アニメ『鬼灯の冷徹』新プロジェクト始動!新作OAD制作決定!

シリーズ累計発行部数1,000万部を突破し、『モーニング』(講談社)で大ヒット連載中の「鬼灯の冷徹」。2014年1月にTVアニメの放送がスタートし、その後もさらなる映像化を希望する多くの声に応え、OAD(オリジナルアニメーションDVD)の制作が決定。地獄を舞台に、閻魔大王第一補佐官である鬼灯を中心とした様々なキャラクターたちのあふれる個性や、彼らの日常をコメディ感たっぷりに描くその内容が大きな反響を呼び、幅広い層のファンを獲得してきた人気作だ。

TVアニメの放送から約2年、この度、ついにアニメ『鬼灯の冷徹』の新プロジェクトの始動が発表された。

新プロジェクト第1弾として、ファン待望の新作OAD(オリジナルアニメーションDVD)の制作が決定!!こちらの制作では陣容を新たに、総監督にはこれまでのシリーズからの続投となる鏑木ひろ、監督は「暁のヨナ」の米田和弘が手がけ、脚本には本作シリーズではお馴染みの後藤みどりが名を連ねる。そして、アニメーション制作は「ひぐらしのなく頃に」シリーズをはじめ、「昭和元禄落語心中」や「坂本ですが?」等、数々のヒット作品を生み出しているスタジオディーンが担当。実力派スタッフ陣が集結し、再びアニメ「鬼灯の冷徹」の地獄の世界を彩る。

OADは2017年3月23日(木)発売の単行本24巻限定版に付属予定。本商品は限定生産品となるので、確実に入手されたい方は事前の予約を!(予約申込み締切:2017年2月6日)

また、『モーニング』連載5周年を記念した「鬼灯の冷徹」原画展が渋谷マルイにて開催中。生原稿を展示する原画展だからこその豪華地獄絵図を是非チェックしてほしい。さらに、江口夏実先生のサイン会も開催!描き下ろしイラストを使用した、限定オリジナルグッズ等も販売予定なので是非お楽しみに。


●作品情報
『鬼灯の冷徹』

【STAFF】
原作:江口夏実(講談社「モーニング」連載)
総監督:鏑木ひろ
監督:米田和弘
脚本:後藤みどり
アニメーション制作:スタジオディーン

●リリース情報
コミック「鬼灯の冷徹」24巻限定版(OAD付き)
2017年3月23日発売
価格:¥3,300+税
*発売日は変更になる場合がございます。
*確実に入手されたい方は事前のご予約をお願い致します。(申込み締切:2017年2月6日<月>)

●イベント情報
『鬼灯の冷徹 連載5周年記念原画展in渋谷マルイ』
12月4日(日)まで開催中
開催場所:渋谷マルイ8Fイベントスペース
営業時間:11:00~21:00 12月4日(日)は11:00~20:30
入場料:700円(小学生未満は無料)

江口夏実先生サイン会開催
12月3日(土)13:00~17:00
定員:50名
参加方法:詳細に関しては、後日お知らせいたします。

Ⓒ江口夏実・講談社/鬼灯の冷徹製作委員会
Ⓒ江口夏実・講談社/鬼灯の冷徹OAD製作委員会

関連リンク

アニメ『鬼灯の冷徹』公式サイト

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人