“THE IDOLM@STER 8th ANNIVERSARY HOP!STEP!!FESTIV@L!!”名古屋会場レポート

int-131007-001-c025

『アイドルマスター』8周年を祝う全国ツアーが2013年7月7日、Zepp Nagoyaで幕を開けた。リスアニ!ライブレポートをお届けする。

名古屋公演には中村繪里子、長谷川明子、今井麻美、下田麻美、沼倉愛美、滝田樹里、ゲストとして『シンデレラガールズ』より山本希望、佳村はるか、大橋彩香が参加。名古屋会場リーダーは今井、中村のコンビだ。

このライブを一言で形容するなら、タイトルにある通りの「祭り」。アイマスの8年間から歌いたい曲、聞かせたい曲をソロ中心で詰め込んだような構成。久々のライブハウスでのアイマスライブ、バックは生バンドとなれば最高に盛り上がるのは保証済みだ。

一曲目としては意外な、しかし最高に夏らしい「神SUMMER!!」でスタートすると、原曲とメンバーを入れ替えた「Vault That Borderline!」や「MOONY」で新鮮な驚きを演出していく。だが一番の驚きは、敢えての直球。中村の最初の持ち歌である「太陽のジェラシー」を久々にソロで披露したのだ。最初の曲だからこそ、8年間に彼女が春香と共にどれだけ成長したかが伝わってくる。今井は「arcadia」を披露すると「私、空になりたい! arcadiaの向こうにあるような自由な空に!」と晴れやかに語った。事前に投票が行われた「各会場のリーダーユニットに歌ってほしい曲」では、なんと「“HELLO!!”」が選ばれた。『アイマスDS』で戸松遥らが歌った主題歌がここで聴けるのも、お祭りならではのこと。それぞれのソロでは、滝田の「空」、長谷川の「マリオネットの心」、下田の「黎明スターライン」、沼倉の「Brand New Day!」と、新旧を問わずに各人の魅力がぎゅっと詰まった曲が並んだ。

int-131007-001-c026

『シンデレラガールズ』コーナーでは、まずはテーマ曲である「お願い!シンデレラ」を3人で披露。山本はライブで「DOKIDOKIリズム」を歌うのはこれが初。「初めて歌うために準備してきて、緊張して私もDOKIDOKIリズムでした!」と語ったが、身体全体でリズムを取りながらの歌唱は堂に入ったもの。「S(mile)ING!」を笑顔いっぱいで歌った大橋は「皆さんの素敵なスマイルが見られて幸せです!」と感激していた。自分の出番では「TOKIMEKIエスカレート」をしっかりと歌いきった佳村だったが、終わりのMCでは「みんな本当に暖かくて、名古屋に来てよかったです。練習でも765プロの先輩たちが本当に優しくて抱きしめてくれて…ありがとうございました!」と、感極まる姿が見られた。8年間積み重ねてきた先輩たちと一緒にステージを作った経験は、きっと彼女たちの糧になるはずだ。

バンドサウンドとの相性が最高の「カーテンコール」初披露で本編を締めると、アンコールはやはりこの楽曲は外せない「READY!!」と、シンデレラガールズも加わっての「THE IDOLM@STER」で大団円。アイマスの8年間と、これからの未来を凝縮したような一夏の祭りだった。

int-131007-001-c027

<セットリスト>

M01 神SUMMER!!(中村・長谷川・今井・下田・沼倉・滝田 以下765プロ)
M02 Vault That Borderline!(今井・沼倉)
M03 I’m so free!(長谷川・滝田)
M04 MOONY(下田)
M05 太陽のジェラシー(中村)
M06 お願い!シンデレラ(大橋・佳村・山本)
M07 DOKIDOKIリズム(山本)
M08 TOKIMEKIエスカレート(佳村)
M09 S(mile)ING!(大橋)
M10 “HELLO!!”(中村・今井)
M11 乙女よ大志を抱け!!(中村)
M12 黎明スターライン(下田)
M13 マリオネットの心(長谷川)
M14 arcadia(今井)
M15 空(滝田樹里)
M16 Brand New Day!(沼倉)
M17 約束(今井)
M18 笑って!(中村)
M19 カーテンコール(765プロ)
M20 READY!!(765プロ)
M21 THE IDOLM@STER(765プロ+シンデレラガールズ)

<ライブデータ>
THE IDOLM@STER 8th ANNIVERSARY HOP!STEP!!FESTIV@L!!
2013/7/7 @Zepp Nagoya公演

Text by 中里キリ

関連リンク

リスアニ!アイドルマスター特集号 バックナンバーはこちら!

この記事を書いた人