【ライブレポート】高野麻里佳待望の初ワンマンライブ“高野麻里佳 1st LIVE ~夢みたい、でも夢じゃない~”第二部レポート

今をときめく声優、高野麻里佳が2部構成の1stライブを1月10日に開催した。歌手活動の始まりは2015年、アニメ『それが声優!』のキャストで結成したイヤホンズ(他メンバーは、高橋李依、長久友紀)で、以降、イヤホンズとしてシングルやアルバムをコンスタントにリリースし続けてきており、2016年には“Animelo Summer Live 2016 刻-TOKI-”のメインステージにも登場。2018年からは、今や世間を席巻するコンテンツとなった『ウマ娘 プリティーダービー』プロジェクトでメインキャラクターの一人、サイレンススズカ役としての活躍が始まる。同コンテンツでは、“Animelo Summer Live 2018 “OK!””に出演のほか、2021年の年末年始には他キャストと共に数々の大型歌番組に出演を果たした。
そんな2021年は、満を持してのソロデビューイヤーでもあった。その約1年後にあたる2022年2月23日に1stアルバム『ひとつ』のリリースも予定されているように、まさに快進撃を続ける彼女が、どのような輝きを見せるのか、期待の視線が集まった初ソロライブであった。緊張も解けて一層華やいだ第ニ部のステージについて、各楽曲の解説を行ったアフタートークの内容を織り交ぜながら振り返っていきたい。続きを読む

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人