彼女の新しい物語が幕を開ける。渡部優衣1st LIVE 「FUN FAN STORY」ライブレポート

int-160725-c001 

声優・渡部優衣が7月23日、ソロアーティストとしてのデビューライブを原宿アストロホールで開催し、生バンドによる熱唱で超満員の観衆を楽しませた。

渡部は6月8日に発売されたメジャー・デビューアルバム『FUN FAN VOX』でアーティスト・デビュー。『アイドルマスター ミリオンライブ!』横山奈緒役や『プリパラ』白玉みかん役などキャラクター・ボーカルでの歌唱とステージングで高い評価を受けている彼女の、待望の個人名義での活動だ。5月からはリリースイベントを重ね、ついに待望のファーストライブを迎えた。

オープニングナンバーは、アーティストとしての渡部の新しい一面を見せつける「Brightest story」からスタート。演奏は全曲バンド「イエローサンダーズ」による生演奏だ。バンド名は、渡部が通学で乗っていた愛用の自転車「イエローサンダー」にちなんで彼女自身が命名した。

int-160725-c011

「次の曲はダンスをしてほしいんです!」と呼びかけたのは「常夏ココナッツ」。
暑い日に海に行く時に聴いてほしい、というこの曲は、彼女の明るく楽しい一面をそのままに表現した楽曲。全力で歌い踊る姿に「かわいいよー!」の声が飛ぶと、すかさず「みんなもかわいいよー!」の声を返していく。渡部リクエストの、右手でCの字を作る→そのまま手首を回してコの字を作る(合わせてココナッツの形?)→最後は「かしこま!」風に顔の前で横ピースでキメという振付は今後の定番になりそうだ。間奏を長めにアレンジして「クラップの時間です!」と客席のコミュニケーションタイムにしたのは生バンドならでは。「次は『ポケモンGO』やってるよって人!(がクラップ)」といった具合に客席を楽しませた。

int-160725-c010

「秘密の呪文」で笑顔を弾けさせたあとはバンド紹介タイム。「新潟が生んだスーパースターコシヒカリベーシスト!」といった具合に、メンバーの出身地を織り込んだ楽しい紹介だ。各メンバーが順番に素晴らしいソロで応えていくと、一番かわいらしいトーンの声で紹介を重ねてギャップを演出していく。紹介後、ご当地ネタを織り交ぜた紹介であることがいまひとつ伝わっていなかったことを知った渡部はもう一度紹介をしなおしたほどで、ちょっとした要素でもファンに楽しんでほしいと感じる彼女のこだわりが伺える。そして、すぐに機械や道具を壊す破壊王体質であることで知られる渡部は、今回のライブでは盛り塩を用意したことを明かし、無事故でのライブを目標に掲げていた。

int-160725-c012

「どんと胸をはれぇ!」の歌い出しの“I’ll catch My Only Way!”のハッとするほどの印象度、自身が作詞した「Last_Pain」の重たくもまっすぐな心情がこもった歌唱など、一曲ごとにガラリと印象が変わるのが面白い。「Last_Pain」で彼女自身の時に後ろ向きな一面をさらけ出したあとだからこそ、「Shine! Shine!」で放つ爆発的なエネルギーがより引き立つ感じだ。「Shine! Shine!」については「レコーディングの時からタオルを回したいと思っていたんです」とのことで、“Fire! Fire! Fireworks!”の叫びに合わせて夏らしいさわやかな色のタオルが花火のように舞った。熱気のこもったライブハウスの中で、タオルが巻き起こす旋風に涼しさを覚えたのはこの規模、この季節のライブだからこその体験として記憶に残るだろう。

