TVアニメ『メイドインアビス』の音楽の秘密に迫る!音楽プロデューサー・飯島弘光氏インタビュー

漫画家のつくしあきひとによるウェブコミックを原作としたファンタジー作品『メイドインアビス』。制作はキネマシトラス、監督は『MONSTER』『ブラック・ブレット』などの小島正幸が務めており、秘境の大穴〈アビス〉を舞台としたスリリングなストーリー展開や、キャラクターデザインの黄瀬和哉や美術監督の増山修といった一流スタッフによる美麗な絵作りなど、2017年夏クールの注目作として話題を集めた。

そして、本作のオリジナルサウンドトラックが9月27日にリリースされる。劇伴を手がけたのが、オーストラリア出身の作曲家であるケビン・ペンキン(Kevin Penkin)。オーケストレーションとシンセサイザーを融合させた彼の音楽は独創的ながら、ハードなファンタジー世界にしっくりと馴染み、サントラ作品としても非常に優れた内容になっている。今回は、彼が所属する音楽プロダクション・IRMA LA DOUCEのディレクターであり、『メイドインアビス』の音楽プロデューサーでもある飯島弘光にインタビュー。その音楽に込めたこだわりについて語ってもらった。続きを読む

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人