初の最強タッグ!西尾維新×中村光『十二大戦』ティザービジュアル&ティザーPVが公開!唯一無二の世界観をご覧あれ!

3月25日、26日開催のAnimeJapan2017にてエイベックス・ピクチャーズから西尾維新×中村光が初タッグを組んだ小説「十二大戦」のTVアニメ最新情報が解禁となった。
2017年放送予定である本作のティザービジュアル、ティザーPV、スタッフを解禁。
さらに、憂城(兎)役の岡本信彦が登壇したAnimeJapan2017のステージイベントのオフィシャルレポートも到着した。

2015年5月19日に集英社にて刊行した小説「十二大戦」は、累計売上部数を8万部を突破し人気拡大中の作品。小説を担当した西尾維新(『化物語』『掟上今日子の備忘録』『悲鳴伝』『美少年探偵団』)と、イラストレーションを担当した中村 光(『荒川アンダー ザ ブリッジ』『聖☆おにいさん』『ブラックナイトパレード』)の初タッグとなるこの作品は、集英社雑誌を縦断して行われた西尾維新×有名漫画家の読み切り企画「大斬-オオギリ-」にて中村光が担当した「どうしても叶えたいたったひとつの願いと割とそうでもない99の願い」の前日談となる物語を西尾維新が執筆。

本作は、殺し殺される戦士たちの物語。その殺し合いを生き延びた者は、どんな願いでもたったひとつだけ叶えることができる。――戦いの名は「十二大戦」。参加者は『子』『丑』『寅』『卯』『辰』『巳』『午』『未』『申』『酉』『戌』『亥』の十二人、異様なる戦士たち。最後に生き残る者は誰か?策謀と殺戮の渦巻く戦場で、流れるのは誰の涙か?魂を揺さぶるバトルロイヤルが開戦する。斬新な内容で嵌ったら抜け出せないような唯一無二の世界観が話題となり、男女共に幅広い層から圧倒的な支持を受けている。

AnimeJapan2017にて、ティザービジュアルが解禁!初のビジュアルは十二人の戦士の一人であり「異常に殺す」と銘打たれた憂城(兎)に月光が射しているダークなビジュアルとなっている。異様な雰囲気を醸し出し、「十二大戦」ならではの唯一無二な世界観を感じることができるビジュアルとなった。さらに、ステージではティザーPVを解禁。十二人の戦士たちも登場し、異能肉(亥)と憂城(兎)のバトルシーンも見所となっている。さらにスタッフも解禁。監督に細田直人(『未来日記』『はたらく魔王さま!』)、シリーズ構成に村井さだゆき(『シドニアの騎士(シリーズ構成)』『千年女優(脚本)』)、キャラクターデザインには嘉手苅睦(『コードギアス亡国のアキト第5章(総作画監督)』『SCARED RIDER XECHS スカーレッドライダーゼクス(サブキャラクターデザイン総作画監督)』)、音楽には椎名 豪(『京騒戯画』『ゴッドイーター』『Dimension W』)、音楽制作をエイベックス・ピクチャーズが担当する。

解禁に合わせて公式サイトもリニューアル。AnimeJapan2017にて解禁したティザーPVや、ティザービジュアルも公式サイトで見ることができるので、チェックしてみてほしい。

<AnimeJapan2017「西尾維新×中村光 TVアニメ『十二大戦』アニメ化決定記念トークイベント」オフィシャルレポート>

2017年にTVアニメ放送が決定した、小説「十二大戦」(集英社刊)のTVアニメ決定記念トークイベントが「AnimeJapan2017」内エイベックス・ピクチャーズブースにて開催されました。イベント出演者は、岡本信彦(憂城(兎)役)、浅田貴典(集英社j BOOKS編集長)、松村一人(エイベックス・ピクチャーズ株式会社)の3名。

原作小説を担当した西尾維新(『化物語』『掟上今日子の備忘録』『悲鳴伝』『美少年探偵団』)と、イラストレーションを担当した中村 光(『荒川アンダー ザ ブリッジ』『聖☆おにいさん』『ブラックナイトパレード』)の初タッグとなる本作は、先日の解禁から高い注目が集まっており、今回のイベントにも多くの男女ファンが集結。

出演者が登壇し、挨拶を終えると初公開のティザーPVを発表。その後はトークコーナーに。「PVの見どころ」という題ではプロデューサーの松村が「これからの物語が気になるようなPVにしました」とクリエイティブのこだわりを話した。ここで続いてのお題「西尾維新と中村光のタッグのきっかけ」を浅田編集長が話している中で、こちらも初公開である中村光のキャラクターデザインラフ十二人の戦士分+@を大公開。激レアなイラストに観客からは歓喜の声が漏れていた。さらに、浅田編集長は西尾維新と中村光のオフィシャルコメントもここで読み上げたが、「十二大戦」のオフィシャルコメントは初めてのこととなり、更に観客は盛り上がった。

さらにAnimeJapan2017内で解禁された、憂城(兎)のビジュアルには、これから演じる岡本も「最初に見た時びっくりしました!」と言い、「喜怒哀楽の中では一番“喜”が多いキャラクターなのかなと感じます」と印象を話すと、浅田編集長と松村プロデューサーは「オーディションテープを聴いた時も、岡本さんが演じる姿は見ていないけどずっと半笑いで演じているように聞こえて、キャラにぴったりだと思った」や「岡本さんしかいないと、制作陣満場一致だった」と岡本の演技を称賛した。ビジュアルについては、「憂城(兎)は顔だけ見るとかっこいいのに、着ている服はほぼ全裸ですごい!」と出演者全員で話し、会場の笑いを誘った。

加えて、本イベントでスタッフも解禁。監督に細田直人、シリーズ構成に村井さだゆき、キャラクターデザインには嘉手苅睦、音楽には椎名豪、音楽制作をエイベックス・ピクチャーズ、アニメーション制作をグラフィニカ、と豪華スタッフが名を連ねた。松村プロデューサーが本作のスタッフの熱量がすごい!と話し、浅田編集長も「話を持ってきてもらったときに、打ち合わせをしたらとても熱量が高いし、クオリティも高く感じたのでかなり期待してます!」と太鼓判。

早くもチームワークの良さを見せた出演者全員が「とにかく面白いので見てほしい」、「女性も楽しめる作品となっているのでぜひお楽しみに」と最後の挨拶で語った。今回解禁されたティザーPVは現在公式サイトにて公開中。今後も、多く情報を解禁いていくので、今後もTVアニメ『十二大戦』の続報をから目が離せない!

3月26日(日) 13:20~14:00 @avexpicturesブース (J79)
【登壇】
岡本信彦(憂城(兎)役)
浅田貴典(集英社j BOOKS編集長)
松村一人(エイベックス・ピクチャーズ株式会社)


●作品情報
TVアニメ『十二大戦』
2017年放送決定

【スタッフ】
アニメーション制作:グラフィニカ

【キャスト】
憂城(兎)役:岡本信彦

(C)西尾維新・中村 光/集英社・十二大戦製作委員会

関連リンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人