angela、喜多村英梨、堀江由衣、シンガポールにて開催の「AFA」出演決定!

2014.10.02

news-1410011440-c001

12月5日から7日にシンガポールで開催される「AFA 2014(アファ、Anime Festival Asia 2014)」I LOVE ANISONGコンサートに、angela、喜多村英梨、堀江由衣が出演することが決定した。

「AFA」は東南アジア最大のJ-POPカルチャーの祭典で、今回は3アーティストとも12月5日に出演する予定。チケットは現在、イベントHPにて発売中だ。
同アーティストは、この夏さいたまスーパーアリーナで開催された「Animelo Summer Live 2014 -ONENESS-」でそれぞれライブパフォーマンスを披露するなど、現在活躍中のキングレコード・スターチャイルドレコード所属アーティスト。海外イベントの出演にも期待が高まる。

■イベント情報
AFA 2014 – Anime Festival Asia2014
日程:2014年12月5日(金)・6日(土)・7日(日)
会場:Suntec Singapore Convention & Exhibition Centre
[I LOVE ANISONGコンサート出演者]
12月5日(金)angela、喜多村英梨、堀江由衣 ほか
※アルファベット順。公演時間の詳細は、後日発表。
★チケット発売情報はこちら!
◆3日間通しVIPチケット先行販売:10月1日(水)正午~11日(土)午前11時(シンガポール現地時間)
※予定枚数に達し次第、早期に販売を終了する可能性がございます。
◆展示会、日中ステージチケットを除く全チケット販売:10月11日(土)正午~(シンガポール現地時間)
●AFA(アニメフェスティバルアジア)とは?
AFAは、アニメを中心とした日本の最新ポップカルチャーを広く紹介する東南アジア最大規模のイベント。2012年よりマレーシア、インドネシアにも展開をしている。2013年AFAシンガポールには3日間で約8万3千人が、2014年AFAインドネシアには3日間で約5万5千人が、東南アジア諸国、そして日本から来場した。東南アジアでのJ-POPカルチャーに対する注目が再度高まっているなか、大注目のアーティストや最新ヒットアニメ、グッズなどが一挙に紹介されるファン待望の祭典である。

■アーティスト情報

news-1410011440-c002 

★angela
●angelaのミュージック・ワンダー★大サーカス2014
日時:12月24日(水)開場18:00/開演19:00
会場:五反田ゆうぽうとホール
チケット料金:全席指定 8,100円(税込)
一般発売日:11月2日(日)
問い合わせ先:ホットスタッフ・プロモーション 03-5720-9999(平日12:00~18:00)

news-1410011440-c004 

★喜多村英梨
●シングルリリース情報
喜多村英梨 8thシングル「凛麗」
2014年10月29日発売
【初回限定盤(CD+DVD)】
価格:¥1,800+税
品番:KICM-91552
<CD収録曲>
M1.凛麗(TVアニメ『クロスアンジュ 天使と竜の輪舞(ロンド)』EDテーマ)
M2.incomplete
M3.凛麗 -off vocal ver.-
M4.incomplete -off vocal ver.-
<DVD収録内容>
「凛麗」Music Clip
【通常盤(CD)】
価格:¥1,300+税
品番:KICM-1554
<収録曲>
M1.凛麗(TVアニメ『クロスアンジュ 天使と竜の輪舞(ロンド)』EDテーマ)
M2.incomplete
M3.残響//輪廻
M4.凛麗 -off vocal ver.-
M5.incomplete -off vocal ver.-
M6.残響//輪廻 -off vocal ver.-
◆初回プレス分のみ「喜多村英梨スペシャルイベント」参加応募抽選券封入
【アニメ盤】
価格:¥1,200+税
品番:KICM-1553
M1.凛麗(TVアニメ『クロスアンジュ 天使と竜の輪舞(ロンド)』EDテーマ)
M2.incomplete
M3.凛麗 -TV size ver.-
M4.凛麗 -off vocal ver.-
◆TVアニメ『クロスアンジュ 天使と竜の輪舞(ロンド)』描き下ろしアニメジャケット仕様

news-1410011440-c003

★堀江由衣
●ワンマン・ライブ“堀江由衣をめぐる冒険V〜狙われた学園祭〜”
日程:2015年3月7日(土)・8日(日)
会場:国立競技場代々木第一体育館
チケット料金:全席指定‐7,500円(税込)
ライブ特設サイトはこちら!
●ニューアルバム
2015年1月7日発売

関連リンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人