【連載第8回目】halcaの話、聞いてって!monthly live [playgood] (インタビュー編)

キュートな癒しの歌声と、フレッシュ&パワフルなパフォーマンスで、ファンを増やし続けているhalcaさんが、2022年1月よりマンスリーライブ「halca monthly live [playgood]」を連続開催!毎回本人がコンセプトを決め、“ファンと一緒に作るライブ”を自身の企画で贈る[playgood]シリーズに、リスアニ!WEBが密着!

連載8回目となる今回は、4月30日に開催された「[playgood] #04」をたっぷりと振り返り!直前に迫った5月20開催の「[playgood] #05」と、「#04」で発表された 9月3日開催のワンマンライブ“LAWSON presents halca 7th LIVE『Help Me!!!!!!! & live playground #003』”の展望を聞きました♪

★連載一覧はこちら

「[playgood] #04」は選曲もパフォーマンスも“hard”でかっこ良く!

――毎回、違うhalcaさんを見せてくれる[playgood]シリーズですが、4月30日に行った「[playgood] #04」は、長年、halcaさんを追いかけてきたファンの皆さんにとっても、また新しい発見があったステージになっていましたね。

halca ほんとですか!?……って毎回言ってる気がする(笑)。

――毎回、成長があるというのは、素晴らしいことですよ(笑)。[playgood]シリーズのテックさんも「#04」のステージが今まで観たhalcaさんのライブで一番かっこ良かったと褒めてくださっていたそうですね。

halca そうなんです!多くのアーティストさんのライブをたくさん側で見てきた方だからこそ、そう言っていただけて本当に嬉しかったです! しかも、いつもはなかなか褒めてくれないマネージャーさんも、2曲目の「キュンとさせてあげるよ」の曲名を私がコールした瞬間、パチンとスイッチが入ったみたいに歌も表情も決まって、「halcaもこんなにしっかり歌えるようになったんだ!」ってちょっと泣きそうになったってあとから言ってくれて……。私のほうこそ感激しました。

――いつもhalcaさんを見守ってくれている方々も感動するくらい、いいライブでした、本当に。そんな「#04」のテーマは“hard”。“sweet”を掲げてかわいいhalcaさんをテーマにしていた「#02」と対になる、“かっこいいhalca”がそこにいました。セットリストもハードなナンバーが中心でしたが、具体的にはどう選んでいったのでしょうか?

halca もちろんサウンドがハードだったり、ロックっぽい曲をメインに考えて言ったんですけど、絶対ここで歌いたい!と思ったのが「曖昧グラデーション」と「Distortionary」、「もういいや。」でした。がっつりとかっこ良さに全振りしてる曲として。特に「曖昧グラデーション」と「Distortionary」は、レコーディングをした当時は“かわいらしいイメージもあるけど、実はこういう曲も歌えるんだぞ!”というのを魅せるのが、スタッフさんと一緒に考えていた裏テーマだったんです。それを、“hard”というテーマに沿ってドカンとぶつけることができたことも、嬉しかったですね。

――たしかに“hard”にはぴったりの楽曲たちですよね。

halca はい。ほかにも例えば「放課後のリバティ」のカップリングだった「A・WA・WA・WA」は、音だけを聴くとかっこ良さの中にも気分が上がるような楽しい雰囲気がある曲なんですけど、歌詞を見ると結構ヒリヒリするというか……ヒヤッとするような内容だったりもするので選曲しました。パフォーマンスもいつもならニコニコ笑いながらとか、歌い方はハードでも表情は楽しくライブを盛り上げよう!ということを意識してきましたが、今回は全体的にもなるべくクールなかっこ良さを意識して頑張りました。

