2.5次元芸能事務所「ツキノ芸能プロダクション」が送る声優バラエティ番組「ツキプロch.」スタート記念!「ツキクラ」メンバー13名のインタビューをお届け!!

news-1603171830-01

4月6日からスタートする声優バラエティ番組「ツキプロch.(ツキプロチャンネル)」。ツキプロキャラクターを演じる人気男性声優陣のトーク&企画コーナーや『ツキプロ Music Grand Prix 2016』で選ばれた13人の新人男性声優=「ツキクラ」メンバーたちの奮闘と成長を追いかけるコーナーなど、ツキプロファンには見逃せない番組だ。初めての収録を終えた「ツキクラ」の13人に、デビューと番組への意気込みを聞いた!

――まずは自己紹介ということで「ココが売り!」というポイントと愛称、またはご自身のキャッチフレーズを教えてください。

news-1603171830-06

荒 一陽 声優初挑戦!中二病で二次元のイケメンが大好き。「ちょっぴりおかしな中二病プリンス☆キラキラ」な荒 一陽です。

news-1603171830-07

市川太一 あまり愛称をつけてもらった経験がありませんが、一部の友人からはイッチーと呼ばれているので、“イッチー”と呼んでください。

news-1603171830-08

糸川耀士郎 どんなときでも全力、明るい、ポジティブ!!!でも意外とバラード曲を歌うのが得意です。愛称は“糸ようじ”です。

news-1603171830-09

井上雄貴 僕の売りはメガネ。お芝居と歌とメガネを推していきたいです。キャッチコピーは、「メガネと笑顔で幸せ届ける大天使・イノエル」です☆

news-1603171830-10

大島尚起 売りポイントは目力。キャッチフレーズは、笑顔の年下。大島尚起です。

news-1603171830-11

大海将一郎 変わっていると言われることが多いですが、変わっている部分も含めてメンタルの強さが売りの大海将一郎です。キャッチフレーズは「圧倒的いとこ感!」です。

news-1603171830-12

菊地 燎 常に焦らずマイペースであるがゆえの安定感が売りポイントの菊地 燎です。キャッチコピーは「マイペースキング、マイペースムシブリーダー!」。

news-1603171830-13

小松準弥 小松準弥です。クールな外見からこぼれる笑顔と183センチの身長が売りです。キャッチコピーは「ダークプリンス!クールビューティー!」です。外見がクールな割によく笑います。

news-1603171830-14

徳武竜也 人懐っこさが売りだと思います。迷ったらとにかくやってみるがむしゃらさもあります。「一家にひとり欲しい癒し!」がキャッチコピーです。

news-1603171830-15

西野太盛 素直なところと自分に対してちょっと厳しくマイナス思考なのでしっかりいろんな意見を吸収して成長できるように頑張るところを売りのポイントにしていきたい西野太盛です。キャッチコピーは関西人なので「西のミックスジュース」で!

news-1603171830-18

筆村栄心 自分で言うのもなんですが、かわいいところが売りです。でもさらにかわいくてキラキラした人になるために日々勉強中でもあります。キャッチコピーは「LOVE×LIKEの狭間に生きる天使☆」です。

news-1603171830-16

古畑惠介 みんなに幸せ届けますっ!!笑顔満開☆古畑惠介、“ふーくん”です!!売りは舞台出身ということで、声で、身体でキャラを表現していけたらと思います。つまりは完全なる2.5次元めざします!!

news-1603171830-17

松岡一平 泥臭いくらいのがむしゃらさが売りです。愛称はそのまま“がむしゃら”または“いっぺー”です。

――みなさん13人が新たに所属してさらに大所帯となったツキノ芸能プロダクション(以下ツキプロ)ですが、このプロジェクトに対してはどのような印象がありますか?

