TVアニメ『からかい上手の高木さん』高木さん役・高橋李依&OPテーマ担当・大原ゆい子スペシャル対談!

『からかい上手の高木さん』でOPテーマを担当する大原ゆい子と、EDテーマを高木さんとして担当する高橋李依。どちらの楽曲も、主人公である女子中学生「高木さん」が作品から飛び出してきたような世界観を持たせるのに成功している。どのようにオープニング&エンディングが生まれたのか、楽しそうに音楽を語るふたりの会話から見えてくる。

死にそうになりながらも2週間めぐらいに歌詞が降りてきて

――歌い出しが印象的なOPテーマですが、あのフレーズが誕生するまでの流れを教えていただけますか?


大原ゆい子
 アニメの曲を作る仕事に関わらせていただいてからは、「求められているものを作りたい」という気持ちがすごくあるので、まずは制作側とお話させていただくようにしています。話してみると、イメージに大きな違いがなくて、メロはポンポンとできていって、この曲でいこうというのは早くに決まりました。ただ、プロデューサーさんたちからサビ始まりの曲がいいと言われたとき、サビでグッと引き込まないと印象が残らないんじゃないかというのが自分の中にあって。導入の歌詞を重要視していたら、かなり時間がかかりました。歌詞をはめるのはいつも苦戦するところなんですけど、ずっといろんな言葉を入れていましたね。“あーたし”とか“生ーまれ”とか。もう死にそうになりながら(笑)。そしたら2週間目ぐらいに「かーんちがい……、あ、“勘違い”?おぉ!?」って。


高橋李依
 おぉ!「勘違い」が下りてきたんですね。

――自身でも会心の出来という感覚ですか?

大原 TwitterでOPテーマの感想を見ていたら、そこのフレーズがいいとつぶやいてくださってる方がいたので「よかったー」って。ちゃんとつかめたのかな、とは思います。

――歌い方も今までに比べるととてもキュートですね。むしろ大原さんの声質に合っていて。

大原 そうですね。かわいく歌ってみようってディレクションがありましたし、自分でも作っているときからかわいい感じで歌いたいと思っていました。カラオケだと、いつもああいう声でアニメソングとか歌っているんですよ。

高橋 へぇー。

大原 だから、自分の中では「言わないけどね。」のが歌いやすい歌い方なので、今までの歌い方とは違う自分の色をちゃんと出せたかな、という気持ちもあります。

――いつも仰っていますが、今回も、詞と曲がアレンジャーの力を借りて曲の顔が変わったという感覚はありますか?

大原 そうですね。吉田(穣)さんには今までに何曲もお願いしていて、ざっくりと言ったことでもしっかり伝わるんです。もちろんディレクターさんやプロデューサーさんからいろいろと聞いているとも思うんですけど。ちょっといたずらっ気のあるリズムをメロディに持たせているのに加えて、うしろのサウンドもちょっと跳ねさせているとか、そういうアレンジが本当に匠の技なので、自分の曲だと思いながらも人の手を借りてすごく素敵なものにしてもらえたと思っています。あとはミュージシャンもそうですね。レコーディングでベースの方が、ちょっと学園っぽいフレーズを弾いてみた、って言っていた部分とか、ドラミングのちょっとはねた感じとか、そういう楽器の力もあって「曲」になるのかな、と思います。

高橋 オープニングとして聴いてはいても、技術的な部分とかどういう楽器が使われているかっていう話は役者の耳には入ってこないので。ホント、知らない世界ですね。

――高橋さんが、「言わないけどね。」を聴いたときの第一印象というのは?

高橋 「ピッタリ」だと感じました!音楽に詳しくない私なんかが言うのはアレですけど。最初に聴いたのはアフレコ前に映像(リハーサルV)をいただいたときで。

大原 そうだったんですね。

高橋 台本を見ながら家でセリフの秒数や場所をチェックしていたら、初めて聴いたのに歌詞がスッと入ってきて。Vチェックではオープニングはとばしちゃうこともあるので、放映で見るものという感覚があったんです。でも、まだOP映像ができていなかったので、画面には「OP」って書かれてるだけなのに、最初から“かんちがぁーい♪”って入ってきたから、「あれ?オープニング?え?これ歌詞?すごい入ってくる!」って思ったんですよ(笑)。毎週毎週アフレコのチェックするたびに入ってきて、とばせないですね。「聴かされてしまう」って感じで心つかまれています。初めてOP映像が入ったときは、アフレコ現場で「OP入ってたねー」「めっちゃいい曲だねー」ってみんなの間で話題になってました。

大原 どうしよう……。今年いち、うれしい話を聞きました。

この記事を書いた人