劇中バンド“ギヴン”が『映画 ギヴン』の劇中歌を含むミニアルバムを8月26日リリース!キヅナツキ描き下ろしの新アー写&ジャケ写も公開!

2020.07.30

原作者のキヅナツキがプロデュースし、昨年放送された人気アニメ『ギヴン』に登場するバンドがリアル世界にデビューして話題となったアーティスト“ギヴン”の新作リリースが明らかとなった。

タイトルは「gift」。 8月22日公開の『映画 ギヴン』の劇中歌(タイトル未発表)を含むミニアルバムとして8月26日に発売される。同TVアニメのEDテーマとなった「まるつけ」、同じく劇中歌となり配信ランキングで1位を記録した「冬のはなし」を含むミニアルバムで、この他に未発表の新曲も2曲収録された作品となっている。

2形態での発売を予定しており、まだ公開されていない「まるつけ」のMusic Videoと同映画の特報が収録されたBlu-ray Discがどちらにも付属されており、完全生産限定盤はキヅナツキ監修のオリジナル・Tシャツが付いた豪華BOX仕様となっている。

“ギヴン”は佐藤真冬役の声優・矢野奨吾がヴォーカルを務め、全曲の作詞・作曲・編曲をTVアニメに続き今回も主題歌を担当するセンチミリメンタルが行う。

また、今回の映画の中で公開となるタイトル未発表となっている劇中歌も同様にセンチミリメンタルが手掛けており、こちらも注目だ。

同作品は、ノイタミナ初のBLコミックアニメ化となったキヅナツキ原作による「ギヴン」(新書館「シェリプラス」にて連載中)の映画版として制作されたもので、2019年7月11日よりTVアニメの放送が開始となり、SNSを中心に「青春×バンド×BLの組み合わせが最高!」「音楽と映像がエモすぎる!」「登場人物たちの日常にキュンキュンする!」と女性層をメインに瞬く間に口コミが広がり、各話放送後にtwitterトレンドワード入りを何度も果たすなど話題となった作品。TVシリーズでは、高校生の真冬と立夏2人の、切なくて淡い恋がメインだったが、映画では、大人メンバーである、春樹、秋彦と、秋彦の同居人・雨月の苦くて熱い恋がメインに描かれている。


●リリース情報
ギヴンミニアルバム
『gift』
8月26日発売

【完全生産限定盤(CD+BD)】

Tシャツ付BOX仕様
品番:ESCL-5420~1
価格:¥6,000+税

【通常盤(CD+BD)】

品番:ESCL-5423~4
価格:¥2,500+税

<CD>
1.タイトル未発表
2.へたくそ
3.ステージから君に捧ぐ
4.冬のはなし
5.まるつけ
6.タイトル未発表-Instrumental-
7.へたくそ-Instrumental-
8.ステージから君に捧ぐ-Instrumental-

<BD>
まるつけ-Music Video-
『映画 ギヴン』特報

購入者特典
・ギヴン応援店:オリジナルA4クリアファイル
対象店舗はこちら
・Amazon.co.jp:メガジャケ
※数に限りがありますので、無くなり次第終了となります。あらかじめご了承ください。※上記店舗以外での配布はございません。ご了承ください。※特典絵柄は追ってご案内いたします。
※各オンラインショップに関して、カートが公開されるまでに時間がかかる場合がございますので、予めご了承ください。

●作品情報
『映画 ギヴン』 
8月22日(土)公開
配給:アニプレックス

<イントロダクション>
高校生の上ノ山立夏は、佐藤真冬の歌声に衝撃を受け、中山春樹、梶秋彦と組んでいるバンドにボーカルとして真冬を加入させる。真冬加入後初のライブを成功させ、バンド「ギヴン」の活動が始動する中、立夏は真冬への想いを自覚し、ふたりは付き合い始める。一方、春樹は長年密かに秋彦に想いを寄せていたが、秋彦は同居人のヴァイオリニスト・村田雨月との関係を続けていて・・・。スクリーンで、春樹と秋彦、雨月の恋が軋んで動き出すーー!

【STAFF】
原作:「ギヴン」キヅナツキ(新書館「シェリプラス」連載中)
監督:山口ひかる
脚本:綾奈ゆにこ
キャラクターデザイン:大沢美奈
総作画監督:永田陽菜/二宮奈那子
美術設定:綱頭瑛子
美術監督:岡本綾乃/大西達朗
色彩設計:加口大朗
撮影監督:芹澤直樹
CG監督:水野朋也
編集:伊藤利恵
音響監督:菊田浩巳
音楽:未知留
アニメーションプロデューサー:比嘉勇二/秋田信人
アニメーション制作:Larche
主題歌:センチミリメンタル「僕らだけの主題歌」(EPICレコードジャパン)
劇中歌:ギヴン「タイトル未発表」(EPICレコードジャパン)
配給:アニプレックス

【CAST】
佐藤真冬:矢野奨吾
上ノ山立夏:内田雄馬
中山春樹:中澤まさとも
梶 秋彦:江口拓也
村田雨月:浅沼晋太郎

©キヅナツキ・新書館/ギヴン製作委員会

関連リンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人