 僕は元々は「ツキウタ。 」という作品はもちろん知っていて、キャラのデザインも見ていました。そして、こういう二次元アイドルの世界が大好きだったので、すごく大好きな作品です。

市川 「ツキウタ。」は各月をイメージしたキャラクターで、その季節に合ったキャラクター性を大事にしていて、すごく雰囲気もあるし、一人ひとりのキャラクターを通していろんな人が楽しめるなと思っています。それぞれが好みに合うキャラを応援できるのがいいなと思います。

 「ツキウタ。」はキャラが作り込まれていますし、年が変わるごとに身長なんかも変わっていったりもするので、2.5次元として本当にいるんじゃないかと思えるんですよね。プロフィールがしっかりしていて。

市川 公式サイトは頻繁にチェックしたくなりますよね、凝っていて。

井上 僕の好きな声優さんばかりが出演されています。元々アニメというコンテンツが大好きで、いろいろと観ていくうちに自然と「ツキウタ。」を知りましたし、後続ユニット発表の瞬間もファンのみなさんと同じで、ツィッターで見ていたりもしていました。「ツキウタ。」は音楽が前面に出ていて、そして声優さんがや的で面っていること、さらに2.5次元の芸能プロダクションという斬新なコンテンツで。このカタチが不思議かつ魅力白いですよね!若干謎の部分もありつつ、どんなふうに進んでいくのか楽しみですよね。

糸川 僕はまだ皆さんと比べて声優さんの所属されている事務所さんを勉強中で……でも「各キャラクターがすごくキラキラして輝いているな」という印象が強いです。しかも“二次元ではなく、本当に存在している”と僕も感じますし、信じたいし。今回の「ツキクラ」のメンバーを見ていても、みんな前向きだし、明るいし、キラキラしているんです。そのツキプロの一員になれたことがすごくうれしいです。

大島 豪華声優さんたちが集う大型プロダクションだと思っています。僕もその一員だなんて夢見たいですね。しっかり頑張って、楽しんでいきたいです。

筆村 ツキプロの中でもいちばん尊敬しているグループがSix Gravityさんなんです。すごく歌もカッコいいし、キャラクターも個性的。だからそんな先輩のようになりたいなっていうのを、ずっと前から思っていました。それもキッカケで受けてみて、このオーディションに受かって、これからはツキプロを先輩たちと一緒に盛り上げていけるように頑張りたいです。

松岡 ツキウタ。の皆さんのような活動をやりたいな、という気持ちはあったんですが、どちらかと言えば憧れのような気持ちが強くて。思い切って受けてみましたが、いざ自分が実際にやるとなると自分の理想のようにはまだできなかったりして。まだまだ始まったばかりでつたないとは思うんですが、それでもツキプロの有名な先輩方にはまだ遠いですが、僕らが入っていくことによって、成長していく過程だったり、この13人でしか見せられないものを見せていければいいのかなと思っています。

古畑 さすが! 

筆村 コメントがしっかりしてます!

松岡 いやいや(照れ笑い)。

――そんなみなさん、本日初の「ツキプロch.(ツキプロチャンネル)」収録に臨まれましたが、13人集まってみていかがでしたか?

古畑 オーディションで会った以外

――は昨日が初対面で、今日は2度目なんです。でも2度目じゃないだろうっていう雰囲気で。みんな本当にいい人ばかりなのでこれからが楽しみで。やりやすそうです!

菊地 それぞれがそれぞれの個性を持っていて一人ひとりが違うので、キャラかぶりもない、お互いが刺激し合う魅力的な13人が揃ったんじゃないかと僕は思います。

小松 僕もそう思います。個性豊かなメンバーが揃いました。みんな情熱を持った人ばかりなので、このメンバーで良かったな、と感じています。

徳武 やっぱりそれぞれ出てきたところが違ったりするので、こんなに一人ひとりキャラが濃いものか、と。埋もれないように頑張らなきゃいけないな、と。

西野 本当に濃いですよね。自分も周りのすごさに圧倒されているんですが、自分にしかない個性を早く見つけて出せるようにして、追いつかないとないといけないなと思っています。

――その初収録の感想を。

 わからないことも多々あるので、すごく緊張もしたんですが、楽しくやれました。今後続けていけるということでワクワクとドキドキが止まらないのが今の心境ですね。

市川 今日の収録は本当に楽しかったです。みんながわりと仲良くできていることが背中を押してくれて。自分の中でも番組を通してやりたいことがちょっと見えてきたかな、とも思いました。

徳武 収録現場へ来たら、メイクさんやスタッフさんがすごくたくさんいて、そして仲間たちがいて、準備が進むごとにだんだん緊張してしまいました。でも収録が始まればみんな「いいものにしよう」という気持ちがあるからこそ、自然とみんなが同じ方向を向いてくる、というか。これからみんなのことを知って、お互いにツッコミ合えるようになればいいなと思いました。

西野 僕は本当に初めての事ばかりで、自分は自分にできることを精一杯やろうと思って臨んだんですが、結果みんなの雰囲気に助けられて楽しくてずっと笑っていました(笑)。あとは関西出身というノリを出せたので、そういう強みをもっと見つけて出していけたらな、と思いました。

井上 とにかく楽しかったです!

