【インタビュー】少女たちの成長に驚く、準備はよろしくて? Lyrical Lily、1stアルバム『Lyrical Anthology』を語る

DJをテーマにしたメディアミックスプロジェクト「D4DJ」。そのなかに登場する、お嬢様学校に通う4人組の高校生ユニット・Lyrical Lilyの1stアルバム『Lyrical Anthology』が、6月29日(水)にリリースされた。結成から2年の間に生まれた、文学作品をモチーフにした数々の楽曲に加え、ミドルテンポの爽やかなデジタルポップに仕上がった新曲「ライム畑でつかまえて」も収録。本稿ではリリースにあたって、メンバーの反田葉月(桜田美夢役)・深川瑠華(白鳥胡桃役)・渡瀬結月(竹下みいこ役)へのインタビューを敢行。結成からの2年間を振り返りつつ、新曲を含めアルバム全体についてじっくりと語ってもらった。

リリリリとしての2年間で感じた、“成長”と“自立”

――アルバムのお話の前に、まずは最初の楽曲を発表されてから2年間のLyrical Lilyとしての活動を振り返っていただけますでしょうか。

反田葉月 Lyrical Lilyは「D4DJ」の6ユニット中一番遅く結成したので、最初はとにかく先輩の背中に着いていって必死に走っていく……というユニットだったと思うんです。でも最近では「D4DJ」として初の舞台を上演できたりと、背中を追うだけじゃなくてLyrical Lilyからも新しいものを発信できるようになってきたところは、すごく成長したところだなと感じています。

反田葉月

渡瀬結月 「自立できるようになった」っていう感じだよね。7月からは私たちの冠番組「23時にLyrical Lilyハウスでよろしくて?」も始まるので、「冠番組までできるようになったかぁ……」って思うんです。はーちゃん(反田)が言っていたように、皆さんの背中を追いかけていたところから徐々に自分たちで何かをできるようになってきたというところに、私もすごく成長を感じますね。

渡瀬結月

深川瑠華 先日も“メ~テレアニソンLIVE”に出させていただいたりと、「D4DJ」以外のイベントにも呼んでいただけるようになりました。しかも、今までと違って私たちを知っている方が100%じゃない……というかどちらかといえば少ないはずなのに、お客さんが私たちのパフォーマンス中にペンライトを振ってくれて。初めて聴く曲もあったはずなのにノってくれたり、その光景がすごく素敵でした。

深川瑠華

反田 終演後にSNSを見ても、「初めて観たけど、ワンマンとか次のライブがあったら行きたいな」みたいな嬉しい言葉をたくさんいただいて。「頑張って良かったな!」って思ったよね。

渡瀬 うん!

――皆さんは2年前には、キャラクターとして歌うということも初めての経験だったと思います。なので、ただ歌うのとは違う難しさみたいなものも乗り越えてこられたのでは?

反田 そうですね。「汚れっちまった悲しみの色」のレコーディングがLyrical Lilyとしての最初のお仕事だったんですけど、そのときはまだキャラ指定みたいなものがなかったんだよね?

渡瀬 うんうん。

反田 だから私、まだ桜田美夢ちゃんの声がどんなものなのかまったくわからず、どうしたらいいのかもわからないまま録ったので、ラストのセリフが最近の曲の感じと全然違って、“私”がまだ残ってるような感じなんですよ。でも、この2年間で特別何かを練習したわけではないので、だんだんキャラに入っていけるようになったことで生まれた違いなんじゃないかなと思います。2人はどう?

