黄金色に輝く最高の“宴”!浪川大輔 2nd Live“Banchetto”レポート

int-140825-001-c002

『ペルソナ4』の主人公や『ヘタリア』のイタリア役などで知られる人気声優・浪川大輔が、約1年ぶり2度目となるソロ・ライブ「Kiramune Presents DAISUKE NAMIKAWA 2nd Live“Banchetto”」7月26・27日に品川プリンス ステラボールで開催。イメージカラーである黄色のサイリウムで埋め尽くされた会場で、バラエティ豊かな渾身のパフォーマンスにより笑顔の“宴”を作り上げてみせた。

int-140825-001-c003

「リスアニ!WEB」が潜入したのは初日の26日。これまでに演じてきた数々のキャラボイスによるアナウンスで開演前からフロアを沸かせるや、まずはスモークの中からステージ壇上に浪川が登場。爽やかなオープニング・ナンバー「空色追想歌」からダンサーを従えた「Only Love」へと雪崩れ込むと、小さな動き一つひとつに歓声があがり、一挙手一投足を見逃さないオーディエンスの熱気が瞬く間に場内に充満する。

int-140825-001-c007

しかし、それも彼の“Banchetto”の中ではオードブルに過ぎないもの。今回のタイトルに掲げられたイタリア語で“宴”や“宴会”という意味があるとのことで、「いろいろ無礼講なことが起きるんで!」との言葉通り、この日のライブには実にさまざまな趣向が凝らされていた。 

int-140825-001-c004

3曲目の「デリンジャー」からステージに生バンドが現れてロックな熱を高めると、「ジキルとハイド」では浪川自らギターをかき鳴らしながら熱唱。続いて上映されたドラマ映像では、金髪ボブ・ピープル、ヒロイン・ステラを始めとするすべての登場人物を浪川が演じて阿鼻叫喚の渦を巻き起こし、その物語を繋ぐ形でマジックを披露するのだから無礼講にも程がある(笑)。コミカルかつキレの良いメドレーを挟んでは、「本日のメインディッシュ・ステラが参りました!」とMC。極上の御馳走に、まさしく場内の沸騰はクライマックスにまで駆け上がる。

int-140825-001-c005

一方、今回のライブには“記憶”“思い出”といったテーマも設けられており、映像をバックに壮大に歌い上げる「Hand in Hand」や、ピアノバラードの「マボロシ・ファンタジスタ」など、切なさを纏った楽曲もフィーチャー。壇上でダンサーたちと緩急豊かなストリート系ダンスを魅せ、「ROCK STAR」でスタンドマイクを握るというアグレッションとのギャップを、大いに際立たせる演出が憎らしい。

int-140825-001-c006

「何回も挫折して、それでも、もっと上手くなりたい。いくつからでも挑戦はできるんだ!ってことを示したい」
そんなメッセージを体現したステージで観る者に力を与えながら、終盤にはコール&レスポンスが爽快な「Jump Out Loud」、大合唱が雄々しい「UTAO」とおなじみの曲で場内一体となってうねりをあげ、最新シングル「Recollection」で本編を締めくくることに。歌い始める前には、こんな言葉も贈られた。

「去年の1stライブも、今日と同じ場所でした。この光景が思い浮かんで、この1年、辛いことも乗り越えられました。過去から学ぶ今の自分は大切。いろんな想いを込めて作らせてもらった曲を最後に、心を込めて歌います」

心地よいテンポで届けられる歌は切実な響きを持って迫り、前述のMCに“切ない記憶は 正しい未来を選ぶ羅針盤”というリリックが重なって、聴く者の胸を締めつける。そして振られる黄色のサイリュームはフロア一面に黄金の草原を作り上げ、会場が心ひとつにしなければ生まれ得ないその景色に、言葉にできない感動を覚えてしまった。

int-140825-001-c008

アンコールでは“ダイスケ、大好き!”と客席から飛ぶ声に照れるシーンもありつつ、最後は「HEY!!!」で一斉にまわされるタオルと、舞い散る金吹雪の中で「もう、どれだけ汗かいてるかもわかんなくなっちゃったよ!」と大ハシャギのフィナーレを。ステージの端から端まで細かくお辞儀して、1年ぶりのソロ・ライブは興奮と熱狂のうちに幕を閉じた。

また、翌日27日のMCでは、待望の1stフル・アルバムを今年12月にリリースすることを発表。12月13・14日には名古屋での3rdライブが決定したことも発表され、声優のみならずアーティストとしての浪川大輔から、ますます目が離せなさそうだ。

Text by 清水素子

浪川大輔 2nd Live “Banchetto”
2014.07.26@品川プリンス ステラボール

関連リンク

この記事を書いた人