広場を埋め尽くした大観衆が歌姫初降臨を目撃!『マクロスΔ』歌は神秘!“ワルキューレ”ワクチンミニライブ in ラゾーナ川崎レポート!

int-1605172130-main 

TVアニメ『マクロスΔ(デルタ)』OPテーマ&EDテーマ発売記念イベント「歌は神秘!“ワルキューレ” ワクチンミニライブ」が5月14日、ラゾーナ川崎内ルーファ広場グランドステージで開催され、主題歌を担当するワルキューレより美雲・ギンヌメールの歌声を担当するJUNNAと、フレイア・ヴィオン役の鈴木みのりが登場した。

この夏にはファースト・ライブツアー「SANKYO presents マクロスΔ 戦術音楽ユニット”ワルキューレ” 1st LIVE in Zepp Walküre Attack!」の開催が決定しているワルキューレ。その注目度の高さは、この日のイベントに集まった大観衆の数と熱気からも感じることができた。2人を一目見ようとするファンはルーファ広場を埋め尽くしたのはもちろん、吹き抜けになった広場を見下ろせるバルコニーは360度、上層まで全てのフロアに人垣ができていた。

int-1605172130-001-c001

『マクロスΔ』で鮮烈なデビューを果たしたJUNNAと鈴木みのりだが、オープン・スペースで大観衆を前にしてのライブはこれが初体験。『マクロスΔ』関連のステージで歌った経験も、「『マクロスΔ』放送直前ルンピカ上映会」で歌ったのみだ。OPナンバー「恋! ハレイション THE WAR」のイントロ“Welcome to Walküre World.”のovertureと共に2人が姿を表わすと、会場は歌姫たちを大歓声で出迎えた。登場したJUNNAはやや緊張した凛とした面持ち。一方の鈴木が笑顔でわいわい踊りながら登場するのはどこか対称的で、美雲とフレイアの姿に重なるようだ。

int-1605172130-001-c003

1曲目で既にふたりで歌っていることでそれぞれの声質の違いや、ハモリの表現がより際立って感じられる。特に「Love Love! Melody of Love」を繰り返すフレーズを寄り添うように歌うハーモニーはとても美しい。鈴木が楽曲の盛り上がりに楽しくなってしまったように「うわー!」と叫ぶと、JUNNAは「ここはまるで Cosmic ワンダーランド」でハッとするようなシャウトを見せる。これだけ個性の違う2人が、お互いの良さを引き立てあっているようでとても楽しい。ラストの掛け合いでは鈴木が「一緒に!」と煽り、広場いっぱいの観衆を巻きこんでいった。

MCコーナーでは、JUNNAは「こんなにたくさん人が集まってくれるとは思いませんでした。でも皆さん盛り上がってくれてすごく楽しいです!」、鈴木は「お客さんの前で歌うこと自体、人生で2回目です。皆さんに私の歌を聴いてもらうことが夢だったので、うれしいです。みなさんほんとにあったかいです」とフレッシュな感想を伝えた。

int-1605172130-001-c004

今回のイベントはワルキューレ1stシングル「一度だけの恋なら/ルンがピカッと光ったら」の発売記念ということもあり、楽曲や収録に関するトークも行なわれた。鈴木は「「ルンがピカッと光ったら」は、私が初めてレコーディングした曲だったんです。何度も何度も練習して、歌うたびにフレイアちゃんのことがわかるような気がする、私にとって一番大切な曲です」とコメント。JUNNAは「私は「いけないボーダーライン」が最初の収録だったんです。この曲を最初に聴いた時から、楽曲が頭に残って消えませんでした」と語っていた。

