ChouCho、nano.RIPE、fhánaによるスリーマン・ライブ「深窓音楽演奏会」の開催が決定!最速チケット先行受付開始!

2014.08.06

[‘‹_logo_0805

9月23日に、新宿BLAZEにてChouCho、nano.RIPE、fhánaが出演するスリーマンライブ「Lantis presents 深窓音楽演奏会」が開催されることが決定した。

2010年にデビューしたnano.RIPEと2011年にデビューしたChouCho、さらに2013年にデビューしたfhána。活動期間は違えども、確固たるクオリティで音楽シーン・アニメソングシーンに存在を広めてきたこの3組が、この度スリーマン・ライブを開催。その名も「深窓音楽演奏会」。ChouCho、nano.RIPE、fhánaにしか実現し得ない音楽演奏会を、ぜひ楽しんでいただきたい。
なお、この発表とともにチケットの最速先行受付がスタート。8月19日までの受付となっているので、ぜひお忘れのないようにお申し込みを。

■ライブ情報
Lantis presents 深窓音楽演奏会
日時:2014年9月23日 (火・祝)  17:30 開場/18:00 開演
会場:新宿BLAZE
出演:ChouCho、nano.RIPE、fhána
チケット料金:オールスタンディング ¥4,860(税込)
※ドリンク代別途¥500必要
※整理番号順入場
※未就学児入場不可
●お問合せ:インフォメーションダイヤル 03-5793-8878(平日13:00~18:00)
【最速先行受付中!】
受付期間:8月6日(水)12:00~8月19日(火)23:59
★チケット先行受付はこちら!(※PC・携帯共通)
※枚数制限:おひとり様8枚まで
※事前にイープラスの会員登録(無料)が必要です。
※申し込み多数の場合は抽選とさせていただきます。
※その他注意事項は受付画面でご確認ください。

 

■アーティスト・プロフィール
●nano.RIPE
きみコ (Vo & G)、ササキジュン (G)、アベノブユキ (B)、青山友樹 (Dr) の4人から成るギターロックバンド。
2010年9月発売のシングル「パトリシア」でメジャー・デビューし、これまでに12枚のシングル、3枚のアルバムをリリースしている。シングルでは『のんのんびより』、『花咲くいろは』、『バクマン。』、『はたらく魔王さま!』、『人類は衰退しました』など数々のTVアニメ主題歌を担当。最新3rdアルバム『涙の落ちる速度¥ではオリコンウィークリーランキング17位を獲得。そして2014年7月、最新シングルとしてTVアニメ『グラスリップ』EDテーマ 「透明な世界」をリリース。
ライブバンドとしても確固たる地位を築いており、全国各地で精力的にツアーを回り続けている。

●ChouCho
2011年夏、TVアニメ『神様のメモ帳』OPテーマ「カワルミライ」でメジャーデビューを果たしたChouCho。以降も『ましろ色シンフォニー』、『氷菓』、『ガールズ&パンツァー』など、話題のアニメ主題歌を次々に担当。1stアルバム『flyleaf』では話題のクリエイターたちとのコラボ楽曲を発表し、2012年秋には初のワンマンツアーを成功させる。
2013年、2ndアルバム『secretgarden』を発売。アルバム表題曲は自らが作詞・作曲を担当する。さらに2014年4月に行われた2度目のワンマン・ツアーでも全公演にて成功を収める。
2014年2月にTVアニメ『バディ・コンプレックス』EDテーマシングル、8月にはTVアニメ『グラスリップ』OPテーマシングルをリリース。

●fhána
佐藤純一(FLEET) + yuxuki waga(s10rw) + kevin mitsunaga(Leggysalad)のインターネット3世代によるサウンド・プロデューサーと、ボーカリストのtowanaによるユニット。
2013年夏、TVアニメ『有頂天家族』のEDテーマ「ケセラセラ」でメジャー・デビュー。以降、新人としては異例の4クール連続アニメタイアップを獲得。また、iTunesの「NEW ARTIST 2014」にも選出されるなど、シーンを問わず各界から注目を集めている。
ユニットとして自身の音源を発表するほか、さよならポニーテールのシングル「空も飛べるはず / ビアンカ / 恋するスポーツ」では「魔法のメロディ」、DECO*27 feat. 初音ミクのシングル「ゆめゆめ」では「二息歩行」、TVアニメ『ロボティクス・ノーツ』劇伴曲のRemixをそれぞれ担当。 また、ChouChoの楽曲「looping star」や「life is blue back」、相沢 舞の楽曲「その刹那」のサウンドプロデュースも担当するなど、幅広く活動を行なっている。

関連リンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人