11月23日(土)に開催された“Live5pb. AT TOKYO DOME CITY HALL 2013”イベントレポート!

2013年11月23日(土)、東京・水道橋のTOKYO DOME CITY HALLにて、5pb.所属のアーティストや、5pb.作品の楽曲を歌うアーティストが一同に会するライブイベント“Live5pb. 2013”が開催された。6年目となる今回は、アフィリア・サーガ、彩音、いとうかなこ、今井麻美、榊原ゆい、志倉千代丸、高橋名人、Zwei、TWO-FORMULA、nao、流田Project、バクステ外神田一丁目、原由実、HIMEKA、marina、桃井はるこ、吉田仁美が出演。楽曲数は約40曲、5時間を超える熱いステージを彩った。

int-131128-001-c006

トップバッターを務めるのは、いとうかなこ志倉千代丸のふたり。「スカイクラッドの観測者」を歌い上げるいとうと、ギターを弾く志倉。5pb.ファンにはたまらない選曲を前に、会場はいきなり大興奮! MCで「最後まで楽しんでいただけますか?」と聞くいとうに、客席からは全力の歓声が返ってきた。

int-131128-001-c013

続いて登場したのは吉田仁美。「この空の向こう」と「ラブリンク」をキュートに歌い上げ、会場は一面ピンクのサイリウムに染まる。“Live5pb.”には初出演で、「あのお二人の後だったので緊張しました」と後に語る吉田だが、それを微塵も感じさせない満面笑顔のパフォーマンスで、会場を多幸感で満たしていった。

int-131128-001-c001

一転してシリアスなイントロが流れてHIMEKAが登場。PS3/PS Vitaソフト『ローゼンメイデン ヴェヘゼルン ジー ヴェルト アップ』EDテーマ「カギリアルユメ」を歌い、場内を真紅の薔薇色に染め上げた。カナダ出身の彼女だが、日本語によるMCで「去年やったピザの話は……やらないけど、チーズケーキはどうかな」と語るなど、微笑ましい雰囲気で場内を包む。それもつかの間、客席を巻き込んでの「Live5pb.!」コールで会場を盛り上げ、「TSU-BA-SA」ではその圧倒的な歌唱力を見せつけた。

int-131128-001-c007

続いてステージに現れたのは、藏合紗恵子&佐土原かおりによる2人組声優ユニット・TWO-FORMULA。セクシーな衣装をまとい、デビューシングル「太陽と月のCROSS」とカップリング曲「Shangri-La」を披露。初出演にして初ライブの二人だったが、美しさと力強さを併せ持つ歌声のハーモニーで場内を魅了した。

int-131128-001-c014

切ないピアノの音色が印象的な「intention」のイントロと共に、原由実がステージに現れ、場内は再び赤色のサイリウムに染まる。歌っている時の妖艶な雰囲気とほんわかしたMCのギャップで知られる彼女だが、今回もマイペースに水を飲んだりと、ファンにはお馴染みの光景で場内を和ませた。ひと月後に発売を控えた1stアルバム「Place of my life」の表題曲を披露すると言って観客を湧かせた矢先にも「もう一回良いですか」と給水し、場内は温かい雰囲気に包まれていた。

int-131128-001-c003

大きなハットが目を引く衣装をまとったnaoは、『ネプテューヌ』シリーズの楽曲「Dimension tripper!!!!」と「ミラクル! ぽーたぶる☆ミッション」を披露。MCでは「(客席のサイリウムが)まっピンクだった」と感慨を語り、軽妙なトークで『ネプテューヌ』の魅力を伝えた。naoは同作に「5pb.ちゃん」役の声優としても出演しており、その親戚にあたるキャラクター「MAGES.ちゃん」の紹介と共に古川かおりが登場。昨年は客席からこのステージを見ていた、と語る古川は「夢がひとつ叶いました」と喜びを露わにし、naoと二人で「絆のカタチ」を熱唱。軽快な電子音に合わせて客席は大きく波打った。

