千川ちひろ役佐藤利奈より、台湾公演&二大ドームライブ発表のビッグプレゼント! アイドルマスター シンデレラガールズ「6th Anniversary Memorial Party」レポート

「アイドルマスター シンデレラガールズ」の6周年を祝うイベント「6th Anniversary Memorial Party」が11月19日、千葉・舞浜アンフィシアターにて開催された。

同イベントには島村卯月役・大橋彩香、小日向美穂役・津田美波、早坂美玲役・朝井彩加、乙倉悠貴役・中島由貴、渋谷凛役・福原綾香、速水奏役・飯田友子、神谷奈緒役・松井恵理子、橘ありす役・佐藤亜美菜、本田未央役・原 紗友里、赤城みりあ役・黒沢ともよ、高森藍子役・金子有希、堀裕子役・鈴木絵理が登場。さらに最近新たにボイスがついた関裕美役・会沢紗弥、喜多見柚役・武田羅梨沙多胡、村上巴役・花井美春、荒木比奈役・田辺留依がスペシャルゲストとして参加した。また、ステージラストにはシンデレラたちを支える頼れる事務員・千川ちひろ役の佐藤利奈が制服姿で登場するサプライズもあった。

会場となった舞浜アンフィシアターは、2014年4月に初ライブ「THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 1stLIVE WONDERFUL M@GIC!!」が開催された特別な会場だ。今回来場者に配布されたイラスト入りカイロを見て、ファーストライブの開催初告知時に新宿駅前で配布されたカイロを思い出した人も多いのではないだろうか。今回のイベントはAbemaTVやニコニコ生放送での生中継が行なわれるなど、注目度の高いものになった。


イベントオープニングでは、スペシャルゲスト以外の12人による「イリュージョニスタ!」を披露。お城の2階に連なる階段も華やかなセットに登場した12人は、揃いのデザインの新衣裳姿。華やかに歌い踊ってパーティーの開幕を彩った。

4人の新たなアイドルが朗読にライブに躍動!

最初のコーナーは「シンデレラ メモリアルクイズ」。キュート、クール、パッションの3チームに別れて、作品にまつわる四択クイズに挑戦した。出題は、映像に登場した“プリンセスゆかち”こと大坪由佳(三村かな子役)と、“プリンセスそらそら”こと大空直美(緒方智絵里役)がドレス姿で優雅に?行なった。ふたりは「シンデレラガールズ劇場の中で、高垣 楓さんが最初に発したダジャレは?」「ソーシャルゲーム『シンデレラガールズ』で千川ちひろさんの最初のひと言は?」といった難問を出題。正解率が低い中、最初に出題された「4thライブツアー「トライキャッスルストーリー」で最後に登場した4つ目のお城の名前は?」という基礎問題に正解しつつ、司会・津田美波の心象ポイントを稼いだクールチームが勝利となった。

「シンデレラアンケート結果発表」では、ゲーム内で行なわれた全35問のアンケートの結果を一部紹介。「天然だと思うアイドル」の項目では島村卯月が第1位に。大橋は「やったー!うれしいなぁ」とにこにこだった。「一緒にカラオケに行きたいアイドル」には本田未央、神谷奈緒、島村卯月がランクイン。「妹にしたいアイドル」では赤城みりあが第1位となった。演じる黒沢は「(みりあ)本人的にはお姉ちゃんになろうと頑張ってるのですが、プロデューサーの妹にならなってもいいって言うかな」と語っていた。同アンケートでランクインした佐藤亜美菜や中島由貴からは、会場のプロデューサーを「お兄ちゃん」と呼ぶサービスもあった。

「好きなユニット」では、「スターライトステージ」でイベントが始まったばかりのトライアドプリムスが第1位に!第2位LiPPSを代表した飯田は「今後も仲の良さを出していきたい」とアピールしていた。ピンクチェックスクールやポジティブパッション、individualsなど、出演者ゆかりのユニットも多くランクインしていた。