そしてここからは、2人がメインボーカルを務める2曲を続けて披露。「いけないボーダーライン」はJUNNAがメイン・ボーカル。あの大人っぽく妖艶な歌声が15歳の少女から出てくるのは衝撃的だが、その声から緊張や、美雲らしさを全力で表現しようとする張り詰めた温度が伝わってくるのは初ライブならではだ。曲の中の“破壊と再生から私が出来る”あたりのたっぷりと抑揚を効かせた表現には、歌い終えたところで客席から歓声が起こっていた。鈴木は「いけないボーダーライン」でハモりに回るとぐっと表現が大人っぽくなるが、美雲のソロが続くパートでは笑顔になって客席に手を振りに行ったりと、表情がくるくる変わるのがとても楽しい。ラストのフレーズを2人で気持ちよさそうに歌いきると、JUNNAが鈴木を振り返って、2人がにこっと笑みを交わしたのが印象に残った。

int-1605172130-001-c005

鈴木がメインボーカルの「ルンがピカッと光ったら」は、鈴木の「みんな!もっともっと盛り上がる準備、できとるんかねー?」のひと声で、瞬く間に会場全体がフレイアワールドに。JUNNAも肩の力が抜けた楽しそうな表現を見せる。鈴木の「いくよ!るんぴかビーム!」の声に合わせて2人でポーズを決めると、一帯にハッピーなムードが広がった。「一緒に!」の煽りに会場が「Woh woh」の大合唱で応え、「ほいな!(ほいな!!)」なんてコール・アンド・レスポンスが決まるのはこの曲ならでは。最後は「ゴリゴリアタック!」の叫びに合わせた2人のダブル正拳突きで曲を締めくくっていた。

新発表コーナーでは、まずは7月6日にワルキューレ・ファースト・アルバム『Walküre Attack!』が発売されることが明かされた。アルバムは全12曲収録で、「Walküre Attack!」や「僕らの戦場」も収録予定とのこと。そして夏のライブツアー「SANKYO presents マクロスΔ 戦術音楽ユニット”ワルキューレ” 1st LIVE in Zepp Walküre Attack!」の追加公演が決定!追加公演の詳細は5月22日より放送されるアニメ第8話に合わせて発表される予定となっている。

int-1605172130-001-c002

発表後に歌われたラストナンバーは、もちろん『マクロスΔ』OP「一度だけの恋なら」。これまでの3曲で感じた印象が1曲にギュッと凝縮されたような表現は、これぞマクロスΔ、これぞワルキューレという感じ。特に二番以降のJUNNAと美雲の無敵感は圧倒的で、ラストの転調部でさらにテンションが上がっていく様子はそらおそろしくなるほど。最後は2人揃って、両手を使ったワルキューレサインでバシッと決めたのだった。

ステージ後の記念撮影にはサプライズで河森正治総監督も登場し、想いのこもった「ありがとうございます!」の叫びで大観衆に感謝を伝えていた。すごく印象に残ったのがこの時の鈴木の様子で、たたたっと河森総監督に駆け寄ると、手を取ってステージ中央までエスコート。そして河森総監督の手をとったままくるくるとワルツを踊るように回転しながら移動…と、その仕草のひとつひとつがもう本当にフレイアっぽい。入退場の時に両手ピースのまま面妖なダンスを見せたりと、どこまでが演技かわからない鈴木とフレイアの一体っぷりには今後も注目したい。

Text By 中里キリ


●リリース情報
TVアニメ『マクロスΔ』OP・EDテーマ
「一度だけの恋なら/ルンがピカッと光ったら」ワルキューレ
発売中
news-1604302300-c003

品番:VTCL-35226 
価格:¥1,400+税

 <CD>
M1.一度だけの恋なら
 作詞:唐沢美帆・加藤裕介 作曲・編曲:加藤裕介
M2.ルンがピカッと光ったら
 作詞:西 直紀 作曲・編曲:コモリタミノル
M3.いけないボーダーライン
 作詞:西 直紀 作曲・編曲:コモリタミノル
※各曲の Instrumental も収録

 

