“THE IDOLM@STER 8th ANNIVERSARY HOP!STEP!!FESTIV@L!!”福岡会場レポート

int-131007-005-c010

『アイドルマスター』8周年ライブツアー福岡公演が2013年9月15日、福岡・Zepp Fukuokaで開催された。リスアニ!ライブレポートをお届けする。

横浜会場から1ヶ月強間をおいての福岡には、長谷川明子、今井麻美、釘宮理恵、原由実、沼倉愛美が登場。ゲストとしてGREEの『ミリオンライブ!』から夏川椎菜麻倉ももが参加した。福岡会場のリーダーは釘宮と原。特筆すべきはやはり、今回のツアーは福岡から参加の釘宮の存在だ。アイマスは4周年、6周年にもツアーを行なっているが、釘宮のツアー参加は今回が初めて。ライブハウスの距離感で、地方のファンが彼女のパフォーマンスを目にするのも初ということになる。

ツアー後半戦となる本会場では、セットリストをかなり大胆に入れ替えてきた。『ミリオンライブ!』のCD「LIVE THE@TER PERFORMANCE」シリーズの新曲が数多く披露されたほか、これまでの“夏”をイメージしたセットリストに、「Snow White」や「Melted Snow」のような“冬”曲が入ってきた。

int-131007-005-c011

注目された釘宮のソロは、「リゾラ」からスタート。2009年の「MASTER SPECIAL 06」に収録された古めの曲であるが、伊織ファン・釘宮ファンからは「DIAMOND」と並んでライブでの歌唱が待望され続けてきた“夏の恋”を歌った名曲だ。どこか切なくも甘やかな楽曲だが、今日の釘宮のパフォーマンスから見えてくるのは当時よりほんの少し成長した伊織の姿。その奥から、釘宮自身のステージが楽しくて仕方がない! という感情が溢れ出してくるように感じられた。「プライヴェイト・ロードショウ」での新しい伊織の姿、「LOST」での包み込むような優しさ。様々な表情が垣間見えたステージだったが、ある意味一番意外だったのはリーダーユニットリクエスト曲の「オーバーマスター」だろう。今までのどの楽曲とも違う、攻撃的で蠱惑的な伊織の姿を描き出したのが、全国のプロデューサーたちのリクエスト曲なのが面白い。

原は大阪会場の「風花」で放った空気感とパフォーマンスの進化があまりに印象的だったため、ついそこに注目したくなるのだが、福岡で印象に残ったのは意外にも「フラワーガール」だった。この曲は貴音としての原の最初の持ち歌で、歌唱力の面では当時からほぼ完成されていた。そこに今回のライブで意識的に加えられていたのは、泣き、恥ずかしがり、そして笑う…といった感情表現の面。時に歌声がうわずりかけるほどのメリハリの効いた歌唱は、ライブパフォーマンスとしてとても魅力的だった。

int-131007-005-c012

『ミリオンライブ!』からのゲスト組は、夏川が「Happy Darling」、麻倉が「トキメキの音符になって」を披露。「Happy Darling」は客席を煽る振り付けからサビへの流れがかなりめまぐるしく、夏川はひとつひとつのフレーズと動きを全力で丁寧につないでいく。一方麻倉は笑顔とキュートさが自然にあふれだしてくる感じ。夏川は長谷川や今井が出番前に抱きしめて励ましてくれたことを明かすと涙をこらえきれなくなり、麻倉は歌い終えて「すっごく楽しくて、練習とは全然ちがいました。皆さんと一緒にやるのは、すばらしいなぁ!」とやはり笑顔で、ある意味好対照な2人。そんな2人が歌う「Thank you!」がピッタリと1つに収まるのは本当に面白い。全力で、一生懸命に、笑って、泣いて。ある意味『アイドルマスター』の原点を感じたステージだった。釘宮はそんな2人がかわいくて仕方がない様子で、「2人がいると練習現場が和んで、スタッフさんもにこにこで、(今井)麻美もデレデレ」と練習の様子を明かしていた。

余談だが、この日は沼倉が普段はつけていない眼鏡をつけて登場。「Vault That Borderline!」では今井まで眼鏡を着用していたことがちょっとした話題になった。締めの挨拶では沼倉が若林の許可を受けたという「私の眼鏡、スキ、キライ?」のお約束のフレーズまで披露したのだが…これに「だいすき~」と乗っかった釘宮の楽しそうなこと。ツアー定番の「カーテンコール」も釘宮理恵という個性が加わるとかなり違って聞こえることに驚かされた。きっちりと準備をしてきた上でステージを心から楽しむ釘宮と、そんな釘宮がのびのびとできるように、いつもより少ししっかりとリーダー役を務めた原の名コンビが印象に残ったステージだった。

<セットリスト>

M01 READY!!(長谷川・今井・釘宮・原・沼倉 以下、765プロ)
M02 We just started(長谷川)
M03 arcadia(今井)
M04 Brand New Day!(沼倉)
M05 リゾラ(釘宮)
M06 風花(原)
M07 Happy Darling(夏川)
M08 トキメキの音符になって(麻倉)
M09 Thank you!(夏川・麻倉)
M10 オーバーマスター(釘宮・原)
M11 Vault That Borderline!(今井・沼倉)
M12 マリオネットの心(長谷川)
M13 Rebellion(沼倉)
M14 I’m so free!(原・長谷川)
M15 プライヴェイト・ロードショウ(playback,Weekday)(釘宮)
M16 フラワーガール(原)
M17 Snow White(今井)
M18 LOST(釘宮)
M19 Melted Snow(原)
M20 カーテンコール(765プロ)
アンコール
E01 自分REST@RT(765プロ)
E02 THE IDOLM@STER(全員)

<ライブデータ>
THE IDOLM@STER 8th ANNIVERSARY HOP!STEP!!FESTIV@L!!
2013/9/15@Zepp Fukuoka公演

Text by 中里キリ

関連リンク

リスアニ!アイドルマスター特集号 バックナンバーはこちら!

この記事を書いた人