【インタビュー】逢田梨香子が描く“楽しいノスタルジック”――夏の風景が散りばめられた最新EP「ノスタルジー」について話を聞く

前作『フィクション』よりおよそ1年半ぶりとなる、声優・逢田梨香子の最新EP『ノスタルジー』は、リリースされる“夏”という季節と、タイトル通りノスタルジックなムードが詰まった1枚となった。ライブという過ぎ去った時間をファンと共有したことをノスタルジーと捉え、楽しくもちょっぴり切ないポップス作となったリード曲「Adolescence」を含む今EPは、どのようにして生まれていったのか。そしてそんな夏は彼女をどう変えていくのだろうか――。

●ライブの熱狂を振り返る、“楽しいノスタルジー”

――最新EP「ノスタルジー」ですが、前作EP「フィクション」からおよそ1年半ぶりのリリースとなりました。

逢田梨香子 去年「フィクション」を出して、そのあと3月に1stライブツアーの大阪公演で千秋楽を迎えてから、結構期間は空きましたね。今年の5月にライブをやるかもという話を聞いて、そこから少しずつ動き出したという感じです。

――今年5月に開催された一夜限りのワンマンLIVE“The night before Nostalgic”ですね。では、ライブの制作があり、そこから「ノスタルジー」の制作に移っていったと。

逢田 そうですね。ただそのうちの1曲「Adolescence」はそのライブで初披露する予定だったので、それはもう少し前からどんな曲にしようという話し合いは、去年末くらいからしていたかもしれないですね。そのときにどんなEPにするかというところから、ライブで披露するならどんな曲にするかとか……ただ、ほかの3曲について動き出したのはもう少しあとでしたね。

――なるほど。ちなみにタイトルにもありますが、ノスタルジーという「過ぎ去った時間を懐かしむ」というのが本作のコンセプトとなっています。このテーマはどこから出てきたんですか?

逢田 これは「Adolescence」をどんな曲にしようかってなったときに、漠然とライブに込めた想いみたいなものを歌いたいと思ったんです。5月1日のライブが一夜限りのものだったし、久々のライブでもあったので自分の中ですごく特別感があって、そんな気持ちをみんなと共有したいなというところから始まって。人生のうちの2時間くらいってすごく短い時間ではあるけど、遠い未来で思い返したときに、「ああ、あの1日すごく楽しかったな」とか、みんなの思い出のどこかの片隅で残る時間にしたいっていうイメージがあって。そこで歌詞にも“永遠の青”や青春っぽいワードを入れていただきました。色んな年代の方があとあと思い返していただいて、「あのときすごく楽しかったな、青春だったなぁ」って、“楽しいノスタルジック”なイメージです。切ないノスタルジックも入ってはいますが、良い思い出、良い思い出し方というのに重きを置いていましたね。

――ノスタルジックというと過去を思い出す甘酸っぱさが最初にイメージされますが、逢田さんが考えるノスタルジーは“楽しい”。それもライブからノスタルジーを引き出すというのは面白いですね。

逢田 自分も実際に好きなアーティストさんのライブを観に行って楽しかったっていう思い出があって、アーティストとお客さん両方の気持ちを知っているというか……自分でもみんなの気持ちを考えながら、「こんな時間にしたいね、なったらいいな」という想いを込めました。時間が経っても忘れないものにしたいなって。

――まさにライブへの想いが曲になったというか、それだけに歌詞もサウンドもストレートにファンと想いを共有できるものになりましたね。

逢田 王道を狙ったというか、難しいこと回りくどいことをせずにストレートなことをしたいなと思って。楽曲も相談しつつ制作して「これだ!」と思ったものにアレンジが加わって、すごく爽やかな、夏らしさを感じるものになってすごく素敵だなって。歌ってみて、言葉1つ1つが馴染みやすかったので、みんなどこかで通ってきた道なのかな、誰もが思い描きやすい世界観なのかなって、共感しやすさを感じましたね。

――たしかにそうしたストレートさというのは、逢田さんのきれいな歌い出しから感じられますよね。

逢田 最初のパートは情景などを思い浮かべながら歌いましたね。

――聴いているこちらも情景が浮かぶような序盤ですよね。そしてサビが特に、切なくもなる歌唱が素晴らしくて。

逢田 ありがとうございます!疾走感もあって、夏らしいというか、夏も感じられる楽曲になったと思います。

――そうした夏らしさ、爽やかな印象というのが「ノスタルジー」の特徴でもありますよね。

逢田 全体的なイメージを明るい楽曲、爽やかな楽曲としていますね。これまでダークな楽曲や大人っぽい落ち着いた楽曲が多かったので、今回はまた新しい雰囲気の楽曲にしてみました。前作の「フィクション」がポップさもあるけれど、バラエティ感のある1枚だったので、今回は全体を通してどこかノスタルジックさや夏らしさという点で統一性があるというか。夏の始まりから終わりまでを1曲から4曲目まで感じられるようになっています。

――また「Adolescence」はライブで披露されましたが、ファンの皆さんの反応はいかがでしたか?

逢田 やっぱり新曲をいきなりそこで初披露って、みんなもテンション上がるじゃないですか。喜んでくれたのが目に見えたので、すごく嬉しかったですね。しかも、まだリリースされていないですし、そこでしか聴けない状態だったので、みんなドキドキしたんじゃないかな?

――そして「Adolescence」のMVも素敵な映像になりましたね。舞台も夏ということで……。

逢田 プールで(笑)。

――ちなみに、当日は晴れましたか……?

逢田 晴れました!でもやっぱり、夜くらいになると小雨になって(笑)。

――やはり(笑)。

逢田 予報は雨だったんですけど、持ち堪えてくれました。6月の上旬でしたが暑いくらいでしたね。

――快晴の青空をバックにした逢田さん、という構図が素晴らしいですね。

逢田 全部水色で、色彩もきれいで夏らしくて……思い描いていた夏らしい映像を撮ってくださいました。

次ページ:短い夏の始まりと終わりを表すEPに

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人