渡瀬 私も「汚れっち」「(汚れっちまった悲しみの色)の略称)のときは「自分らしく歌って」と言われたんだけど、その“自分”が“「竹下みいこ」としての自分”なのか“「渡瀬結月」としての自分”なのかがわからなくて。それで「真っ直ぐ歌おう!」と思って歌ったものが、音源になっているんですよ。その真っ直ぐ突き刺すような歌声から、徐々に柔らかくて、張るよりもちょっと抑えめな感じにかわいく歌おう……と意識をしていくようになったので、多分最近の曲と「汚れっち」は、全然違う歌声になってるなって自分でも思いますね。

深川 (白鳥)胡桃ちゃんは基本「明るく」「元気!」という感じの子なので、その曲をキラキラさせられるように全部明るく元気に……というオーダーをいつもいただくんです。そこに到達するまでの時間が、レコーディングをするごとにどんどん短くなってきて、最近では最初のほうから「良いテイク録れたね」と言ってもらえることが増えたんですよ。だから私も、「胡桃ちゃんのことがわかってきたのかな?」と思います。

――逆に、今日いらっしゃらない進藤あまねさん(春日春奈役)は、すでにほかの作品を通じてキャラクターとして歌う経験をお持ちでした。

反田 そうですね。私はセンターだし最年長なんですけど、あまちゃん(進藤)がずっと先頭に立ってみんなを引っ張ってくれていて。その両隣で手を繋いでいるのがこの2人で、後ろを支えるのが私……みたいなポジションになっているんです。ガッツを持って先頭に立ってくれるところはすごくありがたいですし、私もあまちゃんのそういうところをリスペクトしています。

渡瀬 それこそ“メ~テレアニソンLIVE”のときは、共演した皆さんが大先輩の方々ばかりで挨拶のときもすごく緊張しちゃったんですけど、あまちゃんが最初に行ってくれたんだよね。

反田 あと、このメンバーってみんな努力しているところを見せないタイプだと思っていて。最近は舞台もあってずーっと一緒にいるんですけど、頑張っている部分を見ないのに、翌日のみんなは絶対に上達しているんです。そこにもきっと、あまちゃんの影響があるんでしょうね。あまちゃんはほかのコンテンツもあって一番忙しいはずなのに、「辛い」と言わずに常にポジティブなので、そういう姿からも刺激をもらっています。

進藤あまね

――さて、今回『Lyrical Anthology』のA ver.には1stワンマンライブ“準備はよろしくて?”の模様が収録されます。

渡瀬 あのときはまず……雨がすごかった(笑)。

反田 そうだね(笑)。とにかく私たち、天候に恵まれないことが多くて。

渡瀬 配信でお披露目ライブをした日も、帰り際とか雷鳴ってたよね!?

深川 鳴ってた(笑)。

渡瀬 で、例に漏れず1stも……。

反田 しっかり嵐。あと、ライブ自体も初めての私たちだけでのライブだったので、セットリストが過去イチ長かったんですよ。

渡瀬 たしかに。今までにないくらいの曲数をやったよね。

反田 だから練習は「覚えられるのか?」からのスタートだったんですよ。立ち位置も全部違いますし、繋ぎをみんなで考えたりもして。あとカバー曲は自分たちで振付を考えないといけなかったというのもあって、パフォーマンス的にチャレンジの多いライブした。

渡瀬 あとは、体力面も。

深川 うん。特に私、体力面が本当に心配だったから……。

反田 でもやる前は「厳しいんじゃないかな?」と思ってたのに、終わってから「いや、これまだいけるわ」って気づいて(笑)。自分たちの限界値が、思っていたよりも先にあった……ということが見えたライブになったんです。そのおかげできっと、そこからさらにパフォーマンスの幅も広がってきていると思います。

深川 あと、「Lyrical Lilyの4人だけで、どれくらいのディグラーさんが来てくれて、どれだけ今の自分たちが盛り上げられるんだろう?」というところもずっと不安だったんですけど、ライブ中にはマスク越しでも、来てくれた皆さんの笑顔が見えた気がして。それも嬉しかったですし、このタイミングでちゃんとライブをできて良かったなぁと思いました。

次ページ:今まで培った魅力と新たな魅力が、共に詰め込まれた新曲

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人