古川 慎「MAKOTO FURUKAWA Streaming Kinema “from fairytale”」オフィシャルレポート到着!

2020年12月23日にリリースされた古川慎の1st ALBUM『from fairytale』。異国感溢れるサウンドがモダンでスタイリッシュに、それでいてエモーショナルな一枚に。そんなアルバムに込められたのは、彼が歌で紡ぐ“おとぎばなし”。そのアルバムの世界を存分に表現する古川慎の配信ライブ「MAKOTO FURUKAWA Streaming Kinema “from fairytale”」が開催された。

ライブのスタートを待つ映像はまるでレビューショウを見せてくれそうな、ノスタルジックさもある深紅の緞帳が掛けられたイラスト。ジャジーにアレンジされた古川の楽曲がインストとなって流される中、ライブがスタート。会場は大正ロマンのオペラハウスのような佇まいの東京キネマ倶楽部。チケットカウンターに到着したところで、古川の出迎えを受ければ、そこからフロアへ。緞帳が開いて、バンドメンバーと古川がステージに立つ。さぁ、ライブのはじまりだ。

幕開けは「切嵌とfairytale」。躍るピアノの音と躍動するビートとで彩られたアッパーでドラマティックなジャズロックナンバーを色香たっぷりに聴かせる古川。ホーンの音も華やかで、アルバムの世界観を象徴する一曲でライブはスタート。コンセプチュアルなアルバムの雰囲気のままライブは「miserable masuquarade –Re:andante-」へ。デビュー曲をアルバムの世界観で染め、色彩感豊かで艶のある古川の音楽を凝縮したようなバージョンで聴かせる一曲は、ピアノとホーンの音、そして楽曲の体温を刻むような印象的なベースラインとで紡がれる。そんな楽曲を古川は情感たっぷりに聴かせた。画面に道化師のマスクや三日月、トランプといったカードが舞っての「道化師と♠(sadness)」ではバンドのメンバーが紹介され、ジャジーな演奏の中で各楽器のソロ演奏も聴かせた。まるでジャズバーで音楽を楽しむような雰囲気あるこの曲は、会場とオーディエンスとを繋いで一つにしていた。

「みなさん、こんばんは!配信というかたちで1stライブを見ていただく運びになったことは不思議な感じですけれど、これはこれでありではないかとも思っています。もちろん目の前でノっているみなさんを見たかったという想いもあるんですが、配信だからこそ出来るお遊びもふんだんに取り入れたライブになっています!」
今、この瞬間に観客の声が聞こえていなくても、それでもカメラの向こうの観客に届けていくので、楽しみながらパワーを送って欲しいと話す古川。この夜のライブはステージだけではなく雰囲気のある会場のあちこちで歌いたいのだとか。どんなライブになるのか、楽しみになったところで、「今日一日、楽しみましょう」と笑顔を見せた。

ピアノが爪弾く美しい旋律に聴き入ったところで画面に星が瞬く中で、フォークロワ調の「スピカ」のイントロが響き出す。異国のホテルのロビーのような、旅行鞄が詰まれた場所に置かれたアンティークのソファに座る古川。これからどこか旅へと出るような雰囲気の中で情熱的な歌声を紡いでいく。ソファから立ち上がり、歩きだした彼がバンドのいるステージを見つめれば、どうやらここが2階席であることがわかる。オペラの劇場のような会場の空気までも伝える演出だった。今度はバンドも移動。階段の上に作られたサブステージから、アコースティックセットでの「地図が無くても戻るから」。カホンとベースのビートにピアノ、そしてアコースティックギターと歌。シンプルだからこそ届く楽曲に宿る強い想い。セピア色の画面には地図も映し出され、楽曲の世界観をノスタルジックに彩りながら届けた。

次ページはこちら

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人