【インタビュー】「活動をするからにはアニソンに還元していけなければ意味がない」――。数多くのコンテンツでバラエティに富んだ楽曲を歌い上げてきた伊東健人、ソロアーティストデビューへの想いを語ったロングインタビュー!

アイドルマスター SideMではS.E.Mの硲 道夫としてポップなダンスナンバーを、ヒプノシスマイクでは麻天狼の観音坂独歩としてアーバンでポエトリーなラップを、華Doll*ではカラフルなダンスナンバーを歌うAnthosの灯堂理人を熱演……と、数多くのコンテンツでバラエティに富んだ楽曲を歌い上げてきた伊東健人が、満を持してソロアーティストデビュー!声の役者として活動する「伊東健人」からより輪郭をくっきりさせるように、パーソナリティを反映させながら放たれる「伊東健人」の音楽について、デビュー曲「真夜中のラブ」の話とともに聞く。

続きを読む

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人