大海 そうですね。まだまだそれぞれのキャラクターや個性で探っている部分はありつつも、本当に面白いものになっていくんじゃないかなという気がしてきましたし、これからブラシュアップして絶対に見逃せないような番組にしていきたいなと思います。

井上 最初は距離感が掴めなくて。でも盛り上げなきゃと思ってスタートしたんですが、途中からはお互いの呼吸もわかってきて、このまま深めていけば、やっている僕らも、観てくださるファンの皆さんも、どんどん楽しくなっていくだろうな、という予感がしました。

大島 すごく新鮮でした。僕はメンバーの中でも最年少なんですが、先輩たちがすごく温かくて。リアクションも勉強になりますし、いっぱい先輩たちを頼って、いろいろと勉強したいと思いました。

糸川 僕は今、自分の劇団の冠番組をさせていただいているんですが、「ツキプロch.」はまた全然違う現場だな、というのを感じました。今日初めてメンバーとひとつの仕事をした感じだったので、みんなで「どういうふうにやっていこうか」というのを探り探りやっていた印象があるんですが、みんなめちゃくちゃキラキラしているので、ずっと自然体でいれましたね。

菊地 結構、慣れてるのかな?という方もいらっしゃって。最初自分は押され気味だったところはありました。でも最後のほうは自分からもいろいろと投げていけたところもあったので、最初にしてはなかなか良かったな、なんて(笑)。

小松 僕も収録は初めてだったので、超緊張しました。どのようにやっていけばいいのかは本当に探り探りの状態で参加させていただいたんですけど、みなさん的確なツッコミだったり、周囲に気を配って「こうしたらどうですか?」ってアイディアを出してくださったり。あとは「自分が出るときには出る」とそれぞれが考えて連携しながらやっていたので、たっぷり吸収して、今後に生かしたいなと思いました。

筆村 いちばん初めに13人で集まった時は自己紹介はあったんですけど、雑談できるまではお話ができなかったんです。でも今日の収録は撮影の合間の休憩時間もずっと一緒にいましたし、お昼をみんなで一緒に食べたりもして、今日一日でグッと距離が縮まったような気がします。これからのことが楽しみになる収録だったなと思います。

古畑 実は頭がずっと真っ白で。オンエアを見るのが本当に怖いです(笑)。でもさっきもお話したように、みんなすごく仲良くなっていたので、あっという間の楽しい時間が過ごせました。またこれが今後も何回もあるんだと思うと今からワクワクします。

松岡 朝来たときには本当にいろんな方がいらして、これから始まるんだという空気が充満していたので緊張しちゃったんですけど、いざ始まるとみんなと話すのも楽しいし、スタッフのみなさんも気さくで助けてもらって、気づいたらうれしいという気持ちでいっぱいでしたね。

――今後この13人はもっと仲良くなっていきそうですね。

糸川 そうですね!そのためにもみんなでどこかに出かけてみたいです。男子学生っぽい感じで出かけたいですね(笑)。番組を通して僕らの絆が深まっていく様子も見てもらいたいです。

井上 じゃあ、まずはみんなでごはんを食べに行きましょうよ!

大海 同じ釜の飯を食う、いいですね。そういったところで見えてくるものもあると思いますし、まだ仕事の面でしかお会いしていないので、オフの表情なんかも見ていきたいですね。

――ご自身が楽しみにしていることを教えてください。

市川 みんなと一緒に活動していきながら、どんどん僕というキャラクターを知ってもらって、いろいろな面を出していきたいなと思います。まずは「ツキプロch.」でみんなのコメントを一つひとつうまく拾って広げていって、自分の個性もそこに乗せていけるようになりたいです。