――クールに決めるのは苦手だと、以前のインタビューでもよくおっしゃっていますからね。それこそマネージャーさんがおっしゃるように、パフォーマンス面でも苦手を克服してレベルアップしたhalcaさんに出会えました。

halca 頑張って良かったです!(笑)。

セットリストは歌う機会が少なかった楽曲にフォーカス

――ほかにも「#04」のセットリストは、普段のライブではあまり聴けなかったナンバーもたくさん歌われましたね。

halca そうですね。「曖昧グラデーション」「Distortionary」「もういいや。」もそうですけど、わかりやすくかっこいい曲がシングルの表題曲にはあまりなっていなくて、ほとんどがアルバム曲だったりシングルのカップリング曲なんです。フェスやインストアイベントなど、時間が限られている場所だと歌える機会が少なくて、それもあって自然と久しぶりな曲が多くなりました。

――中盤に歌われた「あの頃の僕たちを」や「be your XXX」もまさにそうですよね?ライブ後、Twitterでのファンの皆さんの感想の中にも、「be your XXX」が聴けて嬉しかったというツイートを見ました。

halca その2曲はアルバム『Assortrip』の収録曲で、リリースが2020年の4月。ちょうどコロナ禍になってしまった時期だったこともあり、インストアイベントも活発にはできなかったですし、本当なら5月に予定していた1stツアー(“LAWSON presents halca first tour トリプルトリップ”)でたくさん歌うはずだったんですけど、ツアーそのものが中止になってしまい、その後は歌えるタイミングもなかなかなくて……。ようやくここでリベンジができた気がします。

――そんな背景も今回のセットリストにはあったんですね。

halca 「A・WA・WA・WA」もすごく好きなのに、自分の曲がどんどん増えてきた時期にできた曲なので、セットリストから泣く泣く外れることが多かったんです。だから満を持してじゃないですけど、こういうテーマだからこそ、絶対歌いたいなと思った曲です。 [playgood]シリーズはマンスリーだからこそ、アルバム曲やカップリング曲を、たくさん披露できるチャンスだなと思っていたので、今まであまりフォーカスを当てられなかった曲を、積極的に盛りこんでいきたかった。「#04」はそういう意味でも、私がやりたかったマンスリーライブにふさわしいセットリストになった気がしています。初めてhalcaのライブをご覧になった方には、よく知ってる曲が少なくてごめんなさい!なんですけど……。その場で初めて聴いたとしても好きになってもらえる自信のある曲たちです!

――逆に、隠れた名曲たちに触れられたレアなhalca体験ができたのではと思います。

halca そうですね。そう感じていただけたら嬉しいですね。

――ちなみに、今回のOPナンバー「サカナイトデイズ」は、ファンの方との“セトリ会議”で決まったんですよね?

halca はい。「スターティングブルー」「サカナイトデイズ」「時としてバイオレンス」の3曲で投票をしてもらったんですけど、2位とダブルスコア差くらい、圧倒的でした。私もこの曲が人気なのはよく知っていたので納得の結果でしたし、「サカナイトデイズ」って普段はライブの中盤くらいに歌うことが多いのですが、1曲目にこれを歌ったことで、私を応援してくれているような感じが皆さんのクラップからも感じられて、オープニングから「よし、頑張るぞ!」って思えたんです。この曲がOPナンバーで、すごく良かったです。投票してくれた皆さんのおかげです。感謝ですね!

――オープニングの盛り上がりも相当でしたが、ラストが「HORiZON」で締め括られたのも、グッとくる選曲でした。

halca わー、良かった!前回の「#03」も直前でセットリストを変えたんですけど、実は今回もラストのブロックは、最終のスタジオリハーサルのときに曲順を変えました。本当は9曲目が「HORiZON」で「キミがいたしるし」「Distortionary」をMCを入れずに続けて歌ってバシッと終わる予定だったんですけど……やっぱり、最後の曲の前にみんなへの感謝の気持ちも伝えたかったし、ずっとかっこ良くやってきてもラストはやっぱり私らしく笑顔で明るく終わりたくて。スタッフさんたちも同じ気持ちだったので、みんなで話し合って、未来を感じられる「HORiZON」をラストナンバーに変えました。私も歌っていて、すごくいいエンディングになったなと思いました。