int-131128-001-c012

ステージをひときわ賑やかに彩ったのは、バクステ外神田一丁目だ。「バイトファイター」と「今夜も…」を立て続けに披露し、まるでチアリーディングのように、曲の展開に合わせてフォーメーションが目まぐるしく変わるパフォーマンスで楽しませてくれた。3rdシングル「Oh my destiny」を歌い踊りきったあとには、「お疲れさまでした、プロデューサー!」と恒例の挨拶で締めくくった。

int-131128-001-c001

続いて登場したmarinaは、花魁風の艶やかな衣装に身を包み、「キミはもう、ヒトリじゃない」を力強く歌い上げた。MCでは「初めての煽りに挑戦しようと思いましたが、皆さんの方が上手でした」とファンへの感謝を伝え、続けて「泡沫の花」を披露。歌い終えたとき、場内からは歓声と共に拍手が沸き起こっていた。

int-131129-001-c007

場内をひときわ驚きと歓喜に包んだのは、今井麻美彩音のコラボステージだ。劇場版「STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ」の主題歌「あなたの選んだこの時を」を歌い、ステージ後方のモニターには同作のアニメーションを編集した映像が流れる。楽曲と映像の盛り上がりがシンクロする演出に客席は大盛り上がり! 歌い終えた今井も「驚いたでしょ、どうだったどうだった?」「いとうかなこさんの前で歌っちゃった!」と興奮を隠せない様子だった。

int-131129-001-c001

二人が互いの衣装を可愛いと褒め合う微笑ましいMCを挟みつつ、続けて今井麻美はソロで「星屑のリング」を披露。ゴスペル調のコーラスが演出する神秘的な世界観で観客を魅了する。そしてイベント第一部のトリを飾る「この雲の果て」は、切なさの中に希望を感じさせるメロディと歌詞が光るオリジナル新曲だ。今井の自信と、ファンへの感謝が伝わってくる全力の歌唱をもって、ライブの前半戦が終了した。

 int-131129-001-c0012

int-131129-001-c013

一旦休憩をはさむ間に、ステージ中央部では机と椅子が設営され、志倉千代丸の登壇と共に後半戦がスタート。「5pb.Games 戦略発表会」と題されたこのコーナーでは、各ディヴィジョンのプロデューサーが新作ゲームのプレゼンを行い、志倉がそれにコメントしていくという形で今後の展望が示された。さらに志倉の「ポロリはないの?」という煽りに促される形で、科学アドベンチャーシリーズの第4弾となる『CHAOS;CHILD』の制作が発表され、場内は大いに沸き立った。今後公開される続報に注目だ。

int-131129-001-c002

再び始まったライブパートの先陣を切るのは流田Project。大ヒットアニメ『進撃の巨人』OPテーマ「紅蓮の弓矢」のバンドカバーを前に、観客のボルテージは再び急上昇! 真っ赤なサイリウムを振って「イェーガー!」と叫ばずにはいられないステージは、まさに矢のごとくあっという間に過ぎ去っていった。続けてオリジナル曲「fake」を演奏した際には、ロックフェスのような縦ノリ曲に、アニソンライブのサイリウムが調和するユニークな光景で楽しませてくれた。

int-131128-001-c009

ここでいよいよアフィリア・サーガの登場だ。「Happy! Puppy!」の最高にキャッチーなイントロが流れると共に、ステージと客席は虹のようにカラフルな光で彩られていく。シームレスに披露された「ネプテューヌ☆サガして」では、サビの「GO! GO!」という痛快なコールに合わせて場内が大きく波打った。“Live5pb.2008”で結成され、それ以来連続6回目の出演となるアフィリア・サーガ。いよいよ活動5周年にさしかかった彼女たちの新曲は『S・M・L☆』。今年もまた一段と成長した姿を、さらに洗練されたパフォーマンスでファンに伝えた。