テーマごとの「楽曲アンケート」では、なんと「お願い!シンデレラ」が7部門で1位を独占することに。あまりの強さに「お願い!シンデレラ」は殿堂入りとなった。みんなにオススメしたい曲で第1位にユニット曲「Tulip」、3位にソロ曲「Hotel Moonside」がランクインした飯田は、「どちらの曲も今まであまりなかったタイプの楽曲だと思うので、いろいろな人に聴いてもらいたいと思います!」と喜びのコメントをしていた。

「朗読劇『アニバーサリーストーリー』」では、書き下ろし脚本の朗読劇を披露。内容は「アニバーサリーパーティー」で何をするかの企画を、アイドルたちが大喜利形式で考えるというもので、クール、キュート、パッションそれぞれのチームが提案する企画のどれを採用するかを、会場の観客が各属性色のサインライトで選択する双方向性がある形式だ。「みんなブルマが好きそうだから」というみりあの提案により衣装が体操服に決定したりと、プロデューサーたちの暴走もあり?「体操服で水泳大会を行ない、全国の映画館でライブビューイング中継する」というマニアックな企画が完成したのだった。

朗読劇の後半には、関裕美役・会沢紗弥、喜多見柚役・武田羅梨沙多胡、村上巴役・花井美春、荒木比奈役・田辺留依も参加。4人のイベント初出演は、キャラクターとして演技をしながらの登場となった。会沢の髪型やはかなげな様子、武田の天真爛漫なふるまいなど、どこか演じるアイドルにイメージが重なる4人だ。田辺は、大橋たち先輩たちのトークに大きくわかりやすいリアクションをとっていた姿にステージ経験値を感じた。花井は巴として演歌の歌唱を主張する演技や広島弁のド迫力が印象的だった。4人が初めてのステージに立つ特別感については、原の「ファーストライブをやったアンフィシアターで、新しい初めてが」という言葉が全てを表していた。朗読劇後は4人が挨拶を行なったのだが、武田が何か言葉を発するたびに楽しそうに身体を動かしていた様子に喜多見柚感を強く感じた。ここで同じくニューフェースのひとり、藤原肇役・鈴木みのりからのビデオメッセージが紹介され、「肇ちゃんは自分が挑戦したことがない役なので、新しい発見がたくさんあります。それが楽しくてうれしいです」と語っていた。

スクリーンにはユニットメロウ・イエロー(藤田茜、下地紫野、都丸ちよ)や城ヶ崎姉妹(佳村はるか、山本希望)からの6周年メッセージも届けられた。山本からは「シンデレラ24時間ライブをやりたい」という仰天提案も。佳村の「プロデューサーさんが提案するセットリストでライブをやりたい」というアイデアには会場からどよめきの歓声が起こっていた。

そして後半はメモリアルライブコーナーだ。開幕を告げたのは大橋、福原、原による「輝く世界の魔法」。オリジナルCDにも”NEW GENERATIONS VERSION”が収録されていただけに、この3人によるフルサイズ歌唱はとても貴重でうれしい。



ここから黒沢、金子、鈴木のパッションチームによる「We’re the friends!」、飯田、松井、佐藤のクールチームによる「Absolute NIne」、津田、朝井、中島のキュートチームによる「Take me☆Take you」と続くのだが、これは第2回〜第5回の「シンデレラガールズ総選挙」記念曲を順番に歌い継ぐ構成で、まさに6年の歴史を振り返るにふさわしいものだ。個人的には「Project Krone」(※アニメ『シンデレラガールズ』で美城常務が選抜したアイドルたち)からエッジのたった三者三様の個性派クールボーカルを選抜したような3人による「Absolute NIne」にしびれてしまった。

