【インタビュー】4th EP「遣らずの雨」でみせた様々な“雨”、そして“楠木ともり”というアーティストの底知れぬ才能と魅力――。

シンガーソングライターとしての優れた資質と豊かな音楽性を併せ持ち、声優業のみならずアーティストとしても大きな注目を集める楠木ともりが、メジャー通算4作目となる新作EP「遣らずの雨」を完成させた。重たいテーマに切り込んだ表題曲からササノマリイとの共作曲まで、様々な“雨”をモチーフに幅広い表現に挑戦した本作は、改めてその才能の底知れなさと音楽に対する愛情の深さ、そして優しさと繊細さが同居する彼女自身のパーソナルの魅力が透けて見える作品となった。楠木ともりが描く“雨”の世界に迫る。

続きを読む

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人