新人歌手/声優・結城萌子メジャーデビューシングルEP『innocent moon』より第1弾楽曲「散々花嫁」配信開始&ミュージックビデオ公開!!

ワーナーミュージック・ジャパンより8月28日にメジャーデビューする新人歌手/声優・結城萌子のメジャーデビューシングルEP『innocent moon』より、第1弾楽曲の「散々花嫁」が先行配信開始となった。

「散々花嫁」は作詞/作曲に川谷絵音(ゲスの極み乙女。、indigo la End、ジェニーハイ、ichikoro)、編曲にアニメ「けいおん!」シリーズなどで知られるTom-H@ckを迎え、雄大なストリングスと「散々な人生でも嫁に行けばいくらでもやり直せるわ」という歌詞により特徴的な世界観を表した豪華布陣の一曲。

また、配信ジャケットはイラストレーターの高橋潤が手がけており、彩り鮮やかなグラデーションと直線で幾何学的に描かれた花嫁らしき人物のイラストが目に留まる印象的なアートワークとなっている。

さらに結城萌子のYouTubeチャンネルでは、あいみょん「君はロックを聴かない」で知られるミラーレイチェル智恵が監督した「散々花嫁」のMVが公開となった。本MVは無機質な空間に佇む結城萌子の特徴的な顔立ちを深く印象付けるような一作となっている。メジャーデビュー作品となる『innocent moon』はこれまでに川谷絵音・菅野よう子・Tom-h@ck・ちゃんMARIと豪華なクリエイターの参加が発表されているが、まだもう一曲の情報が明らかになっていない。

本人の素性もまだまだベールに包まれたままの新人歌手/声優・結城萌子という存在を次はどのクリエイターが彩るのか、どういった未来が彼女に待っているのか、楽しみに見守りたい。

<結城萌子コメント>
本日リリースとなりました散々花嫁。
強烈なタイトルですね。吃驚しました。
歌詞を頂いた時、「逞しい。でも、どこか弱さを感じる」そんな女性像が思い浮かんだので、レコーディングの際は彼女を意識しながら録りました。
MVでは女性キャストさんに囲んでいただきながら撮影を行いましたが、どんな風に仕上がるのか想像出来ておらず、完成を楽しみにしていました。とてもおしゃれなMVになっているので、音楽もMVも楽しんで頂けましたら幸いです。

<川谷絵音コメント>
結城萌子デビュー曲を書かせて頂きました。誰かの巣立ちに立ち会えるのは光栄だし、僕にとっても普段交わらない方たちと仕事をすることが出来て貴重な経験になりました。彼女がここからどう成長していくのかが楽しみでなりません。散々な人生でもいくらでもやり直せる。だからきっと何でも大丈夫。

<Tom-H@ckコメント>
結城萌子さま!
今回はデビュー誠におめでとうございます!
川谷絵音さん作曲の曲を、萌子ちゃんの雰囲気に寄り添うよう更にアレンジさせてもらいました!
優しくて人としても魅力満点の素敵オーラで突き進んでいってください!これからの活動をとっても楽しみにしております。
散々花嫁、皆さんも是非沢山聴いてくださーい!

<ミラーレイチェル智恵コメント>
撮影前に初めてお会いした際、柔らかく可憐な結城さんの佇まいと可愛らしい仕草につい魅入ってしまうようでした。
力強く先を見据えているような目にも、一つ一つに魅力が詰まっているようです。
可憐って言葉が本当に似合うなと今書きながら、結城さんの様子を思い浮かべ確信しています。


●リリース情報
「innocent moon」
8月28日発売

品番:WPCL-13091
価格:¥1,500+税

<CD>
・「散々花嫁」(作詞/作曲:川谷絵音、編曲:Tom-H@ck)
・「さよなら私の青春」(作詞/作曲:川谷絵音、編曲:菅野よう子)
・「幸福雨」(作詞:川谷絵音、作曲:川谷絵音/ちゃんMARI、編曲:ちゃんMARI)
他1曲を含む、全4曲収録予定

配信情報
「散々花嫁」
2019年7月12日(金)配信開始
DLはこちら

●番組情報
文化放送 超!A&G+「結城萌子のいま、おきました。」
公式YouTubeにてアーカイブが公開中
詳細はこちら

<プロフィール>
結城萌子(ユウキモエコ/Yuki Moeko)
3月31日生まれ。千葉県出身。幼少期より音楽に親しみ、様々な楽器に触れて育つ。特技はフルートで、音楽学科のフルート専攻コースを卒業している。また、物心ついた時からアニメや漫画をこよなく愛し、自然と「いつか自分も演じる側に立ちたい」と思うようになり、声優を志す。2019年1月に公開された劇場アニメ『あした世界が終わるとしても』への出演で本格的に声優デビューを果たす。2018年10月より、文化放送 超!A&G+にてレギュラー番組を約1年務めた。さらに、2019年8月28日にワーナーミュージックジャパンより『innocent moon』で歌手デビューが決定している。

<声優 出演実績>
2019年1月公開 劇場アニメ『あした世界が終わるとしても』(小野寺役)
2019年5月 リーディングライブ「ことだま屋Z 4』
2019年5月 ゲーム『ソフィアコネクタ』(妖狐ウララ役)

関連リンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人