【インタビュー】第2期fripSideのラストアルバム『infinite synthesis 6』に込めた想い――八木沼悟志と南條愛乃が語る13年の歩みとファンへのメッセージ。

八木沼悟志と南條愛乃によるfripSideの第2期ラストを飾るアルバムとなる『infinite synthesis 6』。約13年もの歴史やファンへの想いが詰まったアルバムの制作で、八木沼悟志が南條愛乃へ贈ったプレゼントとは何だったのか――?“Phase2 Final Arena Tour”を控えた2人からのメッセージをお届けする。

ラストを飾るのにふさわしいアルバムに

――『リスアニ!Vol.47.2「fripSide音楽大全」』で、「これが第2期最後のインタビュー」と言ってエモい感じで終わったのですが、このアルバムのインタビューが残っていました(笑)。

南條愛乃 そういえば全然残っていましたね(笑)。

――『infinite synthesis 6』の話を聞かないと終われないぞということで(笑)、第2期最後のアルバムとなる本作、制作するときはどんなお気持ちでしたか?

八木沼悟志 実は当初、このアルバムを作る予定はなかったんですよ。僕が西村(潤/NBCユニバーサルの音楽プロデューサー)さんに頼んで、「アルバム作りましょうよ」って言ったんです。やっぱり第2期の“ケジメ”じゃないけど……。ちゃんとアルバムで最後を、というのはありましたね。もちろん制作を始める当初から、ラストを飾るのにふさわしいアルバムにしないといけないなという気持ちでいました。

――南條さんはアルバムを作るというお話を聞いたときはいかがでしたか?

南條 ラストをどう締め括るかは二転三転していたのですが、「アルバムを出してラストになります」ということになったので、ちゃんと締まって終われる感じがして良かったなと思いましたね。最後に歌詞で何かを残せたらいいなと思っていたので、そういう意味でも、後悔なくやり切ってすっきりとした気持ちでラストを迎えられたらいいなって。

――『infinite synthesis 6』の曲を聴き、様々なアプローチの歌詞を見ると、色々深く考えてしまうところがどうしてもありますね。

南條 そうですね。今までの「infinite synthesis」シリーズは、その時その時のfripSideの旬が詰まっているアルバムだったのですが、今回は「卒業」という意味合いをもっていて、でも「infinite synthesis」シリーズでもあるという。

八木沼 やっぱり最後だから第2期の約13年、原点回帰から最新の僕たちのトレンドまで含めて、全部振り返りたいな、と。それに加えて「こういう曲をやりたい」とか「こういう曲をやり残したな」とかいうのもやっておこうということですね。サブタイトルをつけるとすると、『infinite synthesis 6~Phase 2 Final 卒業スペシャル』みたいな(笑)。

――春の特番みたいですね(笑)。色んな要素が含まれたアルバムの中で、曲名が発表された時点でみんな驚いたのが1曲目「stay with you -ver.2022-」です。これを録り直して、しかもこの曲から始まるという構成にしたのはどういう発想だったのでしょうか?

八木沼 エモいかなと思って(笑)。まだ録音する段階ではこれは最後の曲にしようと思っていたんです。でも、いざ並べてみたときにこれは1曲目でアンセムにしたほうが絶対ハマるなと思って、1曲目にしました。

――なるほど、録ったあとで曲順を変えたんですね。およそ10年前の曲ですが南條さんはいかがでしたか?

南條 まさか1stアルバムで書いた歌詞を、10年の時を経てもう一度歌うとは思わなくて、びっくりでしたね。しかも歌詞もリスナーさんに寄り添うような形で書いていたので、10年前からこのときを予言していたようで(笑)。10年前と今が繋がったことに物語性があるなと思いました。あと、当時は声がピュアピュアなので、今歌えるのかな……というそこはかとない心配が(笑)。でもその違いも楽しんでもらえるんじゃないかと思います。

――ここから「Leap of faith」に流れる展開がものすごくきれいで、ストリングスを使う昨今のfripSideの流れを踏まえたのかなと思ったのですが。

八木沼 アルバム全体の中で1曲目と2曲目と4曲目はストリングスを録っていて、特に1曲目と2曲目は同じストリングスチームなんですよ。なので、音も同じだからすごくシームレスに繋がるんじゃないかと思いますね。

――この1~4曲目の流れの中に「endless voyage」が挟まる流れは、今のfripSideをすごく感じるのですが、この曲の制作はいかがでしたか?

八木沼 「endless voyage」は『Decade』や『infinite synthesis 2』の頃を思い出しましたね。素直なfripSideサウンドではあるんだけど、今乗せられる僕と南ちゃんのエッセンスが乗っているんだと思います。

南條 冒頭の“光溢れている 君と辿りついた場所”という歌詞も、色んな捉え方があると思うんですけど、私の中ではライブステージから見た照明やペンライトが思い浮かんだので、ファイナルライブを意識しながら歌いました。

――また「Your breeze」と「regret」はsatさん(八木沼)のfripSide以前の曲となるんですね。

八木沼 そうですね。僕が昔やっていたユニットがあって、そのときに作った曲だから、25歳くらいですかね。「eternal pain」という曲(『infinite synthesis』収録)でもやったんだけど、それと同じです。この2曲もいつかは南ちゃんに歌ってもらいたいなとずっと思ってたんだけど、やらないままここまできちゃったので、どうしてもと思って今回実現しました。

――この2曲は少しテイストが違う曲ですが、南條さんとしてはどんなアプローチをされましたか?

南條 最近の曲と比べると息継ぎがすごく少なくて、昔作った曲だと聞いて、「なるほど、そういう変化もあるんだ」と思いました。初期に作った曲だと知らなかったので、「Your breeze」の歌詞の“若かったね 僕も君も”“学校帰り遅くまで”って、すごい若いところまで遡って歌詞を書かれたんだなと思ったんですけど(笑)、20代前半くらいに書いたと聞いて、当時はそんな遠い過去でもなかったんだなと思ったりして。fripSideで“学校”というのはあまりないワードなので、新鮮でしたね。

次ページ:ファンには笑顔でいてほしい

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人