“THE IDOLM@STER 8th ANNIVERSARY HOP!STEP!!FESTIV@L!!”大阪会場7/21レポート

int-131007-003-c016

『アイドルマスター』8周年ライブツアーの大阪会場が2013年7月21日、大阪・オリックス劇場で開催された。リスアニ!ライブレポートをお届けする。

この日は中村繪里子、仁後真耶子、浅倉杏美、下田麻美、原由実、若林直美、滝田樹里と、ゲストに『シンデレラガールズ』より五十嵐裕美、松嵜麗、原紗友里が参加した。大阪会場のリーダーユニットは仁後と滝田。

int-131007-003-c017

8周年ライブは、ツアーライブでは初となる生バンド。「キラメキラリ」で仁後が「ギターソロカモーン!」の掛け声と共に、ギターを呼び込んで踊る姿は誰もが見てみたかった光景のはずだ。「空」の虹を思わせるキラキラ感のあるイントロを、ベースの低音とドラムスの繊細なシンバルで表現したのはアイデア賞。客席との掛け合いを一番大事にする滝田だけに、生バンドとコミュニケーションしながらの“ライブ”をいつも以上に楽しんでいるように見えた。

int-131007-003-c018

ソロで「太陽のジェラシー」を歌った中村は「客席が海みたい、太陽のジェラシーの風景が見えました!」。冒頭の夏歌コーナーでは浅倉と下田が「MOONY」、滝田が「I’m so free!」と、未レコーディングの楽曲をライブ向けに練習して披露する嬉しいサプライズもあった。リーダーユニットがリクエストに応えるコーナーでは、仁後と滝田が「きゅんっ!ヴァンパイアガール」を披露。事務員・音無小鳥を演じる滝田が、いつも以上にアイドルの顔を見せる貴重なステージだった。

int-131007-003-c019

シンデレラガールズコーナーには、昨日に続き五十嵐と松嵜、初参加の原紗友里が登場。二日目は通常バージョンの「お願い!シンデレラ」を披露した。五十嵐の「あんずのうた」では過去最大の観客による、史上最大の「メデメデ!」が響き渡る。松嵜は二日目だけあって堅さがとれ、より笑顔が弾けるよう。そしてトリを務めたのは、髪型が外ハネの本田未央仕様の原紗友里だ。最強のライブナンバー「ミツボシ☆☆★」では客席からの「リュウセーイ!」の大合唱に、原紗友里も「ありがとぉぉぉぉ!!」「かんせいッ!!」とそれ以上のテンションで応えていく。シンデレラガールズの“ニュージェネレーション”最後の★にふさわしい盛り上がりだ。歌い終えた原紗友里は「初めて人前で歌ったのでどうなるかと思いましたが…気持ちよくって、本当に楽しかったです!」とやりきった様子だった。

int-131007-003-c020

名古屋に続き大阪でも本編の締めは「カーテンコール」。ライブでは初披露となる「生っすか」曲だが、ビッグバンド風の分厚い曲だけに、間近で感じる生音はとてつもなくゴージャス。バックの音と、サビでぴったりと重なる7人の歌声がせめぎ合う感じはライブならでは。「夏のお祭り!」のツアーならではの新鮮で楽しい締めくくりだった。アンコールの挨拶では、五十嵐から「またアイマスのステージに立ちたいです」の言葉が。大阪の舞台を全力で駆け抜けて、シンデレラたちの夢は続いていく。

<セットリスト>
M01 神SUMMER!(中村、仁後、浅倉、下田、原(由)、若林、滝田 以下、765プロ)
M02 太陽のジェラシー(中村)
M03 I’m so free!(原(由)・滝田)
M04 MOONY(下田・浅倉)
M05 愛 LIKE ハンバーガー(仁後・若林)
M06 お願い!シンデレラ ハピ☆ハピver.(原紗友里・五十嵐・松嵜)
M07 あんずのうた(五十嵐)
M08 ましゅまろ☆キッス(松嵜)
M09 ミツボシ☆☆★(原紗友里)
M10 きゅんっ!ヴァンパイアガール(仁後・滝田)
M11 キラメキラリ(仁後)
M12 何度も言えるよ(浅倉)
M13 乙女よ大志を抱け!!(中村)
M14 空(滝田)
M15 黎明スターライン(下田)
M16 いっぱいいっぱい(若林)
M17 風花(原(由))
M18 Slapp Happy!!!(仁後)
M19 光(滝田)
M20 カーテンコール(765プロ)
アンコール
E01 READY!!(765プロ)
E02 THE IDOLM@STER(全員)

<ライブデータ>
THE IDOLM@STER 8th ANNIVERSARY HOP!STEP!!FESTIV@L!!
2013/7/21@オリックス劇場公演二日目

Text by 中里キリ

関連リンク

リスアニ!アイドルマスター特集号 バックナンバーはこちら!

この記事を書いた人