ASCA待望の1st ワンマンライブ“ASCA LIVE 2019 -絶対零度-”レポート

2017年のデビュー以降、『Fate/Apocrypha』や『グランクレスト戦記』といった人気アニメのOP/EDテーマを次々に担当。今年に入ってリリースされた『ソードアート・オンライン アリシゼーション』の第2クールのOPテーマ「RESISTER」がオリコンのデイリー・デジタルシングル(単曲)ランキングで3位を記録したほか、全8ランキングで1位になるなど、いよいよ本格的なブレイクを果たしているシンガー、ASCA。彼女による初のワンマンライブ“ASCA LIVE 2019 -絶対零度-”が、渋谷・duo MUSIC EXCHANGEで開催された。

今でこそ期待の若手シンガーとして注目を集めるASCAだが、彼女はもともと大倉明日香名義で一度デビューするも不遇の時代を過ごし、「その状況を変えたい!」と何も決まっていない状態のまま上京を決意。自らの手で現在までの道をつかみ取ってきたアーティストでもある。そんな彼女がいよいよワンマンライブまでたどり着いたことを伝えるかのように、この日の1曲目はデビュー・シングル「KOE」の収録曲で、自身の上京前/上京後の気持ちともリンクする「転生」をテーマにした「リインカネーション」でスタート。その後も『グランクレスト戦記』EDテーマの「PLEDGE」、「アインソフオウル with Ayasa」「RUST」などで早速会場をヒートアップさせると、VRゲーム『東京クロノス』のEDテーマとなった「Mirage」ではピアノと歌から楽曲をはじめ、歌とバンドの演奏が次第に加速していく。

こうした序盤の楽曲にも顕著な通り、ASCAの楽曲の大きな魅力になっているのは、生のストリングスの流麗な音色とラウドで凛としたロック・サウンドが溶け合うように混ざり合ったエモーショナルな楽曲と、そのサウンドに正面から向き合っても決して負けない魅力を持った彼女自身の力強い歌声の力。中でも人の心の奥底にある感情をぐっと引き出すようなダイナミックで幅の広い感情表現は昨今のアニソン・シーンの中でも特筆すべき魅力を持っていて、その歌声に引っ張られるようにバンドの演奏も観客の声援もぐんぐん熱量を増していく。声の力で会場全体を掌握してしまうような、圧倒的な歌の力が最大の特徴だ。

以降もイントロで観客から大歓声が上がった「偽物の恋にさようなら with分島花音」で会場の両サイドまで広く使って観客を煽ると、MCを挟んで続く「悠遠」からはアコースティック・コーナーへ。アコギに身をゆだね、「サルベージ with EMO Strings」や、「デビューも決まっていない頃にたくさん聴いてカバーしていた曲」として披露した綾香のカバー「はじまりのとき」を披露。その後、「ゼロ地点」としての意味を込めた今回のライブのタイトル『絶対零度-』の由来を観客に伝え、「ずっと光を求めてきた私を、こんなに素敵な場所に連れてきてくれた曲を歌いたいと思います」と告げて『Fate/Apocrypha』の第2クールのEDテーマとなったデビュー曲「KOE」がはじまると、激しいギター・サウンドとダイナミックなストリングスの音色、そして彼女の凛とした歌声で会場がふたたび熱気に包まれる。

以降は「ASCA VSぼくのりりっくのぼうよみ」名義で発表した「Suspected, Confused and Action」のドラムンベースを取り入れた音でライブに変化を加え、観客の手拍子とともに熱量をさらに上げていった「最低な朝と名付けたのは」、「平成でいちばん最高のクラップを見せてくれますか?!」というASCAの呼びかけにフロアがさらに湧いた「グラヴィティ with fox capture plan」など、バラエティ豊かな楽曲を立て続けに披露。そしていよいよ「RESISTER」がはじまると、この日一番の大歓声が会場を包み、観客から自然に手拍子が発生。歌詞に登場する「君」という言葉にあわせてASCAが観客を指差し、ストロボと照明が目まぐるしいスピードでぐるぐると旋回するこの日のライブのハイライトがやってくる。現時点での最新曲がファンが最も待ち望んでいる曲であるということからも、現在のASCAの勢いが伝わってくるような瞬間だった。

本編最後は「『いつかワンマンライブができたら、みんなで盛り上がれる曲を』とSakuさんに作ってもらいました」と紹介して「道シルベ」を披露。最後は人生で初めてのアンコールを受けてふたたびステージに登場すると、伴奏はアコギのみ、照明も中央のものだけが点灯するシンプルな空間の中で、彼女の歌声そのものの魅力を伝えるかのように「ただいま。」を歌い、この日のステージを終えた。

アンコール内のMCでは、2019年7月から放送スタートするTVアニメ『ロード・エルメロイⅡ世の事件簿 -魔眼蒐集列車 Grace note-』のEDテーマを担当することに加えて、自身初の東名阪ツアーの予定も発表。その活動はますます広がりを見せつつある。そんな今のASCAの勢いと、彼女が持つ“特別な歌声”の魅力がひしひしと伝わってくるライブだった。

Text By 杉山 仁

「ASCA LIVE 2019 -絶対零度-」
2019年4月28日(日)渋谷・duo MUSIC EXCHANGE

<セットリスト>
M1.リインカネーション
M2. PLEDGE(TVアニメ「グランクレスト戦記」EDテーマ)
M3.アインソフオウル with Ayasa
M4.RUST
M5.Mirage(VRゲーム「東京クロノス」EDテーマ)
M6.偽物の恋にさようなら with分島花音
M7.悠遠
M8.サルベージ with EMO Strings
M9.はじまりのとき(綾香 カバー曲)
M10.KOE(TVアニメ「Fate/Apocrypha」2nd EDテーマ)
M11.Suspected, Confused and Aciton /ASCA VSぼくのりりっくのぼうよみ
M12.最低な朝と名付けたのは
M13.グラヴィティ with fox capture plan
M14.RESISTER(TVアニメ「ソードアート・オンライン アリシゼーション」2ndクール OPテーマ)
M15.凛(TVアニメ「グランクレスト戦記」2ndクール OPテーマ)
M16.道シルベ
EN1.ただいま。


●ライブ情報
ASCA初の全国ツアー開催決定!
12月1日(日)大阪・THE LIVE HOUSE soma 16:30 OPEN / 17:00 START
12月4日(水)東京・TSUTAYA O-EAST  18:00 OPEN / 19:00 START
12月6日(金)愛知・SPADE BOX 18:30 OPEN / 19:00 START

チケット
前売 ¥4,800(税込)当日¥5,300 ※入場時別途ドリンク代必要
オールスタンディング ※入場整理番号付き
未就学児童入場不可

(C)三田誠・TYPE-MOON / LEMPC

関連リンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人