まだバトンは渡せない!? 8年間の想いが詰まった“『ストライクウィッチーズ 秘め歌コンプリートBOX“STRIKE WITCHES”』発売記念イベント”レポート!

int-160722-main

2016年7月9日、東京・山野ホールにて、“『ストライクウィッチーズ 秘め歌コンプリートBOX“STRIKE WITCHES”』発売記念イベント”が行われた。これはアニメ『ストライクウィッチーズ』の全楽曲や新曲を収録したアルバムの発売を記念して行われたイベント。CDの発売イベントということで、トークコーナーのほかにアコースティックライブも行われた。また、今秋放送予定のアニメ『ブレイブウィッチーズ』のキャストもゲストで登場。今回は夜公演の模様についてレポートする。

今にして語られる名シーンの裏側

出演者は世戸さおり(坂本美緒役)、名塚佳織(リネット・ビショップ役)、園崎未恵(ゲルトルート・バルクホルン役)、野川さくら(エーリカ・ハルトマン役)、門脇舞以(サーニャ・V・リトヴャク役)、大橋歩夕(エイラ・イルマタル・ユーティライネン役)、主題歌を担当した石田燿子。そして『ブレイブウィッチーズ』から、昼公演は高森奈津美(ニッカ・エドワーディン・カタヤイネン役)、五十嵐裕美(エディータ・ロスマン役)、夜公演は加隈亜衣(雁淵ひかり役)、末柄里恵(雁淵孝美役)が出演した。

まずイベントが始まる前に、観客への諸注意のアナウンスで福圓美里(宮藤芳佳役)の声が流れるというサプライズが。福圓はこの日、都合により横浜アリーナにいるため出演することができなかった。そこで、事前収録のナレーションという形でこのイベントの「進行」を務めることになったわけだ。

アニメの1期が放送されたのが2008年。8年もの長きにわたって続いているコンテンツだけに、会場には熱心なファンが詰めかけた。みな過去に開催された『ストライクウィッチーズ』のイベントで発売されたさまざまなグッズを身につけていて、それを見ただけでも作品の歴史を感じさせる。昼の部も来たかどうかを聞かれると、ほとんどの観客が挙手するという状況で、もはや昼の部と席をシャッフルしただけという感じだが、それだけに温かみのあるイベントとなったのだった。

int-160722-001-c003

イベントは『ストライクウィッチーズ』の思い出のワンシーンを振り返るコーナー「ストライクウォッチーズ」からスタート。まず門脇は2期第6話の『Sweet Duet』が流れるシーンを選び、映像が映し出されると出演者からも「泣いちゃう」という声が……。すると、大橋もやはりこのシーンを選びたかったと明かす。だが、かぶってしまったので、同じく2期第6話でエイラとサーニャがケンカをしたシーンを挙げる。サーニャの投げたクッションがエイラの顔に……というシーンだが、実はエイラは予知能力があるので、クッションを避けようと思えば避けることができたのだという。しかし、サーニャから投げられたショックで動くことができなかった――。このシーンではそんな彼女の心理が描かれていたという裏側が明かされるのだった。

石田が挙げたのは劇場版で芳佳が巨大な魔法陣を作るシーン。最後にナレーションで参加している福圓は、1期第3話でミサイルを迎撃した後のシーンを挙げていた。

int-160722-001-c002

続いてのコーナーは「おしえて! 第501統合戦闘航空団」。これは来場者アンケートで募集した質問に答えるコーナーだ。最初の質問は「秘め歌で一番好きな歌を教えてください」というものだった。

まず野川が挙げたのは自分の曲から「2 hundred over」。園崎は「Sweet Duet」がやっぱり「尊い」と言い、観客も大きくうなずいていた。名塚は「Going up」が好きと言いつつも、「Over Sky」、「Friend-Ship」も思い入れの強い曲として挙げる。石田と大橋は「約束の空へ ~私のいた場所~」。門脇はラジオの曲だった「Endless Chat ~アルヨルノオハナシ~」が思い出深いという。世戸は「Sweet Duet」を正座しながら聞いていると言って笑いをとる。

どの曲にも尽きぬ思いがあるためためトークの時間も長くなり、質問はこれひとつで終了。この作品への思いはオールナイトイベントでもないと語り尽せないようだ。

ライブコーナーの準備で出演者は一旦退場し、入れ替わりで今秋から放送予定の新作『ブレイブウィッチーズ』のコーナーに。このコーナーは“雁淵姉妹”を演じる加隈亜衣と末柄里恵が進行していく。

“スージー”こと末柄は『ウィッチーズ』関連イベント初登場ということもあり、トークは役が決まる前のオーディションの思い出話から始まった。ふたりともオーディションではいくつもの役を演じたそうだが、加隈はひかり役に決まるとは全く思っていなかったそうで、マネージャーから決定の報を受けた時は思わず「本当に?」聞き返したという。

そんなふたりが『ブレイブウィッチーズ』のストーリーやキャラクターを紹介していく。この作品は『ストライクウィッチーズ』1期と2期の間の物語ということで、第502統合戦闘航空団“ブレイブウィッチーズ”の活躍が描かれるとのこと。もちろん、雁淵姉妹の他にもさまざまな少女たちが登場する。特に管野直枝役は村川梨衣が、ジョーゼット・ルマール役は照井春佳が演じるということで、このふたりが並ぶと大変なことになりそうという話に……。ぜひイベントでの共演を実現してほしいものだ。

放送前の9月4日に東京・NHKホール行われるKADOKAWAアニメのイベント“かどみゅ!”において、『ブレイブウィッチーズ』が参加。ここでオープニング曲が初披露されるということなので、気になる方は足を運んでほしい。

int-160722-001-c001

バトンは渡さず、みんなで『ウィッチーズ』を盛り上げよう!

