『響け!ユーフォニアム』主題歌の先へ―― 2ndアルバム『Around the TRUE』リリース記念 TRUEインタビュー!

『響け!ユーフォニアム』シリーズの主題歌などで知られるTRUEが2ndアルバム『Around the TRUE』をリリースする。作詞家としても活躍し『マクロスΔ』や『THE IDOLM@STER MILLION LIVE!』などに歌詞提供する彼女は、自らの楽曲においてもコンセプトを練り上げ、世界を組み立てて歌い上げる。アルバム新録曲も多数収録されたこのアルバムは彼女の活動におけるマイルストーンであるといえそうだ。作品作りのコンセプトとそこに込めた想いを聞いた。

このアルバムが自分の音楽や人生の軌跡を巡る旅になったらいいなって

――2ndアルバム『Around the TRUE』のタイトルにはご自身の名前を冠しています。これにはどんな思いを込められましたか?

TURE これはセカンドアルバムを作ろうとしたときに決めたタイトルであり、同時にコンセプトでもあります。最近、自分の歩いてきた道を振り返る機会がたくさんあり、このアルバムが自分の音楽や人生の軌跡を巡る旅になったらいいなと思ったんです。そこでさらに皆さんを巻き込んで、一緒に音楽の旅をしていきたいなという思いを込めてこのタイトルにしました。私はアニソン・シンガーとして歌をうたっているので、作品に寄り添いたいと思う部分もたくさんあります。「サウンドスケープ」(『響け!ユーフォニアム2』OP主題歌)とか「DREAM SOLISTER (Movie Ver.)」(『劇場版 響け!ユーフォニアム』主題歌)といったすごく可愛らしく明るい曲もあれば、「飛竜の騎士」(『最弱無敗の神装機竜』OP主題歌)とか「Divine Spell」(『レガリア The Three Sacred Stars』OP主題歌)のように何かと戦っている楽曲もあったりするので、それを1枚に詰め込むという面白さもこのタイトルにすれば、より感じてもらえるのではと思いました。

――そうした主題歌を含めて1枚にパッケージングするのはアニソンシンガーならではの面白みですね。

TURE そうですね。ロックだけを突き詰めていくアーティストの方もいて、その姿勢も素敵だとは思うのですが、私がランティスで音楽活動をさせてもらっている意味は、そこだけではないと思っていますし、何よりアニソンシンガーの魅力は音楽の前で自由でいられることだと思っています。作品に自己を投影させることで、ひとつの音楽に捉われず自由に表現させてもらえる。私がこの居場所で音楽をやっていく意味がここにあったというか。そうやって作ってきた音楽を集約するのには、「巡る旅」というコンセプトがいちばんピッタリだと思いました。

――「Rainbow The Daydream」は当初からリードトラックとして作ろうと思われたのですか?

TURE 楽しいものからどっぷり深いものまでいろんなものが1枚に集約され、それをすべて包み込むような大きな曲を作りたいというのがテーマでした。それがありつつ「DREAM SOLISTER」、「サウンドスケープ」という私の人生を変えてくれた楽曲の先にあるものを提示するのにはすごく悩んで、行き着いたのがこの曲ですね。

――楽曲の中にもブラスが入っているのは『響け!ユーフォニアム』からのフィードバックでしょうか?

TURE それはありましたね。やっぱりみなさんが思ってくれているTRUEに対するイメージがあると思うので、そんな皆さんの気持ちも包み込みたいなという思いはありました。
そして『響け!ユーフォニアム』への感謝の気持ちでもあります。

――テーマについてはどのように考えられたのでしょうか?

TURE テーマパークとか絵本の中にあるような、おとぎ話の世界を描きたいなと思っていたんです。それも子供がキラキラしたものを眺めるようなおとぎ話ではなく、心の葛藤も知った大人が見る夢。私は子供の頃、言葉でうまく意見を言える子ではなかったので、言いたいことがあると親にも手紙を書いたりしていたんです。そんな私ですが中学生のときに初めて人前でマイクを持って歌ったときに世界が拓けたあの感じ。怖くて手は震えているんですけど、歌い終わった後にボロボロ泣いたあの感じを今探してもいいじゃないかという気持ちを歌詞に投影できればと思って書きました。テーマパークに行ったときの最初のワクワク感をこのアルバムのスタートとして出せたらなと思って。ここから始まって最後の「TRUE COLORS」に向けての流れは自分でも自信を持っていますし、納得してお出しできるものだと思っています。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人