この流れでくれば、続くのはもちろん今年の第6回総選挙曲「恋が咲く季節」だ。歌うのは会沢紗弥、武田羅梨沙多胡、花井美春、田辺留依の初ステージの4人!初々しい4人の花が咲くような笑顔が印象的だった。歌い終えた武田が「楽しかった!」と笑顔を弾けさせると、隣で涙ぐんだ田辺が「羅梨ちゃんは(練習中も)ずっと笑顔だったの!」と感慨深そうに語っていた。武田は練習中、基本のツーステップがなかなかできずに苦労していたとのことで、大変な練習を含めたすべてを笑顔で楽しむ姿勢はシンデレラに新しい力を与えてくれそうだ。

放送のラストナンバーは、スペシャルゲストも含めた全員による「お願い!シンデレラ」。「シンデレラガールズ」のはじまりの楽曲を、新たなシンデレラたちと共に歌い踊ったのだった。また、生中継枠終了後には、エクストラステージとして全員で「BEYOND THE STARLIGHT」を披露。会場に集まったファンだけのうれしいプレゼントとなった。

ステージラストには千川ちひろ役・佐藤利奈が事務員制服姿でステージに登場。「シンデレラガールズ」初の海外ライブである台湾公演を2018年4月7日・8日に開催することや、2018年に6thライブとして埼玉メットライフドーム公演(11月10日、11日)、愛知ナゴヤドーム(12月1日、2日)での2大ドーム単独公演を開催することが発表された。佐藤は「2018年もまだまだ突き進んでいきます」と宣言。ちひろさん本人登場にふさわしいビッグサプライズ発表でイベントを締めくくったのだった。

Text by 中里キリ

「アイドルマスター シンデレラガールズ」6th Anniversary Memorial Party
2017年11月19日(日)舞浜アンフィシアター

セットリスト
M01:イリュージョニスタ!
M02:輝く世界の魔法
M03:We’re the friends!
M04:Absolute NIne
M05:Take me☆Take you
M06:恋が咲く季節
M07:お願い!シンデレラ
M08:BEYOND THE STARLIGHT


●ライブ情報
「アイドルマスター シンデレラガールズ」台湾公演
2018年4月7日(土) 開場15:30/開演17:00(予定)
2018年4月8日(日) 開場15:30/開演17:00(予定)
会場:【台湾】台北國際會議中心TICC(Taipei International Convention Center)
キャスト:大橋彩香(島村卯月役)・福原綾香(渋谷凛役)・原紗友里(本田未央役)
青木瑠璃子(多田李衣菜役)・五十嵐裕美(双葉杏役)・大空直美(緒方智絵里役)
大坪由佳(三村かな子役)・桜咲千依(白坂小梅役)・黒沢ともよ(赤城みりあ役)
鈴木絵理(堀裕子役)・高森奈津美(前川みく役)・松井恵理子(神谷奈緒役)
松嵜麗(諸星きらり役)・佳村はるか(城ヶ崎美嘉役)・ルゥ ティン(塩見周子役)

チケット:2018年2月24日(土)~ 販売開始予定

※上記、全て台湾時間となります。公演時間等は暫定となり、変更になる場合がございます。ご迷惑をおかけして申し訳ございませんが、ご了承ください。
※出演者は変更となる場合がございます。予めご了承ください。
※出演者の変更によりチケットのキャンセルをご希望される方は、通常のキャンセル規定に沿って手続きを行ってください。全額でのお払い戻しは致しかねますので、ご了承くださいませ。

主催・企画:株式会社バンダイナムコエンターテインメント/アミューズ台湾
制作:株式会社バンダイナムコライブクリエイティブ、株式会社アミューズ

「THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 6thLIVE」
2018年11月10日(土) ・ 2018年11月11日(日)
埼玉・メットライフドーム
2018年12月1日(土) ・ 2018年12月2日(日)
愛知・ナゴヤドーム
※チケットやキャスト等詳細は後日公開予定。

©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

関連リンク

この記事を書いた人