着ている時点で、もうはしゃいでいます(笑)」とのこと。普段からライブのときは楽しそうな表情を隠さない花澤が、いつも以上にはしゃいでしまおうという今回のライブ。MC明けの3曲目には最新アルバム「blossom」から盛り上がること間違いなしのナンバー「Don‘t Know Why」がセレクトされ、会場のテンションをさらにもう一段階押し上げた。

「駆け引きはポーカーフェイス」のカップリング曲「運命の扉」まで歌ったところで一息ついて、中盤の「GSSP」からは落ち着いた雰囲気の楽曲が続き、ファンもいったん着席して花澤さんの歌声にゆっくりと耳を傾ける。「YESTERDAY BOYFREIND」で見せる大人っぽい愁いを帯びた表情は、ここまでMCを含めてはしゃぎっぱなしだった人とはまるで別人のようで、そんなギャップにも思わず引き込まれてしまう。「青い夜だけの」はアコースティックバージョンで演奏され、秋の訪れを感じる季節にぴったりだった。

MCでは「はしゃいだこと」や「ポーカーフェイス」をテーマに、さまざまなエピソードトークを展開。その中で一つ気になったのは、自撮りが苦手だという話。どうしても変に意識をしてしまい、いつも不自然なくらいポーカーフェイスな表情になっているらしい。「このライブ終了後に上げる自撮りはポーカーフェイスじゃない自撮りをしてみるね」とファンに約束した花澤だが、はたしてその結果は……? ぜひ花澤香菜公式Twitterをチェックしてみてほしい。

「Merry Go Round」からライブは再びはしゃぐパートへと移り変わり、後半戦の幕開けとなる「駆け引きはポーカーフェイス」からは和服の衣装に着替えてパフォーマンスする。この「駆け引きはポーカーフェイス」は放送中のTVアニメ「それでも歩は寄せてくる」のオープニングテーマで、歌唱中にはアニメの映像がバックで流れていた。これには花澤さんも「タイアップをやらせていただくって、こういうことよね!」と大喜び。また、アニメ本編にはマキ役で出演している花澤。9月10日時点で最終回も間近だが「まだ間に合いますので見てくださいね」と作品のPRも欠かさなかった。

後半から終盤にかけて「Nobody Knows」「ユメノキオク」「SHINOBI-NAI」「息吹 イン ザ ウィンド」「We Are So in Love」と5曲続けて披露。この間ずっとはしゃぎっぱなしなのだから、花澤さんはすっかりテンションが上がりまくりなのだろう。もちろん自分だけがはしゃいでいるのではなく、一緒に手を振ったり、手を挙げたり、会場のファンと一体になってはしゃぐ姿が印象的だった。そして「恋する惑星」から、ラストナンバーは「星空☆ディスティネーション」。ここでは花澤からのお願いで客席のファンが各自のスマホのライトを照らし、そこに浮かび上がった星空を眺めながら想いを込めて歌っていた。

アンコールで歌ったのは、カバーソングプロジェクト「CrosSing」の中でカバーして話題となったTVアニメ「化物語」エンディングテーマ「君の知らない物語」。声の出せない状況下ゆえ会場から大きな歓声が上がることもなかったが、まさかのサプライズにきっとファンの心の中ではどよめきが起きていたに違いない。なお、花澤自身は「調子に乗って歌ってしまいました」とのことだったが、この難曲をライブで歌いこなすのはさすがにきつかったとのこと。それでも何とかファンの前で歌いきったことに満足そうな表情を浮かべる花澤。気づけばライブ開始から2時間半という時間があっという間に経過していて、最後は「はしゃぎまくろうぜ、みんな!」と呼びかけ「Moonlight Magic」でさわやかに締めくくった。

文:仲上佳克 写真:KOBA

<セットリスト>
M.01 ⻘い鳥
M.02 ブルーベリーナイト
M.03 Don’t Know Why
M.04 You Can Make Me Dance
M.05 スパニッシュアパートメント
M.06 運命の扉
M.07 GSSP
M.08 YESTERDAY BOYFRIEND
M.09 ⻘い夜だけの
M.10 Merry Go Round
M.11 LOVE IS WONDER
M.12 駆け引きはポーカーフェイス
M.13 Nobody Knows
M.14 ユメノキオク
M.15 SHINOBI-NAI
M.16 息吹 イン ザ ウィンド
M.17 We Are So in Love
M.18 恋する惑星
M.19 星空☆ディスティネーション
EN.01 君の知らない物語
EN.02 Moonlight Magic

<バンドメンバー>
【Destinations】
Guitar/Band Master:北川勝利(ROUND TABLE)
Guitar:山之内俊夫
Bass:千ヶ崎学
Keyboards:末永華子
Drums:多田涼馬
Manipulator / Percussion:毛利泰士

セットリストプレイリストはコチラ

関連リンク

花澤香菜 オフィシャルファンクラブ「Destination Club」
https://hanazawakana-fc.com/

花澤香菜オフィシャルサイト
http://hanazawa-kana.com/

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人