「[playgood] #04」ではスタンドマイクでの歌唱に初挑戦

――そして、[playgood]シリーズといえば、毎回、何かしら新しいことに挑戦するのも恒例となっています。ハードなセットリストも初チャレンジでしたが、パフォーマンス面でも「#04」でいつもと大きく違ったことがありましたね。halcaさんがマイクスタンドを使って歌うのは、もしかして初めてでした?

halca はい、そうなんです!皆さんに対して、今回はこれをやります!とは事前に宣言していないですけど……今回は初めて、スタンドマイクを使ったパフォーマンスに挑戦しました。これも、ずっと前からやってみたかったことだったのですが、今までなかなか勇気が出なかったんですよ。ロックな曲を1曲だけっていうのも難しいから、ある程度かっこいい曲たちが揃って、自分も、よし行ける!というタイミングまで待っていたんです。それで、手始めに落ち着いている「あの頃の僕たちを」と「be your XXX」の2曲で、マイクスタンドを使いたいとリハーサルで提案してやってみたんです。そうしたら、スタッフさんたちが「いいじゃん!2曲だけじゃもったいないから、オープニングからスタンドマイクでやってみたら?」と言ってくれて、想定より多めに挑戦してみたんです。

――初めてとは思えないくらい、マイク使いが決まってましたよ。

halca 良かったぁ!実は「#04」のセットリストが決まってから、スタッフさんにも内緒でこっそり全曲分、個人練習してました(笑)。それが良かったんだと思います。

――やりますね~(笑)。初のスタンドマイクパフォーマンスの感想は?

halca 結構、重いんだなとビックリ(笑)。あと、スタンドマイクでオープニングの「サカナイトデイズ」を歌ってわかったのですが……普段は片手にハンドマイクを持っているから、クラップするときは片方の手のひらを反対の腕に添える感じでやっているんですね。でもスタンドマイクだと両手が空くから、しっかりクラップできるじゃないですか。

――はいはい、たしかに。

halca しかもお客さんと同じように、頭の上でクラップを続けていると……すごく疲れるんですよ!今まで全然気づかなかった!みんな、こんなに一生懸命手拍子してくれていたことに、感激しました。いつも本当にありがとうございます!改めて感謝です!あと今回は、衣装も初のパンツスタイルでパンクなイメージにも挑戦できましたし、色んなチャレンジができて楽しかったです。

――ちなみに、今回の「はるけっちぶっく」コーナーについてはいかがでした?

halca 「かっこいいと思う仕草 ベスト7」ですよね。うーん……スケッチブックを描いていたときは、「これはもう、みんなに共感してもらえる“あるある”だ!」と自信満々だったんですけど、意外と女の子のお客さんからの共感が得られなくて、あれれ?と思っていました(笑)。やっぱり、かっこいいを感じる基準って、人それぞれツボが違うのかなぁ?

――halcaさんが、腕の筋肉の動きや血管の浮き出る感じに惹かれるんだ、というのは今回よくわかりましたけど(笑)。

halca あはは、そうですね(笑)。私も、かっこ良さはこれからも追求していきたいので、いつか皆さんがかっこ良さを感じるポイントをアンケートしてみようかな?って思いました(笑)。そのときは、ぜひ協力お願いします!

9月開催の「Help Me!!!!!!! & live playground #003」でも初挑戦が!