int-131129-001-c003

2年ぶりの出演となった桃井はるこは、「ただいま!」の掛け声と共に、ショルダーキーボードをひっさげて登場した。「悠遠のアミュレット」のサビではピンクのサイリウムが大きく左右に振られ、観客はその圧倒的なステージパフォーマンスに酔いしれた。桃井と言えば「ファミソン8bit」など、有名アニソンをチップチューンにアレンジして歌っていることでも知られている。主に80年代にリリースされたアニソンが、ファミコン風の音源でカバーされることによって、いわゆるファミコン世代にとっては二重に懐かしい楽曲に仕上がっているのだ。

int-131129-001-c004

そんなファミコンは今年でなんと発売30周年。記念すべき一年を祝うかのような、桃井と客席からの熱烈な「Bugってハニー」コールに後押しされ、なんとここで高橋名人が登場! 同曲の弾き語りを披露してくれた。名人は「86年にこの曲をリリースして以来、目の前がサイリウムだらけの中で歌うのは初めての体験だが、最高に気持ち良い。何度でも味わいたい」と嬉しそうに語っていた。

int-131129-001-c006

間髪入れずに「コンプレックス・イマージュ」のイントロが流れ、「お待たせ!」の掛け声と共に彩音のステージが始まった。MCでは「何度も歌うにつれ大切さが増し、歌詞も噛みしめるように歌うようになってきている」と同曲の魅力を語り、ニューアルバムのリリースとツアー敢行を発表。客席からの熱いタイトルコールで「フェノグラム」が流れると、満面の笑顔でそれを歌い上げた。

int-131129-001-c009

一転してキュートな世界観をステージに持ち込んでくれたのは榊原ゆい。スカートのフリルが可愛らしい衣装で「ラピスラズリの恋」を歌い、会場のサイリウムは一面のピンク色に染まる。様々な世界観の楽曲を歌い分ける彼女だが、今回はとりわけキュートさを前面に出したパフォーマンスを見せてくれた。続けて披露した「マジカル★ジェネレーション」のサビでは、皆で一体となって「ジェネレーション!」と叫ぶ光景が見られた。

int-131128-001-c008

さらに一転して、「infinite wish」のソリッドなバンドサウンドと共にZweiの二人がステージに上がった。MCでは「イギリスっぽくない?」と、U.Kロックを意識した衣装について触れ、恒例の「わっしょいコール」で客席を大いに盛り上げる。続けて披露した「拡張プレイス」では、サビの疾走感に加え、間奏部のMeguのキメ、歌が終わった後のAyumuの「ウォーウォー」というコーラスなど、とにかく格好良い見どころが目白押しだった。

int-131128-001-c010

ここでステージにはいとうかなこが登場。いとうとZweiのコラボステージで「純情スペクトラ」を披露した。まるで戦い合うかのように調和する、いとうとAyumuのツインボーカル。その圧倒的な声量に負けじと、客席も全力のコールとサイリウムで応戦する、最高にパワフルなステージとなった。

int-131128-001-c011

バトンタッチを受けたいとうかなこは「トポロジー」をしっとりと歌い上げ、3曲連続でお送りした『ロボティクス・ノーツ』のステージを締め括った。そして第二部のラストを飾るのは「Hacking to the Gate」。TVアニメ『シュタインズ・ゲート』で2クールに渡りOP主題歌を務めた楽曲だが、やはり何度聞いても最高にカッコいい! 科学アドベンチャーシリーズの魅力がぎゅっと凝縮されたパフォーマンスをもって、2nd STAGEの幕が下ろされた。

