作詞・作曲を手がけた全4曲で見つめ直した自分自身の感情、思考――。楠木ともり、2nd EP「Forced Shutdown」リリースインタビュー

ライブでのファンの笑顔に触れて生まれ変わった「アカトキ」

――3曲目の「アカトキ」は、インディーズ時代の楽曲をリアレンジして再レコーディングしたもの。歌詞は声優の鳴海夏音さんと共作されていますが、元々どんなイメージで作った楽曲ですか?

楠木 夏音ちゃんと一緒に曲を作りたいという話になって、まず夏音ちゃんに「どういうことを書きたい?」っていうインタビューをしたんです。なので曲の内容的には、主に彼女の考えていることが主軸になっていて、自分への応援ソングというか、「ポジティブに自分を更新していこう」というのがテーマになっています。彼女に引っ張られて、ほかの曲よりもポジティブな視点が多かったりするので、共作の面白さが出ていると思います。

――この曲も夢を追いかける人を後押しするようなナンバーですよね。歌詞は1番を楠木さん、2番を鳴海さんが書かれたとか。

楠木 まず私が1番の歌詞とメロを書いて、「これを枠組みに作ってみて」っていう感じで2番を書いてもらったんですけど、内容に関しては全然すり合わせをしていなくて、お互いに書きたいことを書いたので、歌詞のテイストの違いも面白いと思います。1番はなんとなく落ち着いているけど、2番はビックリマークが入ってたりして。それぞれの個性が出ているけど、夏音ちゃんが1番の歌詞を意識して書いてくれたので、統一感のある内容になりました。

――サビの“アップデートしていこうよ”というフレーズがキャッチーで、思わず口ずさみたくなります。

楠木 これは夏音ちゃんにインタビューしていたときに、ふと浮かんだフレーズなんです。この曲のテーマとして大事にした方がいいかもと思っていたら、いつの間にかトレードマークのようになっていました。

――今回のリアレンジに際し、ストリングス、ホーン、パーカションなどの生音を中心としたソウルフルなサウンドになって、すごくゴージャスになりましたね。

楠木 前のバージョンは夜が似合う落ち着いた曲調だったんですけど、ライブで繰り返し歌ううちに、みんなで歌ったり、クラップをしたりして楽しめる曲だということを、お客さんに気付かせていただいたんです。ステージから見る皆さんが笑顔で、キラキラした目で楽しんでくださっているので、その表情をどうしても楽曲に落とし込みたくて。その景色を一緒に見てくださっている多田(三洋)さんに改めてアレンジをお願いしました。ピアノはあえて打ち込みにしてもらったのですが、それ以外は全部生音で、すごくリッチなアレンジにしていただきました。

――ピアノだけ打ち込みにしたのはなぜですか?

楠木 曲自体がR&Bっぽい大人なテイストで、楽器の数も多くてリッチなので、ピアノも生音にすると大人っぽくなりすぎて、歌詞の瑞々しい雰囲気から離れちゃうかなと思ったんです。それと最近、ピアノが弦を打つ音をリズムのアクセントとして使っていたり、あえてタテ感を意識して複雑なメロディをたくさん入れることで、パーカッション隊を引っ張るようなピアノの使い方をしているサウンドが多いなと思っていて。

――たしかに。YOASOBIの楽曲とかはそういう印象が強いですね。

楠木 この曲は若い方にもたくさん聴いていただきたいので、より耳馴染みのあるサウンドにしたくて、ピアノをあえてタテがはっきりと出る、いわばあまり表情のない無機質なテイストにしたくて、あえて打ち込みでお願いしました。

――そこまで考えられてのことだったのですね。個人的には、楠木さんは以前にライブでORIGINAL LOVEの「接吻」をカバーされていたこともあって、ORIGINAL LOVEに通じるグルーヴ感を感じました。

楠木 全体を通して聴くと、大人世代の方にもグッときてもらえると思いますし、幅広い世代の方にフィットするアレンジになればいいなと思っていました。

次のページ:感謝や決意の気持ちを伝えるバラード「バニラ」に込めた本当の願い

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人