――そして「#04」では、9月3日開催の2部構成のワンマンライブ“LAWSON presents halca 7th LIVE『Help Me!!!!!!! & live playground #003』”も発表されました。どんな内容になりそうですか?

halca そうですね……今続けている[playgood]シリーズは、皆さんとの距離もグッと近くて、割とサクッと参加できるフレンドリーなライブを目指しているんです。でも、今回発表したワンマンライブの昼公演“Help Me!!!!!!!”は、もっと曲数も多いフルライブなので、お腹いっぱい楽しんでいただける内容にしたいなと思っています。

――そして夜の部は、ゲストミュージシャンを迎えたアコースティックライブ「live playground」シリーズの第3弾となりますね。

halca はい。去年の「live playground #002」のときは、次回の「[playgood] #05」でもご一緒させていただく川口圭太さんと、山本陽介さんのお二人にアコースティックギターやアコースティックなベースを演奏していただいたのですが、「live playground #003」は……動画シリーズでもお世話になっているキーボーディストの荒幡亮平さんに参加してもらって、ピアノとセッションさせていただきます!

――それも初の試みですね。

halca そうなんです、すごく楽しみですね。「[playgood] #05」ではいつもよりゆっくりと楽しめるようなギターアレンジでお聴かせしますが、「live playground #003」は初のピアノアレンジに挑戦。どちらのアコースティックライブも、どの曲がどんなふうにアレンジされるか、今まで知っていた曲でも違う表情が見えると思うので楽しみにしてもらいたいです。「live playground」は前回もカバー曲を歌わせてもらったので……今回も何かあるかも!?[playgood]シリーズとは全然違う雰囲気になると思います。ぜひそちらにも遊びに来てください!

INTERVIEW & TEXT BY 阿部美香


●ライブ情報
halca monthly live [playgood] #01
テーマ:start
2022年1月29日(土)
東京・渋谷 Spotify O-Crest

halca monthly live [playgood] #02
テーマ:sweet
2022年2月26日(土)
東京・渋谷 Spotify O-Crest

halca monthly live [playgood] #03
テーマ:return
2022年3月21日(月・祝)
東京・渋谷 Spotify O-Crest

halca monthly live [playgood] #04
テーマ:hard
2022年4月30日(土)
東京・渋谷 Spotify O-Crest

halca monthly live [playgood] #05
テーマ:air
2022年5月21日(土)
東京・渋谷 Spotify O-Crest
OPEN:12:00/START:12:30
全自由 ¥3,000(税込)ドリンク代別

halca monthly live [playgood] #06
2022年6月11日(土)
東京・渋谷 Spotify O-Crest
OPEN:11:15/START:11:45
全自由 ¥3,000(税込)ドリンク代別

halca monthly live [playgood] #07
2022年7月17日(日)
東京・渋谷 Spotify O-Crest
OPEN:12:00/START:12:30
全自由 ¥3,000(税込)ドリンク代別

LAWSON presents halca 7th LIVE『Help Me!!!!!!! & live playground #003』
2022年9月3日(土)
東京・SHIBUYA PLEASURE PLEASURE

◆第1部 Help Me!!!!!!!
OPEN:13:30/START:14:00

◆第2部 live playground #003
OPEN:18:00/START:18:30

指定席 オリジナルグッズ付きチケット
¥8,000(税込)ドリンク代別(※グッズ内容:halcaオリジナルグラス)

通常チケット
¥6,500(税込)ドリンク代別

本公演は政府のガイドラインに沿った新型コロナウイルス感染拡大予防対策に細心の注意を払い、ご来場者の皆様とご家族、公演関係者の安全と安心を確保することに努めてまいります。
新型コロナウイルス感染拡大防止に関しての取り組みとお客様へのお願いをオフィシャルホームページに掲載しておりますので、必ずご確認ください。

関連リンク

halca オフィシャルサイト
http://halcaofficial.com/

halca オフィシャルファンクラブ
http://halca-fc.com/

halca Twitter
https://twitter.com/halca77

halca Instagram
https://www.instagram.com/halca.77

halca TikTok
https://www.tiktok.com/@halca_official

halca Official YouTube Channel
https://www.youtube.com/channel/UCMiL4aomAhQl1wdT2YlVQ8Q

halca バラエティYouTube Channel
https://www.youtube.com/channel/UC0lITKclfpErVqWQJy6849g

この記事を書いた人