会場の温度は下がること無く、熱烈なアンコールの声が湧き上がる。その声に応えるかのように、再びいとうかなこ志倉千代丸の二人が登場。「宇宙エンジニア」のボーカルとギターとしてステージを駆けまわり、「終わりの開幕」と呼ぶにふさわしいパフォーマンスで場内を魅了した。

int-131129-001-c011

アンコールは出演者にとってもファンにとっても、とにかく「完全燃焼」の一言に尽きるステージの目白押しだった。彩音の「Lunatic tears…」では客席が真っ赤なサイリウムに染まり、疾走感たっぷりの楽曲に身を委ねた。続けて登場したアフィリア・サーガの「La*La*Laラボリューション」では、コールに合わせてまた場内が大きく波打つ。そして本当の最後を飾る楽曲「オペラファンタジア」は、なんとアフィリアと桃井はるこのコラボステージ! 最後のサビではステージの両脇から本日の出演者一同が登場し、このバラエティ豊かなライブイベントを象徴する光景を見せてくれた。

最後に出演者それぞれから挨拶とファンへの感謝が述べられ、サインボールの投球を経て、5時間超のお祭りは幕を閉じた。ゲーム、アニメ、歌……それぞれの魅力がステージで一つに溶け合う光景は、“Live5pb.”ならではの楽しみと言っても過言ではないだろう。躍進を続ける5pb.の動向には今後も要注目だ!

Text by 山中貴幸

【セットリスト】

1st STAGE
01 スカイクラッドの観測者 / いとうかなこ×志倉千代丸
02 この空の向こう / 吉田仁美
03 ラブリンク / 吉田仁美
04 カギリアルユメ / HIMEKA
05 TSU-BA-SA / HIMEKA
06 太陽と月のCROSS / TWO-FORMULA
07 Shangri-La / TWO-FORMULA
08 intention / 原由実
09 Place of my life / 原由実
10 Dimension tripper!!!!/ nao
11 ミラクル! ぽーたぶる☆ミッション / nao
12 絆のカタチ / 5pb.ちゃん×MAGES.ちゃん
13 バイトファイター & 今夜も… (メドレー) / バクステ外神田一丁目
14 Oh my destiny / バクステ外神田一丁目
15 キミはもう、ヒトリじゃない / marina
16 泡沫ノ花 / marina
17 あなたの選んだこの時を / 今井麻美×彩音
18 星屑のリング / 今井麻美
19 この雲の果て / 今井麻美

2nd STAGE

5pb.Games 戦略発表会 / 志倉千代丸,Div.1 柴田P,Div.2 盛P,Div.3 野村P,Div.5 松原P,Div.6 西村P,Div.8 浅田P,Div.9 木村P

20 紅蓮の弓矢 / 流田Project
21 fake / 流田Project
22 Happy! Puppy! & ネプテューヌ☆サガして(メドレー)/ アフィリア・サーガ
23 S・M・L☆ / アフィリア・サーガ
24 悠遠のアミュレット / 桃井はるこ
25 Bugってハニー(バンドアレンジ)/ 高橋名人×桃井はるこ
26 コンプレックス・イマージュ/ 彩音
27 フェノグラム/ 彩音
28 ラピスラズリの恋/ 榊原ゆい
29 マジカル★ジェネレーション/ 榊原ゆい
30 infinite wish / Zwei
31 拡張プレイス / Zwei
32 純情スペクトラ / いとうかなこ×Zwei
33 トポロジー / いとうかなこ
34 Hacking to the Gate / いとうかなこ

Encore
35 宇宙エンジニア / いとうかなこ×志倉千代丸
36 Lunatic tears… / 彩音
37 La*La*Laラボリューション / アフィリア・サーガ
38 オペラファンタジア / アフィリア・サーガ×桃井はるこ
39 FINALE(オールラインナップ)

BAND
Keyboard:牧戸 太郎(Band Master)
Guitar:堀崎 翔
Bass:古谷 圭介
Drums:雑賀 泰行
Manipulator:真下 正樹
Chorus:名取 友美
Chorus:湯浅 要
Coordinate:森 幹則(CMC)

この記事を書いた人