「オール・オーヴァー」(「FLAT」C/W)発売記念!livetune(kz)×やのあんな スペシャル対談!

int-140305-001-c001int-140305-001-c002

インターネット・シーンが生んだ最大のヒット・メイカーにして最強のポップ・マエストロ、livetunekzが手掛けるTVアニメ『魔法少女大戦』、PlayStation®Vita専用ソフト『魔法少女大戦ZANBATSU』の主題歌「オール・オーヴァー」。ボーカリストには、雑誌「Used Mix」や「mer」「KERA」等でモデルとして活躍する“やのあんな”が起用された。
2度目のコラボレーションとなる両者の共通言語はやっぱりアニメ? やのの音楽活動に注ぐ熱い思いと、kzが「オール・オーヴァー」に込めた“故郷”への思いとは? そしてやのが「女の子は切なくて儚い」と語る〈女の子論〉の真意とは?注目の対談となりました!

――本日はlivetune adding やのあんなとして誕生した「オール・オーヴァー」のお話しを中心にお伺いしていきたいのですが、そもそもの出会いは、やのさんのデビュー・シングル「Shape My Story」をkzさんがプロデュースしたことからはじまっているんですよね?

kz そうですね。「Shape My Story」のレコーディングのときにはじめて会ったんですけど、「とんでもないヤツがきたぞ」と衝撃を受けまして(笑)。

やの とんでもない!?(笑)

kz 彼女、信じられないくらいアニメが大好きで。

――噂では、大層お好きだとお伺いしていますが。

kz それが「大層お好き」レベルじゃないんですよ! 最初に会ったときは、ジャブ程度に「アニメとか好き?」と聞いたんです。そうしたら、「今季はですねぇ……」とはじまったから、「これはマズい子がきたぞ」と(一同笑)。ちなみに、今季好きなのは?

やの 今季だと「桜trick」ですかね。最近、原宿系のお友達もみんな「桜trick」にハマっていて。あとはやっぱり、「ニセコイ」は最高ですね。

kz ありがとうございます(笑)!

やの アニメなら全ジャンル好きなんですけど、特に可愛い女の子が出てくるアニメに惹かれるんです……。でも、「黒子のバスケ」とかも本当に大好きで……。

――確かに、とんでもない逸材が現れました!

kz だから僕は、第一印象が「アニメ好きのとんでもない子がやってきた」だったんですけど、いざレコーディングがはじまると、本当に歌が上手くてびっくりしたんです。聞いたら、「実はずっと音楽活動がしたかった」と言っていて。面白い子だし、これからもずっとご一緒できればと思っていたから、今回の「オール・オーヴァー」のオファーも受けてくれて、すごく嬉しかったですね。

やの 私は、kzさんに対して勝手に会う前から「怖い人」という印象を前から持っていて……名前もローマ字だし(一同笑)。

kz なんだよそれ(笑)! ひらがなだったら良かったのか(笑)!?

やの でもでも! レコーディングの前にアニメの話をしてくださったり、いろいろなお話で私の緊張を解いて下さって。優しい方なんだなぁって思いました。今回もkzさんの曲でアニメの主題歌が歌えることが、本当に嬉しいです。『魔法少女大戦』の放送が今から楽しみで楽しみで仕方がなくて!

――今回の「オール・オーヴァー」ですが、どのような着想から生まれた曲なのでしょうか?

kz ライトノベルやコミックが原作ではないアニメ作品って、原作を読み込むことができないから、通常は“取っ掛かり”を見つけるのがなかなか難しいんです。でも『魔法少女大戦』は初めから70~80ページくらいありそうな分厚い資料を送ってきてくださったり、打ち合わせで方向性を擦り合わせてくださっていたので、すごくやり易かったんですよ。イメージとしては、“大戦”という物々しいタイトルが付いているけど、基本的には「可愛い女の子たちが一生懸命頑張る話」ということだったので、今回は敢えて分かり易く、ストレートに可愛い曲をイメージして作りました。

やの 私は“魔法少女”と聞いた段階で、胸がドキドキと高鳴ってしまって(笑)。『魔法少女大戦』は各都道府県をモチーフにした魔法少女たちが頑張る作品なんですけど、彼女たちの衣装などに和風のテイストがたくさん散りばめられているんです。実は私、神社巡りが趣味なくらい日本的なものが大好きで。

kz 神社巡り?

