【撮りおろしインタビュー】木村良平に聞く「アオペラ -aoppella!?-」に対する想いや、ウィンターソング「リルリルHappy!」。そして、“アカペラの魅力”とは――?

「青春」×「アカペラ」純度100%の最強ボイスエンタテインメント「アオペラ -aoppella!?-」(以下、アオペラ)。アカペラに魅了された2つの学校の高校生11名がアカペラコンテスト「アオペラ」で高みを目指すという音楽原作プロジェクトが、今年3月からスタート。

オフィシャルYouTubeでは、オリジナル曲のみならず、J-POPカバーやボイスドラマを展開。プロジェクト初となるMVでは、私立奏ヶ坂中学高等学校メンバーがKing Gnuの「白日」、都立音和高校のメンバーがOfficial髭男dismの「Pretender」を歌唱し、現在455万回再生を記録するなど、その注目度の高さは数字からも明らかである。

アニメ/音楽ファンの間にアオペラ旋風が巻き起こるなか、2022年2月10日(木)に3rdCD がリリースされる。本作に収録される都立音和高校のアカペラ部「リルハピ」が歌う「リルリルHappy!」を手がけたのは、アカペラコーラスグループ・RAG FAIRの引地 洋輔、土屋 礼央だ。

心地良いリズムとフィンガースナップに合わせて思わずスキップをしたくなるような、ウィンターソング「リルリルHappy!」。キラキラと輝きを灯すハーモニーは冬の街並みにもよく似合う。今回、都立組のアカペラ部部長兼バンドリーダー・鈴宮 壱役を演じる木村良平に、「アオペラ」に対する想いや、「リルリルHappy!」について話を聞いた。

●「アオペラ -aoppella!?-」小野友樹(是沢舞斗役)インタビューはこちら
続きを読む

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人