声優・アーティスト梶原岳人、7月20日発売のTVアニメ『オリエント』第2クール淡路島激闘編EDテーマ「色違いの糸束」フルMV解禁!

声優・アーティスト梶原岳人が、6月19日(日)に厚木市文化会館 大ホールにて開催された『「オリエント」感謝祭 2022 Summer』で7月11日(月)より放送となるTVアニメ『オリエント』第2クール淡路島激闘編のEDテーマ「色違いの糸束」を初歌唱披露。さらに、初披露に合わせて同曲のMVもフルサイズで解禁された。

梶原岳人は、2017年に声優デビュー。以降、新人ながらテレビアニメ『ブラッククローバー』やTVアニメ『炎炎ノ消防隊』の主役を射止め、2020年には第14回声優アワード新人男優賞を受賞。2021年に「A Walk」でアーティストデビューし、自身が主役を務めるテレビアニメ『ブラッククローバー』のEDテーマに抜擢。その歌唱力の高さが大きな話題を呼んだ。TVアニメ『オリエント』第2クール淡路島激闘編のEDテーマとして決定している2ndシングル「色違いの糸束」は7月20日発売。自身も尼子勝巳役として出演し、声優、アーティストと両軸で携わっている。さらに8月には「Animelo Summer Live 2022 -Sparkle-」への出演も決定し、声優活動、アーティスト活動共に注目を集めている。

「色違いの糸束」のMVは、一足先に公開されている最新アーティスト写真・ジャケット写真でもポイントになっていた糸がセット全体に美しく張り巡らされた空間は独特の世界観を演出しており、印象的な様々な色の糸はTVアニメ『オリエント』で描かれる“魂の色”が表現され、ストーリーともリンクする仕上がりに。また、バックに8人編成のバンドを従えて歌唱するシーンは、これまでの梶原岳人のMVには無い映像でアーティストとして一味違った魅力が引き出されている。

「色違いの糸束」のMVについて梶原岳人は、「今回のMVの見どころはやっぱり糸です。色とりどりの糸が張り巡らされた空間はどこを切り取ってもすごくきれいですし、糸を束ねたブーケもとてもオシャレでした。しかも、8人の演奏をバックに歌うシーンがあって、高校時代にバンドをやっていましたが、これだけの人数では無かったので、緊張しましたし、楽しかったです!素晴らしいMVになっていますので是非ご覧ください!」と話している。

次ページ(コメント、MVなど)はこちら

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人