10周年を迎えた鹿乃、アルバム『yuafen』完成記念インタビュー

アーティスト活動10周年を迎えた鹿乃が、みずからの活動の集大成盤としてアルバム『yuafen』が完成した。「yuafen」とは、「縁、ゆかり。運命の糸で繋がれた仲。」という意味を持つ。資料には、「ある一人の主人公の女の子(鹿乃であり鹿乃ではない)が「縁」の積み重ねで生きてきた・生きている人生を物語のように描く」と記されていた。その真相を、彼女の言葉を通して紐解こう。続きを読む

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人