ワルキューレ 1stアルバム
『Walküre Attack!』
7月6日発売

【初回限定盤(CD+DVD)】
品番:VTZL-109
価格:¥3,500+税

【通常盤(CD)】
品番:VTCL-60428
価格:¥2,900+税

<CD>
01. 恋! ハレイション THE WAR~without Freyja~
02. 一度だけの恋なら
 作詞 : 唐沢美帆・加藤裕介 作曲・編曲 : 加藤裕介
03. ジリティック♡BEGINNER
 作詞 : 深川琴美 作曲・編曲 : 姉田ウ夢ヤ
04. 不確定性☆COSMIC MOVEMENT
 作詞 : 深川琴美・六ツ見純代・渡邊亜希子・姉田ウ夢ヤ
05. 僕らの戦場
 作詞 : 唐沢美帆・加藤裕介 作曲・編曲 : 加藤裕介
06. NEO STREAM
 作詞 : 西田恵美 作曲・編曲 : 渡辺未来 ストリングス編曲 : 倉内達矢
07.AXIA~ダイスキでダイキライ~
 作詞 : 六ツ見純代 作曲 : 松本良喜 編曲 : 鈴木 Daichi 秀行
08.GIRAFFE BLUES
 作詞 : 菜穂 作曲・編曲 : h-wonder ストリングス編曲 : 加藤裕介
09. Walküre Attack!
 作詞 : UiNA 作曲 : 小高光太郎・UiNA 編曲 : 小高光太郎
10. ルンがピカッと光ったら~album version~
 作詞 : 西 直紀 作曲・編曲 : コモリタミノル
11.いけないボーダーライン~album version~
 作詞 : 西 直紀 作曲・編曲 : コモリタミノル
12. 恋! ハレイション THE WAR~album version~
 作詞 : 深川琴美・姉田ウ夢ヤ 作曲・編曲 : 姉田ウ夢ヤ

<DVD>
「一度だけの恋なら」 Music Video

 

ワルキューレ are
美雲ΔJUNNA、フレイアΔ鈴木みのり、カナメΔ安野希世乃、マキナΔ西田望見、レイナΔ東山奈央

●イベント情報
SANKYO presents『マクロスΔ』戦術音楽ユニット ワルキューレ 1st LIVE in Zepp Walküre Attack!
8月14日(日)Zeppなんば大阪 開場16:30 開演17:30
8月21日(日)Zepp名古屋 開場16:30 開演17:30
9月10日(土)Zeppダイバーシティ東京 開場18:00 開演19:00

チケット:1F立見 6,900円(税込)/2F指定 6,900円(税込)
出演:戦術音楽ユニット『ワルキューレ』
美雲ΔJUNNA/フレイアΔ鈴木みのり/カナメΔ安野希世乃/レイナΔ東山奈央/マキナΔ西田望見
特別協賛:SANKYO
協賛:JOYSOUND
主催:ビックウエスト
企画:ビックウエスト/フライングドッグ
制作:フライングドッグ

一般発売:2016年7月16日(土)10:00

●作品情報
TVアニメ『マクロスΔ(デルタ)』
news-1602051830-3

TOKYO MX  毎週日曜22:30
毎日放送 毎週火曜27:00
テレビ愛知  毎週水曜26:05
テレビ北海道  毎週水曜26:05
TVQ九州放送  毎週月曜26:30
BS11  毎週火曜24:00
dアニメストア 毎週水曜12:00更新 ※インターネットでの配信となります
※曜日・時間につきまして放送局の編成の都合により、変更となる場合がございます。

【キャスト】
ハヤテ・インメルマン:内田雄馬
フレイア・ヴィオン:鈴木みのり
ミラージュ・ファリーナ・ジーナス:瀬戸麻沙美
美雲・ギンヌメール:小清水亜美
カナメ・バッカニア:安野希世乃
レイナ・プラウラー:東山奈央
マキナ・中島:西田望見
アラド・メルダース:森川智之
メッサー・イーレフェルト:内山昂輝
チャック・マスタング:川田紳司
アーネスト・ジョンソン:石塚運昇
ロイド・ブレーム:石川界人
キース・エアロ・ウィンダミア:木村良平
ボーグ・コンファールト:KENN
ヘルマン・クロース:遠藤大智
カシム・エーベルハルト:拝真之介
テオ・ユッシラ/ザオ・ユッシラ:峰岸佳
グラミア6世:てらそままさき
ハインツ2世:寺崎裕香

【スタッフ】
原作:河森正治・スタジオぬえ
総監督:河森正治
監督:安田賢司
シリーズ構成:根元歳三
キャラクター原案:実田千聖[CAPCOM]
キャラクターデザイン:まじろ / 進藤優
世界観デザイン:ロマン・トマ
音楽制作:フライングドッグ
アニメーション制作:サテライト

(C)2015 ビックウエスト/マクロスデルタ製作委員会

関連リンク

この記事を書いた人