 僕はテンパったり失敗したりも多いんですが、キメるところはキメられるような、王子様キャラとして認めてもらえるような自分を出していきたいです。

古畑 もっと周りが見えるようになりたいなと思いました。もっとみんなの言葉を拾って助け合って番組も僕たちも一緒に成長していきたいですね。

松岡 今日の収録だけでも、今まで話したことのないようなメンバーのことが伝わった部分もありましたし、成長できた部分も少なからずあったと思います。これからなりたい自分像を持てるように、そんな自分たちの成長が楽しみです。

糸川 僕は普段の現場が、ガッツリ演技をする集団にいるので、こうやって2.5次元で歌って踊ることは僕自身にも刺激になっているんです。こんなふうに輝いている集団の中でやれることが楽しみなので、個性的なメンバーですが埋もれないようにしたいです。やるからにはいちばんを目指して頑張ります。

大島 「ツキクラ」の13人は団結力があると思うので、これを継続していくにはどうしたらいいのかなって事を皆と一緒に考えつつ、個々の能力を上げながら絆を深めていくことが楽しみです。

井上 13人でステージに立つことが楽しみです。あとツキプロからのメジャー・デビューも楽しみですし、自分たちの担当キャラクターと共に成長していくことを楽しみにしています。

大海 僕も同じです。13人全員でメジャー・デビューもしたいですし、それぞれがどういったキャラクターになっていくか、番組を通して育んでいくキャラウターや2.5次元として、僕たちがどういうふうになっていくか楽しみです。

菊地 僕は歌をやりたかったというのもあるので、ステージでファンの皆様の前で実際に歌って踊るのが何よりも楽しみでしょうがないです。

小松 楽しみなことはこれから起こること全部です!今日は初めての収録もありましたし、これからアニメなども決まっていますし、デビューしてCDを出して歌をうたうのも初めてになりますから。今後のことすべてが楽しみで仕方ないです。

徳武 ステージの上に立って、みなさんの応援を受けることですね。小さい頃からヒーローショーやライブのステージに立つ人の姿に憧れていたので、そのような場所に立てることを想像しただけでも最高だなと思います。

西野 僕はゆっくりとマイペースに、いちばん最初の目標は自分の成長を楽しみたいと思います。

筆村 「ツキプロch.」がスタートして、「ツキウタ。」はアニメ化もされますし、いろんな展開が待っていますが、僕たちはまだユニットや自分たちのキャラクターには出会えていなくて。なので、自分たちがこれからどういうふうに先輩たちと出会えて、共演できるんだろうっていうのがすごく楽しみです!


●番組情報
声優バラエティ番組「ツキプロch.(ツキプロチャンネル)」
2016年4月6日(水)23時~(毎週水曜放送)

【出演者】
・ツキプロキャラクターを演じる人気声優陣
・ツキクラ(荒 一陽、市川 太一、糸川 耀士郎、井上 雄貴、大島 尚起、大海 将一郎、菊地 燎、小松 準弥、徳武 竜也、西野 太盛、筆村 栄心、古畑 恵介、松岡 一平)※50音順
【番組内容】
①ツキプロキャラクターを演じる人気男性声優陣のトーク&企画コーナー
ツキノ芸能プロダクションには、さまざまなキャラクターが所属しており、いくつかのユニットを組んでいます。そのユニットごとにスポットを当て、キャラクターを演じる人気声優陣によるトーク&企画コーナーを展開します。人気急上昇中の“SolidS”キャストをメインとしたコーナーをはじめ、各ユニットごとのカラーや特性を生かしたコーナーを企画中!
②13人の新人男性声優=ツキクラメンバーの成長を追いかける体当たりドキュメント
『ツキプロ Music Grand Prix 2016』で選ばれた13人の新人男性声優たちの奮闘と成長を追いかけます。さまざまな体当たり企画やレッスンを経て、切磋琢磨しあうことで、視聴者が応援したくなるチームへと育てていきます。
③ツキプロファン必見の最新情報やイベントレポート
2016年にアニメ化が決定している『ツキウタ。』シリーズをはじめとして、ツキノ芸能プロダクションに関する最新情報や告知をお届けします。また、ライブ映像やイベントレポートといったファン必見のお宝映像も!?

【ツキプロとは?】
2.5次元に存在する架空の芸能事務所『ツキノ芸能プロダクション』。アイドル、俳優、声優、お笑い芸人からアナウンサーまで。個性豊かなタレントたちを抱えた大手プロダクションです。

関連リンク

この記事を書いた人