int-160725-c003

「笑顔がイイネ☆」歌い出しで逆光の中スッと天を指すような仕草がぞくっとするほど絵になる感じと、歌詞さのままに笑顔を弾けさせていく感じが自然に一曲の中に存在しているのはまさに彼女ならでは。今回のライブでは彼女が大好きな「豚」を形どったブレードライトが販売され、それが客席で揺れる姿はとてもコミカルでかわいかった。だが、渡部が情熱的に舞うようなダンスと共に疾走する「100% Believe」では客席からは豚ライトが目に見えて減り、青とオレンジのサイリウムの海で全力で応えていく感じに、彼女の目指す世界観が客席にも共有されていることを感じた。

int-160725-c004

本編ラストの「Say La La La」は渡部自身がアルバムのラストにしたいと切望した楽曲で、渡部は「切ないけど前向きで、明るいネガティブみたいな私にぴったりの曲」と表現した。歌唱前渡部は新人時代、同じアストロホールのステージに立った際には観客が20人もいなかったことを明かすと、「アストロホールさんを満員にできて本当にうれしかったです。本当に幸せです、ありがとう!皆さんは私の希望の花です!」と歌詞になぞらえて表現した。ラストナンバーのサビで会場全体が大きく手を振る空間はとてもハッピーだった。

アンコールは「まだまだここから行くよ!」という気持ちをこめての「こ・こ・か・ら color」から。様々な色を見せたライブのラストスパートは明るく楽しく!応援してくれるファンがどんなに大切で大好きかの思いをなんとか伝えようと不器用に言葉を重ねながらも、「残念なお知らせがあります。メインのパソコンさんが落ちるトラブルがありました」と目標だった無事故ならずを伝えて会場を笑わせたりと、トークでも最後まで笑いを忘れない渡部だった。ライブの終わりが近づくにつれ、だんだんトークが長くなる姿に、本当に大好きなファンと過ごすこの場所にずっといたいという気持ちが伝わってくる。だからこそ、最後の「スキがあふれて止まらない!」には胸に迫るほどリアルな心情が宿っていた。

int-160725-c008int-160725-c005

締めの記念撮影を終えた渡部からは、「近々皆さんに良いお知らせができるかもしれません!」とのうれしい予告もあった。ここで本来のセットリストは終了だが、「帰りたくないの、まだ歌いたいのー!わたしもう一回あの曲歌いたいんですけど!」という本人たってのキュートなおねだりで、急遽もう一曲歌うことに。歌うのはもちろんこの曲だ。「まだまだ未熟なところがたくさんあって、やれることはたくさんあって、本当にいつか完成する日が来るのかもわからない私ですが、私は私のペースで一歩ずつ、皆さんの笑顔を受け取りながら前に進んでいければと思います。いろんな楽しい幕を開けていければと思います!聴いてください、『Brightest story!』」。

int-160725-c006

Text by 中里キリ
※ライブ写真は昼公演のものです。

渡部優衣 1st LIVE 「FUN FAN STORY」
2016.07.23.原宿アストロホール
夜公演セットリスト

M01:Brightest story
M02:常夏ココナッツ
M03:秘密の呪文
M04:どんと胸をはれぇ!
M05:Last_Pain
M06:Shine! Shine!
M07:笑顔がイイネ☆
M08:100% Believe
M09:Say La La La
EN01:こ・こ・か・ら color
EN02:スキがあふれて止まらない!
EN03:Brightest story


●リリース情報
渡部優衣メジャー・デビュー・アルバム
FUN FAN VOX
発売中

【初回生産限定盤(CD+Blu-ray)】
int-160607-008

品番:TKCA-74371
価格:¥4,167+税

【通常盤(CD)】
int-160607-009

品番:TKCA-74375
価格:¥3,000+税

<CD>
1.Brightest story
2.こ・こ・か・ら color
3.どんと胸をはれぇ!
4.秘密の呪文
5.常夏ココナッツ
6.Last_Pain
7.笑顔がイイネ☆
8.100% Believe
9.スキがあふれて止まらない!
10.Shine ! Shine !
11.Say La La La

<Blu-ray>
1. Brightest story(Music Video)
2. Making Movie
3. FUN FAN DATE with 山口立花子

関連リンク

この記事を書いた人