デビュー2ヶ月の新人アニソンシンガーMICHIが、ジャカルタで華々しく海外デビュー!

news-1509292030-c001

2015年9月24(金)〜26日(日)にインドネシアのジャカルタで行われた東南アジア最大のアニメの祭典「Anime Festival AsiaIndonesia 2015(以下AFAID2015)」にデビューから2カ月あまりで初の海外でのライブを行う新人アニソンシンガーのMICHIと声優アーティストで人気上昇中の遠藤ゆりか、そして花守ゆみりの3名が9月25日(土)のDAY STAGEのメインステージに登場し、3,000人の会場を盛り上げた。

「AFAID2015」はインドネシアのジャカルタにて開催される日本のポップカルチャーを世界に発信するフェスで、インドネシアの他タイやシン ガポールでも毎年開催されている。

今年の「AFAID2015」にはLiSAを始めとしてfripSide、GARNiDELiA、FLOW、motsu x KAYA、nano、御伽ねこむなど、そうそうたるアーティストやコスプレイヤーが出演してライブを行うほか、アニメやマンガ、ゲームなどを中心とした日 本のポップカルチャーのブース展示のほか、コスプレコンテスト、トークショーなど、ライブステージ以外でも多数のプログラムがJakarta International Expo行われた。

そして、そのAFAID2015にTVアニメ『六花の勇者』のテーマソングのオーディションで7月にデビューしたばかりの19歳、沖縄初のアニソンシンガーのMICHIがデビューから2ヶ月で海外での初ライブの舞台に立った。

トップバッターを務めたMICHIは元気いっぱいに、「みんな立って!ジャカルタ愛してるよ〜!」とインドネシア語で開場中を盛り上げ、デビュー曲となった「Cry for the Truth」を歌い上げると、一瞬にして大きなコールが起こった。

続いて登場した現役女子高校生声優の花守ゆみりはTVアニメ『ローリング☆ガール』のOPテーマとなっていたTHE BLUE HEARTSのカヴァーソング「人にやさしく」をキュートに歌い上げると、日本語での大合唱に、そして、遠藤ゆりかはGLAYのHISASHIが楽曲プロデュースをしたTVアニメ『Z/X IGNITION』のEDテーマの「モノクロームオーバードライブ」を披露し観客を魅了した。

そして、再び3人全員がステージに登場し、アニメソングのカヴァーを披露すると、会場いる全員が拳を振り上げての大合唱となりライブステージは大熱狂の状態で幕を下ろした。

今回のAFAID2015の参加を経てMICHIは「初めて海外でライブなので、盛り上がるか不安でしたがジャカルタの方はとても暖かくてノリのいい人ばかりだったので、最高に盛り上がっていただけたのがすごく嬉しかったです。何よりも、会場中の皆さんと一致団結した感じがとても 嬉しかったです。」と語った。

初のジャカルタでのライブに挑むに当たり人一倍緊張していたという花守ゆみりは「日本でのライブと変わらない温かい声援を頂けて、とってもうれしいと同時にパワーを貰えました!テリマカシー!!」と、ライブ終了後、笑顔で語ってくれた。

さらに、この3人は11月に行われる同イベントのシンガポール開催にも竹達彩奈、内田真礼、三森すずこ、三上枝織の合計7名が一同に会しての 参加が決まっており、21歳ながら最年長となる遠藤ゆりかは「11月のシンガポール!またAFAという大きなイベントに参加させて頂けること がとても嬉しいです。とても豪華な方々とも共演しますので、シンガポールの楽しんでいただけるよう頑張りますので、皆さん待っていてください ね!」と、会期中の3日間で大小7回のステージをを行った自信から、次なる海外ステージへの意気込みを語った。

関連リンク

この記事を書いた人