POPアイコンYun*chi。バースデイ・イベントで約2年ぶりとなる新作ミニアルバム『Canvas*』のリリースを発表!

2017.05.31

新世代POPアイコンとして人気のYun*chiが、5月27日渋谷Club Asiaにてアニソン主体のオールMIXイベント「♯アジアニ第3期…Yun*chi Birthday Special!!」にライブ出演。この日は、Yun*chiのバースデイが近いこともあり、彼女をフィーチャーしたイベントに誕生日をお祝いするファンで会場は大いに賑わった。

主役のYun*chiは2:00過ぎに登場しアニメ『ログ・ホライズン』EDテーマとしても知られる「Your song*」からスタートし、カバー曲「Catch You Catch Me」(カードキャプターさくら)、「おジャ魔女カーニバル!!」(おジャ魔女どれみ)等アニソンを熱唱、「Lucky Girl* 」(うーさーのその日暮らし 夢幻編)では、サビの振りで会場のお客さんと一体となり、この夜一番の盛り上がりを見せた。

その後、しっとりとした雰囲気の中で、ギタリストを呼び込みデビュー曲の「Reverb*」の弾き語りverを披露し、少し大人な雰囲気で歌い上げるバラードは、シンガーとしての実力を存分に見せつけた。

ライブ中盤では本人より約2年ぶりとなる新作ミニアルバムを8月2日にリリースすることが発表された。
ミニアルバムタイトルは『Canvas*』。自分の未来を、自由な色で自由に描いていこう!という意味の込められたこの作品は、Yun*chi本人にとってシンガーとしての集大成となる自信作とのことだ。

その重大発表後に、新曲2曲を初披露。夏の夕暮れを連想させる切ない失恋ソング「HIMAWARI*」、自身初の日本語タイトル曲、そして今のYun*chiの想いとメッセージを詰め込んだ、応援ソング「今僕のいる場所が理想と違っても」を熱唱。感情を込めて、歌を届ける彼女の姿が印象的な曲であった。

さらにライブ終盤では、バースデイケーキのサプライズもあり、他出演者とお客さんに盛大に誕生日をお祝いしてもらい、ラストはアニメ『ログ・ホライズン』の第2シリーズエンディング曲でもあった「Wonderful Wonder World*」で盛り上げ、ライブを締めくくった。

約2年ぶりに、本格的に動きだすYun*chi。ミニアルバムの詳細も本日解禁となった。リリース後には発売記念ライブも行われるとのことで、今後の展開に大注目だ。


●リリース情報
Yun*chi New Mini Album
『Canvas*』
8月2日発売
品番:CRCP-40523
価格:¥2,130+税

<CD>
1. 今僕のいる場所が理想と違っても  ※リード曲
2. HIMAWARI*
3. Trendy Night*
4. Kare Kano*
5. Again*
6. Seaside In Dream*
7. Thank U*

<PROFILE>
幼少期よりYUKIやcharaなどの女性シンガーに憧れ、積極的に音楽活動を始める。デビュー前から様々なアーティストの作品やコンピレーション・アルバム等に参加するようになる。
2012年11月ミニアルバム「Yun*chi」でメジャーデビュー。Yahoo!急上昇アクセスランキング2位(9/14)をマーク、「ミュージック・ジャケット大賞2013」にて「大賞」を受賞。
2013年 1stシングル「Your song*」、2014年 2ndシングル「Wonderful Wonder World*」をリリース。両曲ともTVアニメ「ログ・ホライズン」エンディング・テーマとなり、第2シリーズではサフィールの少女役で声優としても出演。
2015年4月 初アニソンカバーアルバム『アニ*ゆん~anime song cover~』をリリース。ジャケットは『おジャ魔女どれみ』や『プリキュア』のキャラクターデザインを手がけた馬越嘉彦が書き下ろした。同年7月、3rdシングル「Lucky Girl*」をリリース。TVアニメ「うーさーのその日暮らし 夢幻編」主題歌となる。同年9月には☆Taku Takahashi(m-flo)、chara等の豪華プロデューサー陣が参加した2nd アルバム「Pixie dust*」をリリース。
アメリカ・テキサス州オースティンで開催された音楽・映画 ・インタラクティブなどを組み合わせた世界最大級のフェスティバル「SXSW2016」や、ロンドン、ミャンマー、ジャカルタ、NY、マレーシア、台湾など世界各国で開催される大型イベントにも出演。
アーティスト名についている記号「Asterisk」は、妖精が空を飛んだ時の軌跡「pixie dust」から由来しており、キラキラと輝いていけるようにという目印で「小さな星」という意味を持つ。

関連リンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人