やの はい!一番好きなのは長野県にある諏訪大社で、『東方Project』のモチーフになっている神社でもあるんですけど、あそこには何度も何度も行っています。あと、広島県の厳島神社はやっぱり最高ですね。神社で神聖な空気を感じるのが、私はすごく好きで。kzさんからいただいた「オール・オーヴァー」のデモも、第一印象から和を感じる雰囲気があったので、私の好きな〈魔法少女×和〉がたくさん詰まった曲になると思って、すごく嬉しかったです。デモの段階から、この魔法少女たちが動き回る絵が浮かんできて、テンション上がりまくりでした!

kz シンセで和風の旋律を取り入れているんですけど、打ち合わせでは「和風は特に意識されなくても大丈夫です」とアニメ制作サイドの方からは言われていたんです。でも、キャラクターのイラストを見ながら曲を作っていると、どうしても引かれていくところがあって。結果的にあんなちゃんがこんなに喜んでくれているので、取り入れて良かったなと思いました(笑)。

――和の旋律、そしてサビのメロディラインなど、今回はかなり中毒性の高い、クセになるような要素がたくさん詰まっているなと感じました。

kz いろいろなポップスを聴いていても、耳に残るメロディって、やっぱり“繰り返し”だと思っていて。ただ、今までのlivetuneってそこまで“繰り返し”を尊重した曲って多くないんですよ。ここ1年くらい、そういう曲を作りたいなと思っていたんですけど、それがやっと今回の「オール・オーヴァー」で実現できたかなと。“繰り返し“のメロディって、可愛い曲の方がやっぱり映えるので。

やの 和の旋律と可愛いメロディ、そして魔法少女たちのイメージがしっかりと頭にあったので、レコーディングは楽しみながら取り組めました。

kz このレコーディングでは、リズム感と歌の歯切れの良さを尊重してほしいと伝えて、歌ってもらいました。それがこの曲のグル―ヴの基点になるものなので。でも本当に、「またさらに上手くなったな」と感じましたね。

やの 嬉しいです!私、たぶん褒められると伸びるタイプなので(一同笑)。「Shape My Story」から継続して、歌の練習を重ねてきた甲斐がありました。

kz きっと人前で歌う機会が増えたことが、プラスに働いたんじゃない?

やの 確かに、レコーディングで上手く歌うこと、そして人前で上手く歌うこと、そればかり意識していました。でもライブをした後に、撮ってもらった映像を見て、自分で改善点を見つけたり、マネージャーさんやいろいろな人からも意見をもらって、それを自分なりに解釈して練習したりしています。

kz 僕もDJをやっていて、後で自分の映像を客観的に見てみると、自分で〈やれている〉と思っていたことができていなかったり、アクションで大きく見せているつもりがそこまで大きく見せられていなかったり。客観的に見ることで、初めて分かることってたくさんあるよね。次に自分は何をするべきか、それが本当に分かり易く見えるから。

やの 今は、そうやって自分の歌の技術を一段一段向上させることが、楽しくて仕方がなくて。こういうことって、学校を卒業してからはあまりないことだったから(笑)。歌やライブのパフォーマンスは、やればやっただけ、分かり易く自分に返ってくるんですよね。それにモデルのお仕事も、普段の日常生活も、すべて音楽に返ってくる気がしていて。だからこそどれも疎かにしないで、毎日頑張ろう!と、より思うようになりました。実際に私の趣味だった神社巡りも、今回のレコーディングにたくさん良い影響を与えてくれましたから(笑)。

kz 何かを表現する人……何かを作ってアウトプットしていく人は、必ずインプットが必要になるからね。僕、制作が忙し過ぎてここ数カ月の間はぜんぜん外に出られなかったんですよ。そうしたら、すっごく辛くて(笑)。だから友達と飲みに行くこととか、外でリフレッシュすることって本当に大切だなと思ったんです。そうすることで刺激をもらって、また表現することに打ち込めるので。僕もライブと音楽制作が相乗効果を生んでるし、あんなちゃんもモデル活動と歌手活動がきっと良い相乗効果を生んでいるんだと思うんですよ。どちらかに打ち込んでいるときって、もう片方の活動を俯瞰で見ることができるから、成長のチャンスがたくさん転がっていると思うし。

――歌詞について、やのさんはどのように受け止めましたか?