イベントの後半はライブコーナー。今回はアコースティックライブということで、ストリングス、ギター、ピアノ、パーカッションといった編成のバンドで生演奏が行われた。

夜の部の1曲目は石田燿子の「STRIKE WITCHES 2 ~笑顔の魔法~」。観客はサイリウムを振ることもなく、落ち着いた雰囲気でライブが始まる。2曲目からは各キャラクターのソロ曲のコーナーとなり、キャストが1人ずつ入れ替わりで登場していく。

6曲目の「falcon eyes(たかのめ)」はもともと1期で坂本少佐役を務めた千葉紗子が歌った曲だった。それを今回は世戸が受け継いで歌うという、ここでしか聴けない貴重な機会となった。キャスト陣にとってもこれはかなり感慨深いものであったようだ。

8曲目からはユニット曲のコーナーに突入。8曲目の門脇舞以・大橋歩夕『Sween Duet』は、やっぱり尊かった。ふたりで見つめ合いつつ情感たっぷりに歌って、最後にはふたりが固く抱き合うという演出。曲が終わり、照明がついてからも抱き合ったまま。次の曲を歌うキャストが来てからも、まだ抱き合ったままだった。さすがである。

9曲目は世戸・名塚・野川の3人という珍しい編成による「Over Sky」。そして10曲目は園崎・石田による「約束の空へ ~私のいた場所~」でライブコーナーのラストを飾る。

あっという間にイベントも終わりの時間。石田は「まだやりたいことがたくさんあるので、またみんなで集まって楽しいイベントができたらなって思います」と最後に挨拶。大橋は「『falcon eyes(たかのめ)』を世戸ちゃんの声で聴けるなんて思わなくてすごい感激しました」とライブの感想を語る。門脇は「ここ数年になって、イベントをするたびにまだまだやれることがあるんだなと感じていて、今日もとてもうれしくて楽しい一日でした。末永く元気でまた集まりましょう」と次なる機会を望んでいた。2月のイベントを体調不良で欠席した野川は「今日はその時着ようと思っていた服でみなさんに会えたことが幸せでした」とその時の思いをここで晴らすことができたようだった。園崎は「楽屋で502(『ブレイブウィッチーズ』)の女の子たちといっしょになりましたけど、こうやってバトンタッチをするんだなと思いました」と言いつつも、「でもバトンは渡さないよ(笑)。だって、『ウィッチーズ』はみんながいて『ウィッチーズ』なんだから」「みんなの力で、ますます大きな空へ飛び立ちたいです」と新作も含めたシリーズ全体の今後への期待を込めたメッセージ。名塚も「これからもこんな日々が続いたらうれしいなと思うので、『ブレイブウィッチーズ』をみんな応援してもらいつつも、501もがんばっていきたいなと思います」と変わらぬ応援を求める。「まだ次の何かが決まっているわけではないし、もしかしたらずっと時間が空いてしまうかもしれないけど、でもこの場所に帰ってきたいと強く思いました」と、世戸が最後に締めた。

そして、坂本少佐(世戸)の「それでは、解散!」の掛け声で出演者は退場していった。

しかし、すぐに客席から手拍子が巻き起こる。アンコールに応えて、イベントTシャツを着た出演者7人が再登場。最後の最後はやはりこの曲、ということで全員で「Going up!」を歌うことになったのだが……。すると、観客はみな一斉に青と赤のサイリウムを取り出す。ここまで誰一人としてサイリウムを使っていなかったのだが、実はみんなちゃんと用意していたのだ。この一体感はすごい。「やっぱりこの青と赤のサイリウムが最高だね!」と出演者たちも感激する中、最高の盛り上がりでイベントは幕を閉じるのだった。

終演後、また福圓によるナレーションが会場に流される。この日、会場に来ることができなかった福圓は「これで終わりは寂しいなー。また絶対会いましょう!」と再会を誓った。それはきっと、会場にいた誰もが同じ気持ちだったに違いない。

【セットリスト 夜の部】
M-1 STRIKE WITCHES 2 ~笑顔の魔法~/石田燿子
M-2 twinkle star/門脇舞以
M-3 ミルク/名塚佳織
M-4 GOOD MORNING!!/大橋歩夕
M-5 Fly Away/野川さくら
M-6 falcon eyes(たかのめ)/世戸さおり
M-7 Brand New Passion/園崎未恵
M-8 Sween Duet/門脇舞以、大橋歩夕
M-9 Over Sky/世戸さおり、名塚佳織、野川さくら
M-10 約束の空へ ~私のいた場所~/園崎未恵、石田燿子

EN Going up!/全員

【セットリスト 昼の部】
M-1 STRIKE WITCHES~わたしにできること~/石田燿子
M-2 twinkle star/門脇舞以
M-3 ミルク/名塚佳織
M-4 GOOD MORNING!!/大橋歩夕
M-5 Fly Away/野川さくら
M-6 falcon eyes(たかのめ)/世戸さおり
M-7 Brand New Passion/園崎未恵
M-8 Sween Duet/門脇舞以、大橋歩夕
M-9 Over Sky/世戸さおり、名塚佳織、野川さくら
M-10 約束の空へ ~私のいた場所~/園崎未恵、石田燿子

EN Going up!/全員

Text By 金子光晴

関連リンク

この記事を書いた人