【オールラインナップまとめ】日本武道館にて3DAYS開催される“リスアニ!LIVE 2022”、全アーティスト一挙紹介!

来年1月21日(金)・22日(土)・23日(日)に日本武道館にて開催される“リスアニ!LIVE 2022”。

アニメ音楽誌「リスアニ!」が2010年よりプロデュースする音楽フェス“リスアニ!LIVE”の12回目となる今回も、出演アーティストの演奏はすべて生バンドでお届け。前回に引き続き、リアル開催に加えオンラインでの生配信も実施予定だ。

チケット最速先行受付の詳細はこちら

今回は、全19組の出演アーティストを一挙紹介!

●1月21日(金)“FRIDAY STAGE”
●1月22日(土)“SATURDAY STAGE”
●1月23日(日)“SUNDAY STAGE”

“リスアニ!LIVE”の3DAYS開催は、2年前に開催された“リスアニ!LIVE 2019”以来。過去の3DAYS開催の初日の金曜日は、“2017”にLiSA×kalafina(対バン企画)、“2018”に茅原実里×中島愛×水瀬いのり(声優アーティスト企画)、“2019”にはPENGUIN RESEARCH×May’n×LiSA(ROCK企画)などが行われてきた。

1月21日(金)“FRIDAY STAGE”

今回の1月21日(金)“FRIDAY STAGE”には、CHiCO with HoneyWorks、BURNOUT SYNDROMES、fhánaの3組が出演する。

CHiCO with HoneyWorks

2013年に開催された第1回「ウタカツ!オーディション」でグランプリに輝いた“CHiCO”と、動画投稿サイトでの総再生回数が7億回を超えている人気クリエイターチーム“HoneyWorks”によるコラボユニット。YouTubeやニコニコ動画などにアップされたシングル&アルバム収録楽曲のMV総再生回数は、デビューシングル「世界は恋に落ちている」の6,600万回を筆頭に、驚愕の3億回を突破している。

数々の人気アニメの主題歌を担当し、最新曲であるTVアニメ『BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS』OPテーマ「我武者羅」まで、15枚のシングルと3枚のアルバムをリリース。
“リスアニ!LIVE”へは6年連続、6度目の出演となる。

BURNOUT SYNDROMES

熊谷和海(g、vo)、石川大裕(b、cho)、廣瀬拓哉(ds、cho)の三人からなる2005年結成の青春文學ロックバンド。日本語の響き、美しさを大切にした文學的な歌詞が特徴。

2010年、TOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」主催イベント“閃光ライオット”に出演し、準グランプリを獲得。結成10周年となる2016年にシングル「FLY HIGH!!」でメジャーデビュー。以降、現在に至るまで6枚のシングルと4枚のアルバムをリリースし、『ハイキュー!!』シリーズ、『銀魂.銀ノ魂篇』『Dr.STONE』など数々のアニメ主題歌を担当している。
“リスアニ!LIVE”へは初出演となる。

fhána

佐藤純一を中心に、yuxuki waga、kevin mitsunagaという男性3名のサウンドプロデューサーと、女性ボーカリストのtowanaによる四人組バンド。2013年にTVアニメ『有頂天家族』ED主題歌「ケセラセラ」でメジャーデビュー。

以降、2021年7月にリリースされた最新作「愛のシュプリーム!」(TVアニメ『小林さんちのメイドラゴンS』OP主題歌)に至るまで16作品ものアニメで主題歌の担当を果たし、それぞれの作品の世界観に寄り添いながらも豊かな音楽性を提示し続けている。バンド活動以外にも、各メンバーは他アーティストへの楽曲提供、プロデュース、執筆活動など多岐に渡って活動の幅を広げ、日本国内だけでなく海外でのライブも積極的に行っている。
“リスアニ!LIVE”へは2017年以来3度目の登場となる。

次ページ:1月22日(土)“SATURDAY STAGE”

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人