やの 「足音」という単語が繰り返し出てくるんですけど、この言葉が印象的で。魔法少女たちの躍動感が歌詞からたくさん伝わってくるなって思いましたね。

kz 女の子の日常って、頑張ることがたくさんあると思うんですよ。恋に頑張らなくちゃいけなかったり、お化粧を頑張らなくちゃいけなかったり、ファッションに気をつけなくちゃいけなかったり。「女の子って大変そうだなぁ」って、男目線で思う部分があって。そういう〈頑張り〉を歌詞で表現したかったのと、もうひとつは47都道府県を題材にした作品なので、「地元ってイイよね」という部分を盛り込みたくて。故郷があって、帰る場所があることって、すごく幸せなことだと思うんですよ。僕の地元は宮城県なんですけど、例にもれず、田んぼがあって、ジャスコとかでかいショッピング・モールとかがあって(笑)。だいたい地方都市とか郊外って似たような景色が広がってはいるんですけど、そこを故郷にする人々ならではの空気感って、みんながそれぞれ抱えているじゃないですか。それってすごく懐かしかったり、切なかったり、どうしようもないものなんだけど、「なんかいいよね」って僕は思うんですよ。あの安心感は、他に代えの効かないものだと思います。しかも『魔法少女大戦』のヒロインは宮城県がモチーフなんです。七夕飾りを頭につけて、こけしの鈍器で戦うという完全にぶっ飛んだ設定なんですけど(一同笑)、あの子のカラーリングを見ていたら懐かしい気持ちも湧いてきましたね。

やの そうだったんですね……あれ? そういえば歌詞の話って初めて聞きましたよね(笑)。

kz 今日初めて話したからね(笑)。あと、あんなちゃんが言っていた「足音」ですけど、魔法少女たちはそれぞれ地元のために戦っているのですが、他の県の魔法少女たちの存在を感じながら「私も頑張ろう!」と思っていて欲しいな、という部分を歌詞にしたいと思ったから入れた部分なんです。僕たちで言うと、離れ離れになってしまった地元の友達の頑張りって、ツイッターとかSNSとかで聞こえてくると嬉しかったりするじゃないですか。そういう部分を、「足音」という言葉で表現したいと思ったんです。あと地方って「坂道」が多いなとか、故郷を意識するときって「放課後」というキーワードが自分の中から無くなってからだな……とか、そういうイメージを散りばめました。

やの そう言われてから歌詞を読み返すと、いろいろな風景が浮かんできました。私は神奈川県出身で、そこまで故郷を遠くに感じることはできないんですけど、「放課後」というキーワードからは、高校生のころにやっていたバンドの練習風景が浮かんできましたね。学生のころに熱中していたものが、自分にとっては故郷のイメージなんです。いろいろと過去の思い出を振り返らせてくれる歌詞でもあるのですが、私はすごく前向きな歌詞だと思っていて。聞いているだけで、「もっと頑張らなくちゃ!」と思わせてくれるので、聞いて下さるみなさんにも元気を届けられるよう、これからライブなどで歌っていきたいと思います!

kz そうだね。僕は、久しぶりにストレートな四つ打ちのポップスが作れたことが、シンプルに嬉しかったですね。最近はかっこいい曲やドラマチックな曲を作る機会が多かったので、ここまでストレートに可愛いくて、ポップな曲を作らせていただけたことに感謝しています。アニメの放送より少し早くリリースされますけど、アニメと一緒に楽しんでもらえたら嬉しいですね。

この記事を書いた人